ホテリアー 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BS12 トゥエルビ(2017/10/5から)集中再放送月~金曜日深夜28時から
●テレ朝チャンネル2(2017/8/3から)木曜日11:30から3話連続放送8/3は11:30から2話連続 字幕

ホテリアー  全20話
2001年放送 MBC
平均視聴率 21.5% 시청률
ホテリアー 特別版プレミアム DVD-BOX
あらすじ

ペ・ヨンジュン主演の大ヒットTVドラマシリーズ。華やかな一流ホテルを舞台に、そこで働く男女の恋愛や友情と、ホテル買収にからんだ陰謀が描かれる。

かつて超一流と呼ばれたソウルホテルは不景気の影響で経営難に陥っていた。ソウルホテル買収を企むキム会長はラスベガスのホテルのM&Aを成功させた経験のある冷徹なドンヒョクに情報収集を依頼。一方、ソウルホテルの顧客担当支配人のジニョンは、ホテル再建のために元同僚でかつての恋人のテジュンを連れ戻すためにラスベガスを訪れていた。ラスベガスで出会ったジニョンに惹かれたドンヒョクは、ソウルホテルに滞在して情報とジニョンの両方を手に入れようと画策するが、ジニョンへの思いが仕事に影響を及ぼす。片や、ジニョンの説得に負け、総支配人として再びホテルで働くテジュン。ドンヒョクとテジュンの間で揺れ動くジニョンに、テジュンに思いを寄せるユンヒが加わり、恋愛模様が展開されていく…。

 BS11 ホテリアー
キャスト

ペ・ヨンジュン シン・ドンヒョク(フランク) 企業ハンター
ソン・ユナ ソン・ジニョン ホテル顧客担当支配人
キム・スンウ ハン・テジュン ホテル総支配人、ジニョンの元恋人
ソン・ヘギョ キム・ユンヒ 漢江流通令嬢、レストラン給仕係
パク・ジョンチョル チェ・ヨンジェ ホテルの社長の息子
ユン・ヨジョン ユン・ドンスク ホテルの女社長、ヨンジェの母
ホ・ジュノ オ・ヒョンマン ホテル総副支配人
チェ・ファジョン イ・スンジョン ジニョンの先輩、マネージャー
チェ・ヨンミン レオナルド・パク ドンヒョクの弁護士
キム・ナレ ジェニー(シン・ドンヒ) ドンヒョクの妹、ホテル厨房係
ハン・ジンヒ キム・ボクマン ユンヒの父、漢江流通会長
ミョン・ゲナム   レストラン料理長
イ・ゲイン ユ・チーフ レストランチーフ
キム・インムン   ドンヒョクの父
チュ・ヒョン チェ社長 ヨンジェ亡父、ホテルの元社長

スタッフ /演出:チャン・ヨンウ 脚本:カン・ウンギョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
Hiromiさんの感想より

明日への希望

ホテル勤務のソン・ジニョン(ソン・ユナ)とその先輩であるホテル総支配人のハン・テジュン(キム・スンウ)そして、途中から現れる、企業などを買収しているシン・ドンヒョク(ペ・ヨンジュン)の三人の関係や、ホテルで起こる様々な事件や出来事に立ち向かっていくジニョンや、その先輩、後輩たち、女性の活躍など、ホテルを取り巻く人間関係が、笑い有り、時に涙ありで、爽やかに描かれています。

ちょっと本筋から逸れるのですが、見ていてずっと気になった、黒くて大きなトランシーバーを、各自、肌身離さず持っているのが、邪魔にならないのかしら、などと、いらぬ心配をしてしまいましたが、その3年後に初めて韓国に行った時に、ホテルで見渡しても、どのスタッフもそのようなものは持ち合わせていず、その後も現在に至るまで、見かけなかったので、タイムラグのせいと、一種のドラマの小道具だと考えることにしました。

また、ドラマのキャストが超豪華で、有名どころの方々ばかりですが、私にとっては、少し変わったところで、ジニョンの先輩のイ・スンジョン(チェ・ファジョン)の勘違いぶりや思い込みが楽しく、毎回笑いが絶えませんでした。また、脇役的ですが、客室係の二人組が度々出てきて、そのうちのシン・シネ演じる中年のハウスキーパーが楽しく、他のドラマにも「宮廷女官キム尚宮」や「宝石ビビンバ」、「ジャイアント」他多数出ているのですが、そのたび追ってしまうようになりました。

話を本題に戻しますが、途中では、いろいろな出来事が起こるのですが、それを乗り越え、女性が活躍できる社会や、溌剌と働ける職場、また、恋が叶うなど、夢や希望に満ち溢れていて、何か明るい気分になれる、素敵なドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー