トンネル 3話4話 あらすじと感想 ユン・ヒョンミン (キム・ソンジェ役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

トンネル 터널 全16話

第3話 視聴率 4.22%

amijkさん

第3話 あらすじ

2016年、山中で発見されたバラバラ死体の足首に、5つの点を見つけたグァンホ。1986年にいたときに、存在すると考えられたのに発見されなかった被害者が、実は最近まで生きていたことに気づきます。当時の情報と、これまで培った捜査力でグァンホは被害者の身元を探し当てます。当時、連続殺人犯に殺されかけた被害者は犯人の報復を恐れ、名前を変え、故郷を出て暮らしていました。被害者を最後に目撃した男の証言から、被害者の元夫が疑われます。

ヨンスクと遊覧船に乗る約束を守るため、今日中に事件を解決すると決心するグァンホ。防犯カメラの映像から犯人像を絞り込んだジェイの助言を得たソンジェとともに、真犯人を捕らえることに成功します。これで1986年に戻れると喜んでトンネルに向かいますが、トンネルを抜けても帰ることはできず、落胆します。

第3話 感想

1986年からやって来たグァンホが、現代の最新機器や捜査方法に驚きながらも、事件を解決する様子が描かれました。携帯すら持っていないなんて、相方になったソンジェがおかしいと思っても良さそうなものだと思いましたが、わが道を行くタイプのソンジェにはどうでもいいことなのかな?

捜査に協力することになったジェイ。大学での授業の様子が恐ろしかったです。この人はいったい何者なんだろう…すごく気になります。
足首に5つの点を持つ女性が殺された事件を解決しても、グァンホはもとの世界に戻れませんでした。1986年の連続殺人事件を解決しなければ戻れない、ということだろうと予想しています。

チーム長のソンシクは後輩だったソンシクですが、オ運転手はオ記者とは別人なんですね。山中で誰かに追われ、逃げ惑っていたのはもう1人のパク・グァンホのようでした。チェ・ジニョクのグァンホと、エンのグァンホ、2人の関係性はどういうものなのかも気になります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話 視聴率 3.55%

amijkさん

第4話 あらすじ

チーム長のソンシクがグァンホの正体に気づきます。グァンホはソンシクに、妻ヨンスクの行方について調べてくれるよう頼みます。

強盗事件の現場に向かうグァンホとソンジェ。その家に潜んでいた高校生ドンウが連行され、次の強盗が起こる場所を明かしたことで釈放されます。

ドンウの言葉通りの場所で強盗事件が発生。グァンホとソンジェがドンウの家に向かったところ、ドンウが刺殺されていました。クローゼットに隠れていたドンウの妹、スジョンが犯人を目撃していたと思われますが、ショックから何も言葉を発しません。ソンジェはジェイに、スジョンから話を聞きだすように依頼します。

ソンジェは2件の現場で同じ警備会社を利用していたことに目をつけます。ジェイは幼い頃の自身の経験をスジョンに打ち明けます。グァンホは巧みな尋問で、2人の容疑者のうち、どちらがドンウを殺したのかを突き止めます。

第4話 感想

ソンシクが、先輩だったグァンホについ敬語を使ってしまい、周りから訝しがられるところが面白かったです。外見だけ見たらソンシクが年上なので、無理もないですね。ヨンスクはどこでどうしているのでしょう。

グァンホとソンジェがそれぞれの能力を発揮したことで、強盗事件と殺人事件が解決しました。グァンホは足で稼ぐタイプ、ソンジェは頭脳派なんですね。
でも、ドンウが殺されたのは、次の強盗現場をグァンホに教えたからなので、ドンウに警護をつけるなりしてあげていれば…、と思ってしまいました。

ジェイの過去も明かされました。両親を火事で失ったのですが、火の手が恐ろしく何も出来なかったと。その様子を見て、火をつけたのはジェイではないかと思われてしまったようです。「何もせずにいることもできるし、何かすることもできる」という言葉に、スジョンが口を開いてくれました。

ソンジェは以前の職場でトラブルがあったようです。クールに見えたソンジェですが、熱い面があるところも描かれていました。今はグァンホといがみ合っていますが、そのうちいいコンビになりそうで、楽しみです。

ユン・ヒョンミン 윤현민 キム・ソンジェ役 エリート刑事
2017y04m25d_235910900
出典:http://program.tving.com/
生年月日1985年4月15日生[身長]184cm 元プロ野球選手 2004年ハンファ・イーグルス入団
魔女の恋愛(2014)ヨン・スチョル ドンハの友人、仕事仲間
いとしのクム・サウォル (2015)カン・チャンビン ボムグ建設本部長
ビューティフル・マインド (2016)ヒョン・ソクジュ ジンソンの主治医、胸部外科新任助教授

 

トンネル 5話6話 あらすじと感想 イ・ユヨン (シン・ジェミ役)

トンネル (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー