ファントム(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●TBSチャンネル1 (2017/4から)再放
●TBSチャンネル1(2016/11/14-25)原題:幽霊(ユリョン) 月~金曜日20:30から 2話連続放送 字幕
原題:幽霊(ユリョン)

ファントム  全20話
2012年放送 SBS
平均視聴率 14.0% 시청률
ファントム コンパクトDVD-BOX1[期間限定スペシャルプライス版]
あらすじ

 人気スター、シンがツイッターに遺言を残して自殺。だた、シンのツイッターはハッキングされており、他殺だったことが判明する。ハッキング犯を追っていた警察庁サイバー捜査隊チーム長のウヒョンは、それが警察大学時代の親友パク・ギヨンと知り驚くが、ギヨンは濡れ衣を着せられているだけだった。ギヨンは真犯人を捜すうち、ウヒョンの秘密に辿り着く。
そんな中、2人は爆発事故に巻き込まれ、ウヒョンは事故死。生き残ったギヨンは手術によりウヒョンになりすまし、事件の真相を追うが…。

 2016y10m18d_155250729
ポニーキャニオン ファントム 相関図
キャスト

ソ・ジソブ キム・ウヒョン(パク・ギヨン) ウヒョンになりすます変身後のパク・ギヨン
キム・ウヒョン 警察庁サイバー捜査隊警部補 事故死

イ・ヨニ ユ・ガンミ ウヒョンのパートナー要員 警察大学首席卒業

オム・ギジュン チョ・ヒョンミン セガン証券代表
クァク・ドウォン クォン・ヒョクチュ トゴク署刑事→サイバー捜査隊チーム長
ソン・ハユン チェ・スンヨン パク・ギヨンの新聞社の新米記者
チェ・ダニエル パク・ギヨン 変身前のパク・ギヨン、ハッカー、新聞社代表 ウヒョンと警察大学ルームメイト
ジオ イ・テギュン 特別採用サイバー捜査隊要員 パソコンの秀才ゲーム業界から特別採用
クォン・ヘヒョ ハン刑事(ハン・ヨンソク)刑事 サイバー捜査隊要員
イム・ジギュ ピョン・サンウ 新人刑事  ヒョクチュの部下
ペク・スンヒョン カン・ウンジン 証拠分析博士 デジタル証拠の専門家
ペ・ミニ イ・ヘラム 証拠分析研究員 動画分析の専門家
チェ・ジョンウ シン・ギョンス 警察庁捜査局長
チャン・ヒョンソン チョン・ジェウク 警察庁外事局長→サイバー捜査局長
ユン・ジヘ ク・ヨンジュ 記者、市警キャップ、ヒョンミンの手先
チョン・ドンファン キム・ソクチュン ウヒョンの父 元警察庁特殊捜査課長
パク・チイル ムン常務 セガン証券常務

スタッフ /[演出]キム・ヒョンシク
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
miikhuwaさんの感想より


ソ・ジソプの感情表現の素晴らしさに注目!

ドラマ「ファントム」はサイバーテロ事件を中心としたストーリーで、これから東京オリンピック開催にあたりサイバーテロやハッカー対策が強化されると新聞記事にもなっているだけに、このドラマはとても興味深いドラマでした。

サイバー警察を舞台にした内容なので、パソコンやプログラムの用語が出てきてとても理解するのに大変だし、理解しようとしても結局難しくて分からなかったのですが主役のソ・ジソプさんのの演技だけでも十分に楽しめるドラマです。

大ヒットドラマ「ごめん、愛してる」の役柄と同じように無表情でありながらも、彼のちょっとした表情から心が伝わってくる演技力は流石でした。それプラス、彼の長身と引き締まったボディのスーツ姿に虜にさせられてしまうほど魅力的でした。その後に演じたドラマ「主君の太陽」や「オー・マイ・ビーナス」では、だんだんと可愛い演技も見られるようになりましたが、やはり無表情で感情表現が出来る演技力はピカイチだと思います。

ソ・ジソプのパートーナー役の女優イ・ヨニさんですが、彼女を好きになったドラマが「ある素敵な日」でした。とても可愛らしい顔立ちですが、どことなく寂しげな影が見え隠れしている所が彼女の魅力ですね。このドラマでもそんな感じの役柄でしたが、それが視聴者に不評だったらしく後半から出番が少なくなったとの噂もありました。

そして今回の大注目の俳優さんは、クァク・ドウォンさんです。ちょっと小太りのおじさん俳優さんですが、とても良い味出してたな~と思っていたら、のちにドラマ「グッド・ドクター」に出てきましたね。他にどんなドラマに出演しているのかと調べてみたのですが、あまりドラマに出演していないんですね。
素晴らしい俳優さんなのでこれから注目したいと思っています。

内容は少々難しいですが、ラブラインもなくサイバー警察の事を良く知る事の出来るドラマです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー