パンダさんとハリネズミ 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2017/2/20から)集中再放送 月~金曜日16時から 字幕
●アジアドラマチックTV(2016/11/12-27) 土・日曜日8:30から3話連続放送
11/12は10時から2話連続、11/27は2話連続 字幕

パンダさんとハリネズミ  판다양과 고슴도치 全16話
2012年放送 チャンネルA
平均視聴率 0.19% 시청률
パンダさんとハリネズミ (コンプリート・シンプルDVD‐BOX5,000円シリーズ)(期間限定生産)
あらすじ

 パン・ダヤンは街角の寂れたカフェ“カフェ・パンダ”のオーナー。両親が遺してくれた店を守ろうと奮闘するダヤンは、ある日、世にも美しいケーキを作る謎めいたパティシエ、コ・スンジと出会う。住み込みで働くことになったスンジと急接近し、なぜかドギマギしてしまうダヤン。
さらに、幼い頃からダヤンを思い続けてきた同級生チェ・ウォニルが、一流ケーキ店“サンノレ”の若社長となって現れ、ダヤンをめぐる恋の行方は目が離せない展開に! しかし、スンジの心にはハリネズミのようなトゲで隠した“秘密”があった…。

 2016y10m06d_223724519
BS JAPAN パンダさんとハリネズミ 相関図
キャスト

イ・ドンヘ コ・スンジ 天才的な才能を持つパティシエ。副業金貸し
ユン・スンア パン・ダヤン パンダカフェオーナー、フリーのグルメ記者
チェ・ジニョク チェ・ウォニル ダヤンの幼なじみ、韓国一の有名ケーキ店“サンノレ”の息子

ユ・ソヨン カン・ウンビ ダヤンの友達、ウォニルの秘書
パク・クニョン パク・ビョンム ケーキ店モーツアルトの主人
イ・ムニ パク・ミヒャン ビョンムの娘
ヤン・ヒギョン キム・カプスン ダヤンの叔母、タクシー運転手
イム・ウネ パン・ダナ ダヤンの妹
ユ・スンモク キル・ドング パンダカフェのコック長
ヒョン・ソク チェ・ジェギョム ウォニルの義父、サンノレ会長
ホン・ヨジン ファン・ジョンレ ウォニルとウォニの母
ソン・イナ チェ・ウォニ ウォニルの妹
パク・サンフン チョ・ギョヌ ウォニルの従兄、サンノレのパティシエ
ハン・スンヒョン ファン・ボムボ スンジの友人
チョン・ミンジン チョ・ギテ スンジの友人
ファン・ビョングク イ・ジョンガプ サンノレの首席パティシエ
パク・ハナ パク・ハナ サンノレの売場担当
ク・ボニム ミラ パンダカフェの常連客
キム・ヒョンボム   金貸しをするスンジの取立ての相手
藤井美菜 白鳥ミナ 恋人とパンダカフェに来た客、日本の女優
ナム・ギョンウプ マ・サンピル 刑事
ナム・ジヒョン ナム室長 サンノレ経営戦略室長

スタッフ /脚本 ハン・ジョニョン 演出 イ・ミンチョル
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shimacyuさんの感想より

●心の傷が癒される温かい作品です!

過去に心に傷を負ったコ・スンジ(ドンヘ)と温かく包み込むダヤン(ユン・スンア)の絆が深まっていくにつれて温かみも増していくドラマでした。

ドンヘ達が作り出す数々のケーキもストーリーに華を添えてくれて目にも楽しいドラマでした。ドンヘもユン・スンアもケーキを題材にしている事が出演を決めるきっかけになったそうです。ドンヘと彼の演じたスンジの性格も似ていると自分で言っていたので、そう思いながら見るとまた違った角度からも楽しめました。

また、ウォニル役のチェ・ジュニョクも含めて、出演者の年齢がお互いに近かったので撮影現場も終始いい雰囲気だったそうです。このような出演者のインタビュー記事を読んでから作品を見たのでストーリーと実際の出演者の様子、両方の角度から見た事で作品に深みを持って見られました。

ユン・スンアは「太陽を抱く月」で男性的なイメージも持っていたので女性らしさ全開のこのドラマとのギャップがあり、どちらも上手く演じていてお似合いの役だったと思います。ずっと見守ってくれていたおじいさんが本当のおじいさんだと判った時のシーンはとても感動的で、今までのスンジの境遇をリセットできそうだと思って嬉しくなりました。

後半のサンノレを巡る争いはドラマの流れ上恐らく丸く収まるとは判っていましたが、「パンダさんとハリネズミ」という可愛らしいタイトルから想像していた争いの程度よりはかなり本格的で題名とのギャップを感じました。丸く収まったから、ありなのかも知れませんが。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー