ブラック (韓国ドラマ) 5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ブラック 블랙(드라마) 全16話

第5話 視聴率3.595%

quetalsurinoさんより

第5話あらすじ

幼いゴニョンの影を見たハラム(コ・アラ)は、彼の命を助けるため、ブラック(ソン・スンホン)に協力することにします。突然現れ、ゴニョンを助けに行こうと話すハラムを忙しいと追い払ったブラック/ムガンは、彼女が他の人の死に関わることになる事を心配します。

ゴニョンが心配になったハラムは、彼の家の前で様子を伺っているとゴニョンの学校の担任と出会います。彼女が見たギョニョンの死に、手に包帯を巻いた男が登場することから、担任を疑うことになります。担任を監視していたハラムは、大きなスーツケースを車にいれる姿を目的し、彼の車を止めようとしますが、力不足。。。そんな時、現れたのがムガン(ブラック)でした。スーツケースを開けてみると、ゴニョンではなく少女が入っていたことに、ハラムは驚きます。

 行方が分からなくなっていたゴニョンが見つかり、彼から黒い影が消えているかを確認するためお家を訪ねたハラムは、寝ているゴニョンの後ろ姿を確認して安心します。

一方、ユ・ジンスクの死を調査中のナ・グァンギョンにより、彼女の死を知ったソン・ジェグンは亡くなる前の彼女が映っている監視カメラの映像で、見覚えのある時計をした男の姿を確認します。ナ・グァンギョンに情報を提供しようとしたジェグンが突然亡くなり、グァンギョンは彼の残した遺品に見覚えのある名刺を発見。過去の記憶をたどり始めます。

逃げたチェ・スドンを見つけるために、ハラムの魂を回収することなく活かし、そのせいで本来亡くなるべきだったゴニョンが助かったことで、死神にとって致命的となる人間の生死に関与することになったと心配する先輩死神007。

しかし、ブラックからは意外な答えが返ってきます。 

第5話感想

予想外の展開が繰り広げられ、最後には逆転があります。偶然見た少年ゴニョンの影から死を見たハラムが体を張って彼を助けようとします。ちょっとしたアクションシーンもあり、ドラマを観る間ずっとハラハラしていました。走り去る犯人の車を止めようと必死になるハラムを助けるために現れたのはブラック。

突進する車を止める姿は、まるで「星から来たあなた」のト・ミンジュン(キム・スヒョン)が車を止める姿と似ていて、懐かしい気持ちになりました。「星から来たあなた」の主人公は宇宙人でしたが、「ブラック」では死神。どちらも普通の人間じゃないところが、面白いですね。

ハラムとムガンの幼い頃が登場し、これまで明らかにならなかったムガンの過去が少しずつ明らかになってきました。ハラムにとって初恋だったムガンは、大人になって再会しても素敵な存在。ブラックは何故かムガンの子供の頃の記憶がよみがえり、戸惑います。体を借りただけなので、ブラックがムガンの子供時代を記憶することってなさそうなので、今後の展開と何か関係があるのか、気になりますね。

 冷凍庫で発見された遺体の事件を調査中の刑事グァンギョンが、過去の事件に関する記憶を思い浮かべることで、いまだ謎の人物として存在する男の正体や、ロイヤルグループとの関係も徐々に明らかになっていくのでしょう。

ムガンの秘密部屋に残されていたユン・スワン(イエル)が登場する過去の映像が以前登場しましたが、その映像を見たのはブラック。彼は映像を最後まで確認することができなかったので、この映像が事件とどのようにかかわっているのか、まだ謎として残ります。

ブラックとハラムの相性がすごくよく、ドキドキする場面も登場しました。辛口で思っていることをそのまま発言するブラックのキャラクターって魅力が溢れます。人間の姿をしていても彼は死神。おきてを破ってまで人間の命を助けることはしない様子で、ゴニョンは予定されていた通り、死ぬことになると死神007にこたえ、ドラマが終わりました。ブラックの話す通り、ゴニョンの死は避けられないものなのでしょうか。

ハラムが命を助けたと思っているゴニョンの登場から、ゴニョンの両親の登場など、どこかミスマッチな感じがする流れでしたが、その理由がドラマの終わりになって分かります。ゴニョンの担任に性犯罪歴があり、被害者が女の子だったこと。ゴニョンの死は、先生とは関係なく虐待によるものだった等々。予想外の展開が続くので、推理ドラマとしても楽しめる話でした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話 視聴率4.087%

quetalsurinoさんより

第6話あらすじ

ムガンの夢を見たブラック(ソン・スンホン)は、夢の中に登場するビデオテープが気になり、地下の隠し部屋に向かうと、部屋は空っぽ。その頃、ムガンの部屋から持ち出したビデオテープの映像を確認した男は、キム・ソニョン(ユン・スワン)を連れてくるよう命令します。

地下室から出てくるユン・スワン(イェル)を見たことを思い出したブラックは、スワンに部屋から物を持ち出したかを確認し、彼女の反応から犯人が別にいることに気づきます。

ムガンの夢を見続けることが、死神が人間化する危険なサインだと知ったブラックは、チェ・スドン捜しに拍車をかけるため、ハラム(コ・ハラ)と共にジェ・スドンの家族を見張り続けます。訳も聞かされず体の中に黒い影がある人物をさがすよう求められたハラムは、ついにスドンの母のお店の近くでバイクに乗った男(体の中に影がある)を発見しますが、正体が分からないまま逃がしてしまいます。

必ず家族の前に姿を現すと読んだブラックは、スドンの妹を見張り、スドンが人気アイドルのレオのマネージャーだったことや、自殺する前にレオを恨んでいたことを思い出し、レオを訪ねます。

レオを脅迫する手紙をもらったレオのマネージャーは、ムガン/ブラックに犯人を捕まえて欲しいと伝え、隠れて二人のやり取りを見つめるレオは、過去ムガンとの出来事を思い出します。

レオを監視していたハラムは、放送局で偶然出会った男に触れ、女性が建物から飛び降りようとしていることを知ります。急いで屋上に駆け付け、レオと共にその女性を助けます。

ロイヤル生命の社長マンスから、新たな辞令をもらったハラム。ハロウィーンパーティに参加するVIP顧客のリストをもとに、影があるかを確認するために現れたハラムは、レオが出席すると知り、ブラックもパーティに招待します。

スワンは病院に現れた男の姿に怯え、海外に逃げることを決心し、ムガンに最後の挨拶をするためパーティに姿を現します。パーティでスワンを待っていた男に襲われそうになったスワンは、とっさに男の首を刺し、逃げます。ムガンを何度も狙っていた男が、パーティから逃げることに気づいたブラックは、その男の後を追います。

スワンを追う男、男を追うブラック。。。超人的な力で男の車を止めたブラックでしたが、もみ合いの末、男に刺され橋から落とされます。

第6話感想

刺され川に落ちたムガンの体から出られないブラックの様子が最後のシーンでした。今後ブラックに何が起きるかすごく気になる終わり方だったので、次の話が待ちきれないですね。アクションシーンまで登場し、コミカルとサスペンスが混じった描かれ方が面白い一話でした。

ハロウィーンのパーティは、仮装パーティで、ハラムは映画「シュレック」のフィオーナ姫で、ムガン/ブラックは「ジョ・ブラックをよろしく」でブラットピットが演じた死神ブラックに仮装して現れました。第1話を観た時に思い浮かべたのが、「ジョ・ブラックをよろしく」でしたが、やはりこの映画を意識して製作されたドラマなのでしょうかね!ピーナッツバターを片手に、監斎使者(チョスンサジャ/死神)と書かれて名札まで、演出が具体的でよかったです。

ムガンを監視し命まで狙っていた男と、スワンが恐れていた男が同一人物である事が分かりました。冷凍庫で遺体として発見されたジンスクの殺害犯を中指がない男だと予想していたブラックでしたが、スワンを襲った男には中指がなかったことから、すべてはこの男による犯行だったようです。ムガンの秘密部屋からすべてを持ち去ったのも彼で、ムガンの遺体から目をくりぬこうとしていたのは、部屋へのアクセスするためだったんですね。

色々と明らかになる中、男に命令を下すボスのような男まで登場して、謎が更に深まりました。もう一人、ハラムが放送局で出会った男は、スワンの首にナイフを突きつけた男でした。彼に関してはまだ明らかになったことがないので、今後事件とどのようにかかわりがあるのか、面白くなりそうです。

ナ・グァンギョンはジンスクの殺人事件の捜査を続け、発見された名刺に描かれた絵に関して調べ続けます。刑事たちは集めた証拠などをもとに推理を進めますが、事件の真相は果たして明らかになるのでしょうか。

ムガンが亡くなる前に会っていた人物は、アイドルのレオ。ムガンとレオが会ったことを知らないブラックは、徐々にムガンの記憶を共有することになり、すべての事件の謎が明らかになっていくようです。

スワンが登場する動画が一部公開されましたが、亡くなる前のムガンは果たしてどこまで真相を突き止めていたのか、興味をかき立てる展開が今後も続きそうです。

ブラック (韓国ドラマ) 7話・8話 あらすじと感想

ブラック (韓国ドラマ・OCN) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー