ファンタスティック (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●BSフジ(2017/11/29から)月~金曜日14:59から 字幕
●ホームドラマチャンネル(2017/11/28から)再放送 火~木曜日12:15から 字幕
●ホームドラマチャンネル(2017/8から

ファンタスティック(판타스틱 )  全16話
2016年放送 JTBC
平均視聴率 2.36% 시청률
 2017y01m07d_192347046
ファンタスティック(판타스틱 ) 公式サイト
あらすじ

ガンで余命半年と宣告された人気ドラマ脚本家イ・ソヘ(キム・ヒョンジュ)と、“宇宙大スター”だけど、演技下手でナルシストのリュ・ヘソン(チュ・サンウク)。二人は昔恋仲だったが、ソヘに見事にフラれてしまったヘソンは、彼女に復讐する日をずっと待ち望んでいた。仕事でソヘと再会したヘソンは、彼女に意地悪をするが、それは彼女に対する愛情表現だったことに気付き始めた頃、ソヘがガンで余命半年ということを知り衝撃が走る。果たして、2人の恋の行方は…?

 

ファンタスティック 衛星劇場
キャスト

イ・ソヘ キム・ヒョンジュ(36歳)6ヶ月時限付きドラマ作家

リュ・へソン チュ・サンウク(36歳)トップスター俳優、大根役者

ペク・ソル パク・シヨン(36歳)専業主婦

キム・サンウク ジス(29歳)弁護士

ホン・ジュンギ キム・テフン(39歳)医師、病院理事長

スタッフ /演出:イ・ソンウン 脚本:チョ・ナムグク
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●予想不可能な展開で心が温まるドラマ!

主人公の死が予想されることから、これまであったようなドラマのイメージが強く、ドラマを観始めたときは期待しませんでしたが、不思議にも明るい気持ちを持ち観ることができる不思議なドラマでした。医者でありながら末期癌のホン・ジュンギ(キム・テフン)の死をむかえる姿勢にはじめは悲しい気持ちになりましたが、彼の死後に色々と考えさせられます。優しくステキなホン・ジュンギはソヘに片思いしますが、死を意識してか控えめな彼とのエピソードやシーンが心に残ります。キム・テフンは「愛しいウンドン」で出演した際にも、静かで感情を抑える役でしたがホン・ジュンギ役がとても似合っていたと思います。

主人公イ・ソヘ(キム・ヒョンジュ)が末期癌と知りながらも始まるリュ・ヘソン(ジュ・サンウク)との恋がなぜか悲しく感じられない展開がこれまでのドラマとは違い新鮮でした。「死」を知った主人公の心理よりも、「死」をどのように受け入れるかに重点が置かれたため、暗くなりすぎなかった点が良かったです。タイトルが「ファンタスティック」だったので、最初はドラマのタイトルと内容に違和感があるのでは、との疑問がありました。最終話まで観終わってからは、タイトルが理解できるようになります。

ソヘが死ぬ悲しい結末だと思っていましたが、悲しいエンディングではなかったので安心しました。ソヘをめぐっての三角関係が描かれますが、ジュンギとヘソンがこれまでのライバル関係とは違い、二人の間で芽生えた友情が描かれ、なぜか三人を応援したくなりました。

弁護士キム・サンウク役にジスが出演しており、年上のベク・ソル(パク・シヨン)との関係も興味深く描かれました。ジスはさまざまなドラマに出演していますが、落ち着いた弁護士役のジスもステキでした。

 

dh1015さん

自意識過剰な大スターと作家の恋愛模様を描いたドラマです。ただ好きになって付き合ってという単純なストーリーではなく、俳優と作家だからこそ苦労することや、作家に大きな病があることから涙するシーンも多かったです。チュ・サンウクがとても役にハマッていました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー