ブラック (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想 ソン・スンホン  ブラック/死神 役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ブラック 블랙(드라마) 全16話

第1話 視聴率2.1%

quetalsurinoさんより

第1話あらすじ

水の中に入ったブラック(ソン・スンホン)は、沈んだ車の窓ガラスを割り、車の中にあった死体と向き合います。

2017年9月、事件現場に現れた刑事のハン・ムガン(ソン・スンホン)は遺体を見て気分が悪くなり、吐いてしまいます。ムガンのパートナーで先輩のナ・グァンギョンは、現場でシリコンプロテーゼを発見ます。

ハンバーガー店で働くカン・ハラムの前に現れたのは、別れた元夫。彼女は元夫の後ろにある黒い影を見てしまい、店を出ようとする彼を止めます。3分だけ待ってとお願いするハラムを振り切って店を出た元夫は、そのままトラックに引かれ亡くなります。

ハンバーガーショップに寄ったムガンは、大きな黒いサングラスをした店員カン・ハラム(コ・アラ)と、元夫のやり取りを側で見ることになり。元夫が事故にあうところを目撃し驚きます。

フィンランド行きの飛行機に乗り込んだハラムは、飛行機の中で無数の死の影を見てしまい、暴れて飛行機から降ろされ、飛び立った飛行機は事故に遭遇し、乗客全員が死を迎えます。機内で騒動を起こしたとして逮捕されたハラムは、事故を起こしたテロリストとして調査されることになり、疑われたハラムは死の影をみると人の死が見えると語り、ムガンも彼女の話を聞くことになります。

壊れたサングラスを直してハラムに渡すムガン。ハラムは、人の影に触れると、その人の死の瞬間が見えると話し、隣に座っていた少女を救えなかったことをひどく後悔し、自分の持つ力を呪われた能力だと落ち込みます。機体の問題で墜落したことが明らかになり、彼女は釈放されることになります。彼女を自宅まで送る途中、橋の上で自殺騒動を起こしている男を目撃したハラムは、彼が死ぬと予想し、ムガンはただの騒動だとなだめます。

しかし、帰り道に、ただの自殺騒動ではなく、本当に男が亡くなったと知ったムガンは、彼女の言葉を信じ始めます。そして、酔っぱらった勢いでムガンはハラムを訪ね一緒に人々の命を助けてみようと提案します。

9月に起きた事件現場で回収したシリコンプロテーゼの品番を調査していたムガンは、遺骨が性転換手術を受けた男性だったと知り、チャートにあった顔写真まで確認します。その後、古い建物を訪れたムガンは、昔目撃した光景を思い浮かべ。。。

ある男の死を見てしまったハラムは、彼がショッピングモールで起きた人質テロ事件の被害者だと、現れたムガンに話します。事件を未然に防ぐことができたと安心するハラム。ムガンからの着信に気づいたハラムはかけなおすものの、彼とは繋がらず警察署を訪れます。そこで逮捕されて連れてこられた犯人の顔が、彼女が見た犯人ではないことに気づきます。

その時、人質を取った事件が起きたとの知らせがあり、人質になったのがムガンだと知ります。ハラムが人質事件の被害者になると助けた男性の代わりに、ムガンが人質になり亡くなります。ムガンの死にショックを受けたハラムが自殺をしようとした瞬間、ベルが鳴ります。

死神のブラックは死んだムガンの体に移り、死んだはずのムガンが目を開けます。

 

第1話感想

はじまりからインパクトのあるスタートでした。さすが映画専門チャンネルのOCNがオリジナルドラマだけに、映画を見るときのような緊張感と躍動感を同時に味わうことができました。まだ1話が始まったばかりなのに、話に吸い込まれるように見入ってしまいました。

ソン・スンホンの持つ魅力が最大限に発揮できる作品になりそうです。サスペンススリラーのジャンルものが大好きなので、ドラマ「シグナル」を超える作品になるかも、と期待します。死神(韓国では監斎使者(チョスンサジャ)と呼ばれている)が主人公って、面白い設定だと思いました。

20年ほど前、ブラッドピット主演の「ジョ・ブラックをよろしく」を観た時、衝撃を受けたことを覚えています。ブラッドピットが演じたのは死神で、「愛すること」を知った死神の最後の選択が感動的でした。2016年下半期、話題を呼んだ「鬼(トッケビ)」では、イ・ドンウクが演じる死神に切ない気持ちになりましたが、ファンタジーサスペンススリラーとしての色が強い、「ブラック」ではどんな魅力的な展開になるのか、期待が高まります。

人の影からその死の瞬間が分かる主人公カン・ハラムが、彼女の持つ能力が消して呪われたものではないことを証明しようとする過程で、彼女の言葉を信じた刑事ムガンが亡くなることになります。死神ブラックがムガンの体を借りて(乗り移って)人間界で生きていくことになった理由は、ハラムと関係があるのでしょうか。

ムガンの彼女として登場する女医のユン・スワン(イエル)と、ムガンが捜査していた事件とはどのような関連があるのでしょうか。20年前に起きた事件とスワンとの関係や、謎が多い中本物のムガンが亡くなり、死神ブラックがムガンの姿をして戻ってくることになります。ユン・スワンを演じるイエルは謎めいた人物を演じるにはピッタリの女優。

「戦おう、幽霊」や「幽霊が見える刑事チョヨン」のような雰囲気もあり、ソン・スンホンとコ・アラとのケミストリーやロマンスも期待できるのも嬉しいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 視聴率3.876%

quetalsurinoさんより

第2話あらすじ

若い夫婦の乗った車がトラックと接触事故を起こします。怪我をした女性の視線の先には、死神の姿が。「恋に落ちた人間女性と目を合わせるな、悲劇がおきることになる。。。」との誰かの語りが流れます。

ハン・ムガン(ソン・スンホン)が初恋の相手だったことに気づいたハラム(コ・アラ)は、ムガンの死を自分のせいだと悔やみ、自殺をしようとしますが、訪ねてきた財閥2世のオ・マンス(キム・ドンジュン)と彼のペットオ・シプキョンによって助けられます。ムガンが生きていることを知り、彼のもとに向かうハラム。

意識が戻ったムガンに、彼女のスワン(イエル)は、わざと彼に近づいたわけではないと、生き返ったムガンが死神とは知らず告白し、そんな彼女にブラック(ムガン/ソン・スンホン)は、心臓がドキドキするのを感じます。

生き返ったムガンが死神ブラックだと誰にも気づかれることなく、彼の異常な行動を心配するハラム。彼女は生き返ったムガンが彼女のことを思い出せないことに傷つき、ハラムとムガンの関係を知らないブラックは、彼女を避けるようになります。

警察に復帰したムガン(ブラック)の別人のような振る舞いに、性格まで変わってしまったムガンを、刑事仲間たちは戸惑いながらも、すべては怪我の後遺症だと理解を示します。

一方で、ハラムは亡くなった父が事故死ではないこと、誰かに殺害されたことを母が知りながらも、黙っていたことを知り、ショックを受けます。ハラムはムガンの夢を見ることになり、もしかすると彼はすでに死んでいる、との疑問を持ち始めます。

何者かに監視されるムガン。。。

第2話感想

ムガンの体を借りて人間界に来たブラックの言動が面白く、リアルで緊張感ある展開の中、ところどころ笑える場面があって面白かったです。全身真っ黒な衣装で人間を見下したような態度や、シニカルな発言をためらうことなくするブラック。キレのいい演技や濃い顔が死神のブラックととても似合っていると思いました。

疑問は、死神ブラックはどうして亡くなった刑事の体を借りて現れたのでしょうか。何か特別な理由がありそうですね。ハラムの家族関係や亡くなった父の死、ムガンの彼女スワンが隠している20年前の事件の真相など、サスペンス的な要素が強く描かれました。ムガンを監視する謎の男はムガンの死とも関係があるようで、謎が深まります。

第1話で、ムガンは彼女スワンが、20年前の事件と関係のあるキム・ソニョンだったことを知ってしまいます。生き返ったムガンにわざと近づいたわけではないと話したのは、ムガンが死神だとしらないから。ムガンの心臓がドキドキするのを感じ、ブラックは心臓の鼓動を不思議に思います。この不思議な気持ちが誰かに恋した時の気持ちだとブラックは気づかない様子なので、今後「愛」を知っていくことになるのでしょうか。

登場する財閥2世のマンスは、ハラムを巫女だと勘違いしている様子で、偶然彼女の命を助けたことから、ハラムとの関係が発展していくようです。マンス役のキム・ドンジュンは、前作「輝け、ウンス」のキャラクターとイメージが若干重なるような印象でした。

ブラックとムガンが対面するシーンでは、何が起きるのかハラハラしました。ムガンの前に立つのは、もとの姿のブラック。そのブラックをキム・テウが演じています。第1話のナレーションの時に、独特な声の持ち主なので気づいていましたが、特別出演しているのでしょうか。

これまで見せた弱々しい刑事ではなく、鋭い観察力を持つベテラン刑事のイメージで戻ってきたムガン(ブラック)の姿に目が離せないです。

 

ブラック (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想 Ara(コ・アラ) カン・ハラム役

ブラック (韓国ドラマ・OCN) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー