ビューティフル・マインド(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●LaLa TV(2017/11/7から)再放送 月~水曜日13:30から 字幕
●BS-TBS(2017/10/24から)月~金曜日17時から 字幕
●LaLa TV(2017/9/2から)再放送 土曜日深夜26時から3話連続放送 字幕
『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~』
話数ごとの感想は一番下に。

ビューティフル・マインド 뷰티풀 마인드 全14話
2016年放送 KBS
平均視聴率 3.86% 시청률
 2016y10m04d_101850223
ビューティフル・マインド 뷰티풀 마인드 公式サイト
あらすじ

普段は簡単に感情を出さない優れた医術を持った冷血神経外科医イヨウンオが、ある日突然始まった患者の奇妙な死に絡み始め、一人の女性に会って愛に目覚めて少しずつ変わっていき人間性を回復していく話を描いたメディカルドラマ

 2016y11m12d_235808893
KNTV ビューティフル・マインド 相関図
キャスト
チャン・ヒョク :イ・ヨンオ(36歳)ヒョンソン病院神経外科新任助教授
バクソダム :ケ・ジンソン(26歳)中部警察署交通課警察官巡査ユンヒョンミン :ヒョンソクジュ(36歳)ヒョンソン病院胸部外科、新任助教授 病院財団の要注意人物
パク・セヨン :キム・ミンジェ(34歳)34歳、ヒョンソン病院神経科フェロー 才女。
ホ・ジュノ :イゴンミョン(58歳)ヒョンソン病院心脳血管センター長 頑固、厳格
キム・ジョンス :シンドンジェ(58歳)ヒョンソン病院病院長 ケ・ジンソンの心臓執刀医。
オジョンセ :ガンヒョンジュン(38歳)ヒョンソン病院理事長
イ・ジェリョン :チェスンホ(52歳)ヒョンソン病院企画調整室長、胸部外科
リュ・スンス :キム・ミョンス(40歳)3選 国会議員次期与党大統領候補
スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

第1回 4.10%
第2回 4.50%
第3回 4.80%
第4回 4.50%
第5回 3.50%
第6回 4.00%
第7回 3.50%
第8回 3.50%
第9回 4.40%
第10回 3.90%
第11回 3.40%
第12回 3.90%
第13回 2.80%
第14回 3.20%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
marikoさんの感想より

●人間というものを考えさせられる医療ドラマ!

このドラマは設定がすごく面白かったです。これまでの医療ドラマと違う視点で、新しい医療ドラマだと思いました!

主人公のヨンオがいろんな才能に恵まれながらも、他人との共感性がないというのは斬新でした。他人の気持ちが分からないというのは、冷静さが求められる医師としては最高な気がしますが、やっぱり人間として生きるには大変なんですね。

ストーリーを追うごとにヨンオが今の状態になった理由が明かされていくのですが、驚きの連続でした。実際にこんな人もいるのでしょうか!?

他人の痛みが分からないというのは、重荷を背負い込まなくて良いのでラッキーかな!?という気もするのですが、愛する人の気持ちが分からないヨンオの姿は切なかったです。でも、そんなヨンオの心を開いたジンソンが素敵だなと思いました。

相手役のジンソンを演じたパク・ソダムさんは最近注目されている新人女優さんということですが、私は今回初めて見ました。新人女優がベテラン俳優のチャン・ヒョクの相手なんて、大丈夫!?と最初心配したのですが、フレッシュな演技が良かったです。

暗くなりがちなテーマのドラマだったのですが、パク・ソダムさんのおかげで画面が明るくフレッシュになった気がします。チャン・ヒョクさんとの年齢差も、さほど気になりませんでした。

ヨンオの秘密以外に、病院内の陰謀の話もあるのですが、こちらも医師たちの心理描写が上手かったです。

私はこのドラマを観て、自分の精神も大丈夫かな!?なんて、振り返ったりしてしまいました(笑)
人間みんな、どこかしら不完全ですよね。そんなことを伝えたいドラマなのかな~?と感じたドラマでした!

 

以下話数ごとのあらすじと感想

ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 1話・2話・3話 あらすじと感想
ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 4話・5話・6話 あらすじと感想
ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 7話・8話・9話 あらすじと感想
ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 10話・11話・12話 あらすじと感想
ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~ 13話・14話(最終話) あらすじと感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー