プラハの恋人 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●テレ朝チャンネル2(2016/10/17から)集中再放送 月・火曜日11時から2話連続放送
10/17は12:02から 字幕

プラハの恋人  全18話
2005年放送 SBS
平均視聴率 26.4% 시청률
プラハの恋人 DVD BOX I
あらすじ

外交官で大統領の娘でもあるジェヒ(チョン・ドヨン)は、チェコはプラハへ赴任中。帰国の日が迫る中、5年前に姿をけした恋人のヨンウ(キム・ミンジュン)を忘れられずにいた。粗暴で実直なソウルの所轄刑事サンヒョン(キム・ジュヒョク)は、プラハへ留学中の恋人ヘジュ(ユン・セア)に突然別れを告げられる。もう戻らないというヘジュを探しに、プラハへと旅立つ。 韓国から遠く離れたプラハの地で偶然であったジェヒとサンヒョン。ジェヒはサンヒョンに好意を抱き始めるが、そんな二人の前に現れたのは見知らぬ男の子供を身ごもったヘジュだった。そこへ5年前の約束を果たすためにヨンウも姿をあらわして・・・ジェヒとサンヒョン、二人の身分を越えた愛の行方は・・・チェコ/プラハを背景に繰り広げられる、美しい愛の物語。

 2016y10m04d_181817294
BS JAPAN プラハの恋人 相関図
キャスト

チョン・ドヨン ユン・ジェヒ(カプスン) 外交官、大統領の娘 24歳で外交官試験にパス。
キム・ジュヒョク チェ・サンヒョン(カプトル) ジェヒの新恋人、熱血刑事
キム・ミンジュン チ・ヨンウ ジェヒの元恋人、検事、大企業の総帥の息子

ユン・セア カン・ヘジュ(クララ) サンヒョンの元恋人、ピアニスト志望
チャン・グンソク ユン・ゴニ ジェヒの弟 やんちゃな高校生。

アンディ チ・スンウ ヨンウの異母弟
チョン・ドンファン チ・ギョンハン ヨンウの父、財閥の総帥
キム・ナウン シン・グァンジャ サンヒョンの叔母
キム・スンウク ファン・ダルホ 刑事、サンヒョンの兄貴的相棒

ユン・ヨンジュン ソ・ユンギュ ジェヒの同僚、車椅子
ハ・ジョンウ アン・ドンナム ジェヒのボディガード
イ・ジョンギル ユン・ジョンハン ジェヒの父、大統領

スタッフ /[脚本]キム・ウンスク[演出]シン・ウチョル、キム・ヒョンシク
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

●王道のラブストーリー

2005年放送ということで、懐かしい作品です。とはいっても、「冬のソナタ」より後のドラマということで、見た当時はずいぶん新しい感覚のドラマだなあと思った記憶があります。女性のほうが身分が高いという設定も、お金持ちの男性と庶民の女性というのが多い中で新鮮でした。「恋人シリーズ」の3つの作品(「パリの恋人」「プラハの恋人」「恋人」)の中では一番好きな作品です。

このドラマの脚本家はキム・ウンスクなのですが、彼女の作品が好きな方は多いのではないでしょうか?「シークレット・ガーデン」「相続者たち」「太陽の末裔」と、今に至るまで大ヒットを連発しています。

このドラマは大統領の娘であり自身も外交官のヒロインと、刑事のカップルが登場するのですが、華奢なチョン・ドヨンと体格のいいキム・ジュヒョクの組み合わせがとても良かったです。身分違いの恋ということでお決まりのパターンで父親の反対にあうのですが、ヒロインのジェヒが家出して恋人のサンヒョンの家で過ごすシーンがほほえましくて、とても好きでした。家事はほとんどできない彼女が、苦戦しながら一生懸命クッキーを焼くところなんてかわいかったです。

明るく活発だけれど品の良さを感じさせるジェヒをチョン・ドヨンが魅力的に演じています。ジェヒのファッションも、素敵だな~と思っていたらしばらくして日本で流行していました。また、ジェヒの年の離れた弟役でチャン・グンソクが高校生を演じているのですが、彼のかわいらしさも注目ポイントです。

懐かしいけれど古さは感じない、王道のラブストーリーを楽しめる作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー