トロットの恋人 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2016/11/14から)月・火曜日16:15から 字幕
トロット(演歌)の恋人

トロットの恋人  全16話
2014年放送 
平均視聴率 7.2% 시청률 KBS
トロットの恋人 DVD-BOX1
あらすじ

 マラソン選手になることが夢だったチェ・チュニは、ある日スポーツジムのスタッフとして参加したチャリティーマラソン大会で出場選手の不正を目撃する。不正を許せないチュニはその出場選手に完走メダルを返還するように注意するが、後にその選手の正体が人気ミュージシャンのチャン・ジュ二ョンであることを知る。
ジュ二ョンは事務所の移籍問題から、旧所属事務所によって嘘のスキャンダルをでっち上げられ人気が急落。さらには広告の賠償問題にまで発展してしまう。そんな中、現所属事務所“シャインスター”の社長チョ・グヌはジュニョンに、ある女性を歌手として成功させることが出来れば助けると条件を出す。音楽的才能に自信のあるジュニョンは二つ返事で快諾するが、その女性とは何と最悪な出会いとなったチュニで、しかもチュニが得意とするジャンルは、ジュニョンが忌み嫌うトロット(演歌)だった。
悪い条件が重なり頭の痛いジュニョンだったが、自分を窮地に陥れたチュニを歌手に育てること以外、再起の道はないと自分に言い聞かせ、彼女の指導を引き受けることに。そしてチュニもまた、失踪中の父親が借金を抱えているため、仕方なくジュニョンの下で歌手を目指す決意をする。

キャスト

チョン・ウンジ チェ・チュニ 次世代トロット歌手を目指す.
チ・ヒョヌ チャン・ジュニョン 最高のスターアーティスト
シン・ソンロク チョ・グヌ 音楽事務所シャインスター社長
イ・セヨン パク・スイン ジュニョンの初恋の人、ヤン・ジュヒの娘。

キム・ヨジン パン・ジスク チュニのマラソンのコーチ
ソン・ホジュン ソル・テソン ジュニョンの元マネージャー、トロット歌手志望
シン・ボラ ナ・ピルニョ シャインスター練習生
チャン・ウォニョン イ・チョルマン 取り立て屋
ユン・ボンギル イ・ユシク イ・チョルマンの従弟
パク・ヒョックォン ワン常務 シャインスター常務
チョ・ドクヒョン キム・ウガプ 企画会社ミダス代表
キム・テギョム ナ・チーム長 ミダス企画チーム長
イ・イギョン シン・ヒョヨル ジュニョンのライバル
カン・ナムギル チェ・ミョンシク チュニの父
ユ・ウンミ チェ・ビョル チュニの妹
ユン・ジュサン チョ・ヒムン グヌの父、シャインスター前社長
キム・ヘリ ヤン理事(ヤン・ジュヒ) スインの母、シャインスター理事
キム・ボプレ ホ代表 ホ・エンターテーメント代表
チ・スウォン ファスン ジュニョンの母

スタッフ /[脚本]オ・ソニョン[演出]イ・ジェサン、イ・ウンジン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
poohさんの感想より

笑いあり涙ありの展開にドキドキ!

ラブコメドラマに多数出演していて、格好いいし面白くて大好きなチヒョヌさんの除隊後の久しぶりの作品でしたので、楽しみに見ました。

最初は、スター気取りでお高く止まっているチヒョヌさん演じるチャンジュニョンが、えらそうにしているけれどなんだかかわいくて、弾けた感じに笑わされたのですが、だんだんとチョンウンジさん演じるチュニのマネージャーをしているうちにいい男に変わっていくのに、ドキドキさせられました。

このドラマは悪役が本当にはっきりしていて、ライバルのアイドル、スインとそのお母さんが本当に嫌な人でした。あれこれと悪事ばかり働くので、早くバレてしまえ、早く売れなくなれと心から思いました。最後は悪い人は結局罪を償うことになり、胸がすっとしました。

ジュニョンとチュニはとてもいいカップルで本当にお似合いで、付き合ってしまえばいいのにと思うほどでした。こんなふうに、自分のことを思ってくれる男性がいればいいのに。でも、チュニにはもう一人王子様がいて、その人も一途にチュニのことを好きでいてくれるんですよね。ヒロインが本当に羨ましいです。やはり、ちゃんと頑張っていればいつか認めてもらえる日が来るのでしょうか・・・

韓国のドラマは最後別れで終わってしまうものが多いですが、このドラマはハッピーエンドで良かったです。

最初、題名を見て演歌?と思いましたが、聞いてみると演歌もいいものだなと思いました。それはチョンウンジさんの歌がうますぎたからなのでしょうか。さすが、歌手ですよね。本当に演歌歌手なのでは?と思うほど歌が上手で感動しました。チョンウンジさんの演歌、また歌ってほしいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー