ドリームハイ2 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●2016年6月22日(水)~ 水曜日23:15から 2話連続放送

ドリームハイ2 드림하이2 全16話
2012年放送 
平均視聴率 7.4% 시청률 KBS
ドリームハイ2 DVD BOX I
あらすじ

 韓国最高の芸術専門高校として名高いキリン芸能高校。しかし、現在はライバル校の登場と学校財政の破綻により低迷状態で、いつのまにか落ちこぼれ問題児たちのたまり場のようになってしまった。
ある日、国内最大手の芸能事務所であるOZ(オズ)エンターテイメントがキリン芸能高校を買収することになり、人気絶頂のOZ所属アイドルたちが未成年芸能人保護法を形式的に守るためキリン芸高に転校して来る。
学校を守るため、キリン芸高の問題児たちと最高のアイドルたちがお互いのライバルに出会い、自分の殻を破り命懸けでし烈な真剣勝負を始める

 2016y05m17d_210315571
 TBS ドリームハイ2 相関図
キャスト

カン・ソラ(シン・ヘソン)
キリン芸能高校 成績は1位 実技は×

チン・ユジン(チョン・ジヌン)
音楽性はキリン芸能高校のトップ。ロックスターを夢見る

リアン(ジヨン)
人気絶頂のガールグループ”HershE”のメンバー

JB(JB)
韓国最高の男性2人組ダンスグループ”I:dn”のリーダー。、優等生アイドル。

ナナ(ヒョリン)
HershEのリーダー兼メインボーカル

シウ(パク・ソジュン)
I:dnのボーカル。生まれつきのプレイボーイ。

パク・スンドン(ユ・ソヨン)
霊と交信できると信じている。

パク・ホンジュ(キム・ジス)
顔以外は全て完璧なキリン芸能高校の吟遊詩人。

エイリー(Ailee)
HershEのメンバー。アメリカで生まれ

チョン・ウィボン(Jr.)
キリン芸高の生徒でJBのバックダンサー。

イ・スル(チョン・ヨンジュ)
キリン芸高の生徒。OZエンターテイメント代表、イ・ガンチョルの一人娘。

イ・ガンチョル(キム・ジョンテ)
OZエンターテイメントの代表であり、キリン芸高の理事長兼校長

チュ・ジョンワン(クォン・ヘヒョ)
キリン芸能高校校長。

ヤン・ジンマン(J.Y.Park)
キリン芸能高校の波乱の歴史の中でひるまず耐え抜いたたったひとりの人物。

アン・テヨン(チェ・ヨジン)
キリン芸高ボーカル教師

ヒョン・ジス(カヒ)
OZエンターテイメント理事。

スタッフ [演出]イ・ウンボク、モ・ワンイル
コメントにて随時感想募集中です。

第1話 9.20%
第2話 8.90%
第3話 8.20%
第4話 9.80%
第5話 7.60%
第6話 7.90%
第7話 6.90%
第8話 7.80%
第9話 7.70%
第10話 7.80%
第11話 6.30%
第12話 7.10%
第13話 5.20%
第14話 5.70%
第15話 5.70%
第16話 6.40%
平均視聴率 7.40%

以下感想ネタバレあり

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

miikhuさんの感想より

ドリームハイを超えられるか!?作品

「ドリームハイ」が大人気だったので「ドリームハイ2」も期待して観たのですが、私の知っている俳優さんがあまり出ていませんでした。主役のキリン芸高生徒・勉強№1・実技音痴シン・ヘソン役のカン・ソラさんは「おバカちゃん注意報」「ミセン~未生~」と大人気ドラマにも出演し演技力とても好評でなんと言ってもセクシーな体型と可愛い顔がたまらない女優さんです。このドラマでもカン・ソラさんだけは、とても自然で可愛くて演技も良かったです。

I:dnのメンバー、問題児シウ役に「キルミーヒールミー」「彼女はキレイだった」で人気が出たパク・ソジュンさんですが、この頃はあまり名前が知られていませんでしたね。その他にもたくさんの出演者がいるのですがK-POPアイドルさんが多くてしかも私にとってはグループ名くらいは聞いた事があるくらいの俳優さんが多かったです。

ドラマの中でもK-POPの曲が流れて実際のアイドルさんが歌っているのでK-POPファンの方だったらとても楽しめるドラマだと思います。韓国では実際にK-POPアイドルになるには半端ない努力が必要でやっとデビューして有名にもなってきたのにグループ内での不仲問題や事務所との契約問題が多く解散や活動休止などの報道がありますね。

このドラマを観ていると夢に向かって努力してやっとデビューできたのにそんな色々な問題で夢が壊れ活動できなくなってしまうのはとても可哀相だと思いました。歌唱力もダンスの実力は素晴らしいのですからアイドルの実力をもっと理解して世の中が変わって欲しいと思わされたドラマでした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー