ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 7話・8話・9話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ビューティフル・マインド 뷰티풀 마인드 全14話

第7話あらすじ

ヒョソン病院の再生医療研究に疑惑を持ち始めたソクジュは、副作用の問題に気づいていたヨンオに会おうとするが、行方がわからない。その頃、ヨンオはジンソンの実家に身を寄せていた。海辺の田舎町でヨンオを休ませてやりたいと考えたジンソン。ヨンオはそんなジンソンに反発し、助けてくれという言葉は取り消すと言い放つ。そんな中、ヨンオは車椅子に乗った女性に出会い、ボディーシグナルから彼女の病気を診断しようとするが…。

https://knda.tv/kntv/program/synopsis/kn000669/

quetalsurinoさん

第7話 感想

これまで明確でなかったソクジュ(ユン・ヒョンミン)の考えが分かり、今後ジンソン(パク・ソダム)と共にヨンオ(チャン・ヒョク)を助けることになるのでしょう。チェ・スンホはこれまで続けられた再生医療の問題点や失敗点を示す証拠はないと、ソクジュを説得します。連続殺人を通じて問題の深刻さをすでに知っていたヨンオをソクジュは探し始めます。

絶望したヨンオをジンソンが田舎に連れてくることで、ヨンオは自身が医者であることを再確認するきっかけとなります。これまではボディシグナルだけで状況を的確に判断して来たヨンオですが、ジンソンの田舎でのエピソードでは、判断できず苦しむ姿が見られてこれまでとは違う一面が見られました。感情や同情よりも論理的な判断が最も重要だと思っていたヨンオも、それだけが医者として持つべき姿勢ではないことに気づき、ヒョンソン病院に戻る決心をします。今後医者として、ヨンオの更なる飛躍を期待します。

医療がテーマのドラマの楽しみの一つは、どんな「医師」をテーマに描くかだと思いました。ヨンオは医療では同情や感情よりも、状況を論理的に判断し適切な処置を行うことが最も重要だと信じてきました。自身のハンディキャップがあるからこそ、完璧な医師になれると思っていたようですが、予想外のボディシグナルがあることで、過ちを起こすことがあると認めます。今後ヨンオはどんな意思を目指すことになるのでしょうか。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第8話あらすじ

交通整理中のジンソンに会いに行ったヨンオ。ジンソンはヨンオらしくない行動に驚きつつも昼食の誘いに応じ、連続殺人事件の黒幕を見つけたいと話す。ヨンオはジンソンに事件解決の重要な手がかりとなる資料を渡し、真犯人を逮捕できるかどうか賭けようと告げる。ヒョンソン病院ではソクジュが理事長の父であるカン会長の手術を成功させるが、会長は術後まもなく意識不明に。ソクジュはヨンオを呼び戻すしかないと理事長に訴えて…。

quetalsurinoさん

第8話 感想

病院理事長のヒョンジュンの父カン・イルド会長が倒れ手術が必要な状況に置かれ、ヨンオは華麗な復帰を果たします。さすが天才外科医のヨンオです!麻酔科のキム・ユンギョンの娘の死が原因で落ち込んだソクジュの複雑な心理状態を上手に描いたと思いました。結局、チェ・スンホと協力することになります。ジンソンは変わってしまったソクジュにショックを受け、そんなジンソンをヨンオが慰めます。

ソクジュがひどく葛藤する姿が残念でした。これまでとは違うヨンオが描かれ、ジンソンとの関係が以前より親密になります。主人公たちの心理状態がこれまでで一番繊細に描かれたと思います。一番印象深かったところは、ヨンオが天才的な才能で病気に対応するのではなく、病気を治すための努力の結果であることが中心に描かれていくと思います。今後、新たななおちや展開を期待していきたいです。

第9話あらすじ

ソクジュはチェ室長の指示に従って記者会見を開き、ヒョンソン病院の再生医療チームが世界初の心筋細胞再生に成功したことを発表する。そんな中、ゴンミョンが新たな病院長に選ばれ、チェ室長は不満を抱く。一方、ジンソンは希望していた強力班に異動。犯行中に急に倒れた強盗犯がヒョンソン病院で自殺騒ぎを起こしたサンジュンだと気づき、ヨンオに助けを求める。ミンジェはジンソンとサンオの親しげな様子にショックを受けて…。

quetalsurinoさん

第9話 感想

ヨンオとゴンミョンの過去が明らかになり、ショックでした。ゴンミョンにはヨンオと同じ病気の息子おり、ヨンオの手術中に死亡した息子の代わりにヨンオを育てますが、ゴンミョンの医療ミスでヨンオは感情を感じることができなくなったようです。親子としての愛情が全く感じられなかった理由が分かりました。

病院に復帰したヨンオは積極的に他の医師との交流を心掛け、以前とは違う試みをみせます。理事長のヒョンジュンは、ヨンオをコントロールできるのは父のゴンミョンと考え、彼をセンター長に選んだようです。ヒョンジュン役のオ・ジョンセはドラマ「ナイン・ジンクス・ボーイズ 九厄少年」では、初恋を忘れられない39歳独身役で、「ビューティフルマインド」では2%足りない劣等感の強い悪役を演じています。オ・ジョンセは演じているドラマは面白く観てきた記憶があります。

ミンジェはヨンオに未練が残るようなシーンがありましたが、彼女はヨンオを本当に愛したのでしょうか。チェ・スンホは何か企んでいる様子が最後に描かれますが、ヨンオにゴンミョンの医療ミスのことを知らせることになるのでしょうか。

 

ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 10話・11話・12話 あらすじと感想

ビューティフル・マインド(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー