トンネル 13話14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

トンネル 터널 全16話

第13話 視聴率 5.491%

amijkさん

第13話 あらすじ

トンネルの中でジヌと揉み合ううち、ジヌを見失ったグァンホ。再び過去に戻ったことに気づきます。
グァンホはヨンスクと再会を喜び合い、未来がどんな世界かを説明します。

グァンホは、ジヌを捕まえるために、事件の生存者であるキム・ヨンジャを訪ねていき、証言してくれるよう依頼しますが断られます。

2017年の世界ではソンジェ、ソンシクが消息を絶ったグァンホの行方を追います。グァンホが父であると知らされたジェイは、戸惑いを隠せません。

グァンホが消える前、ファヤン大病院を訪れていたことや、ジヌの個人情報を調べていたことを知ったソンジェはジヌに会います。グァンホとは会っていないと言うジヌ。ソンジェは次第に、ジヌが怪しいと考え始めます。

過去に戻ったグァンホは、ジヌの家を訪れます。逮捕しようとするグァンホから逃げるジヌ。二人はまたしてもトンネルの中に入りこみ、グァンホがトンネルから出ると、2017年の世界でした。

第13話 感想

念願の過去に戻れたグァンホ。時間の流れ方は同じで、タイムスリップから5ヶ月が経過していました。久しぶりに再会したヨンスクとのシーンはとても感動的でした。約束していた遊覧船に乗ったり、お腹にいるヨンホのためにぬいぐるみを買ったりと、二人が本当に幸せそうで、ホッとしました。

でも、なぜグァンホは戻ってこられたのでしょう。犯人を捕まえなくても、わかっただけで良かったのでしょうか。キム・ヨンジャが証言してくれることになったのだから、それからジヌのところに行っても良かったのに、また逃げられてしまって、なんだかなぁ…。そしてまた2017年へ。そんなに行ったり来たりできるのね。

気になるのは、事件を解決したらヨンスクは死なずにすむのか、ということです。死なずにすむならそれにこしたことはないけれど、今度は未来が変わってしまうのでは?ジェイ(ヨンホ)も養子に出されることはなくなり、ソンジェと出会うこともないかもしれません。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話 視聴率 6.263%

amijkさん

第14話 あらすじ

再び2017年に戻ってきたグァンホ。タイムスリップは、トンネルの中でジヌと対峙すると起こるのだと考えられました。ミナやテヒにもグァンホの正体を明かし、ジヌ逮捕に向けて一丸となる強力1チーム。

グァンホは、重要な証拠である万年筆を過去に置いてきてしまったことに気づき、焦ります。

グァンホとソンジェはジヌを勾留します。ジヌの自宅の壁には、多数の老人たちの遺影がかけられていて、ジヌが犯した殺人は若い女性たちだけではないことが判明します。しかしチョン・ホヨン事件は終わったと考える上層部がジヌを釈放。ジヌは強力1チームの監視の目をくぐり抜けて、再び殺人を犯します。

ジェイはジヌの過去を辿ります。重要証拠となる万年筆を、ヨンスクがどこに保管したのか思い出したジェイ。しかし、それを知ったジヌがジェイに近づいていました。

第14話 感想

グァンホとジェイが親子として再会する場面はジーンとしました。
グァンホの正体を知らされたミナとテヒの反応が面白かったです。ミナ役のカン・ギヨンは、これまでの髪型はパーマの印象が強かったですが、このドラマでは短髪で、わりと男っぽい姿が見られて新鮮です。

それにしても、グァンホとソンジェはどうしてこんなに脇が甘いのかと思ってしまいます。ジヌの自宅に入ったなら、証拠を何かしら掴んでこられなかったのでしょうか?そして疑問なのは、釈放されてから犯した殺人で、ジヌは足首に点を打ちませんでした。「あの万年筆がなかったから」とグァンホたちは言っていましたが、道具は何であれ、ジヌだったら点を打つのではないかなぁと思いました。思い入れがある万年筆でしたっけ?

グァンホがいったん過去に戻って行動してきたことで、これまでになかった記憶がジヌに植えつけられていたところが面白かったです。
残すところあと2回ですが、最後は「全部、グァンホの夢の中の出来事でした!」なんてことになるのではないか、なんて想像しながら、結末を楽しみにしています。

トンネル 15話16話(最終回) あらすじと感想

トンネル (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー