ディア・マイ・フレンズ 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●アジアドラマチックTV(2017/10/25から)集中再放送 月~金曜日14時から 字幕
●アジアドラマチックTV(2017/9/23から)集中再放送 土・日曜日8:30から3話連続放送(日曜日は2話連続)9/23は10時から2話連続 字幕
●KNTV(2017/3/19から)再放送 日曜日14時から 2話連続放送 字幕

ディア・マイ・フレンズ 디어 마이 프렌즈 全16話
2016年放送 tvN
平均視聴率 5.06% 시청률
 2016y11m22d_214914430
tvN ディア・マイ・フレンズ 디어 마이 프렌즈
あらすじ

 ナンヒ(コ・ドゥシム)、ヒジャ(キム・ヘジャ)、ジョンア(ナ・ムニ)は幼い頃からの親友同士。ある日、チュンナム(ユン・ヨジョン)の店で小学校の同窓会が開かれる。運転手として駆り出されたナニの娘ワン(コ・ヒョンジョン)は老人たちにこき使われ、うんざりしている。そんななか、ヨンウォン(パク・ウォンスク)も現れる。彼女はナンヒと大親友だったが、ある日を境に犬猿の仲となってしまった。ナンヒとヨンウォンはまたしても言い争い、取っ組み合いの喧嘩に発展する。
一方、ワンはヨーロッパに暮らすヨンハ(チョ・インソン)と毎晩のようにビデオチャットで語りあっている。彼とは結婚間近だったが、ある理由から別れを選んだのだった。しかし、おたがいに相手への想いは残っていて……。

キャスト

コ・ヒョンジョン :パク・ワン(37歳)-日本語翻訳家
キム・ヘジャ :ジョフイジャ(72歳)-ジョンアの親友、材の初恋
ナ・ムニ :ムンジョンア(72歳)-フイジャの小学校卒業生、ソクギュンの妻
コ・ドゥシム :チャン・ナンヒ(63歳)-ワンの母、フイジャとジョンアの小学校の後輩、大当たりちゃんぽん家の所有者
パク・ウォンスク :イ・ヨンウォン(63歳)-ナンフィの卒業生、元俳優兼広告モデル
ユン・ヨジョン :オチュンナム(65歳)-ナンフィと永遠の先輩、カフェ運営
ジュヒョン :イ・ソンジェ(72歳)-元弁護士、フイジャとジョンアの同級生
キム・ヨンオク :オ・サンボン(86歳)-ナンフィのママ
シン・グ:ギムソクギュン(75歳)-ジョンアの夫、アパート警備員
シン・ソンウ :ハンドンジン(40代前半)-出版社代表、編集局長
ナムヌンミ :記者(72歳)-フイジャの小学校卒業生、友達

スタッフ /
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
marikoさんの感想より

●母を持つ娘なら、涙を流さずにはいられない!

友達に勧められて観たドラマです。アラフォーの娘と、母とその友人たちの話です。私自身も年老いていく母を見ている娘として、共感したり涙を流すシーンが多かったです。

主人公ワンの母とその友人たちの話がメインなのですが、日本では韓国のように母の友人たちと親しく付き合うことはないと思うので、その点は新鮮でした。そういった文化の違いはあるものの、やはり親を思う子の気持ちと、子を思う親の気持ちは世界共通です。親子関係って単純ではないし胸が痛むこともある、そんなことが上手く描かれています。私もドラマを観ながら自分の家庭を振り返り、「お母さんを大事にしよう」と思えました。

何よりも、体が老いていく親を傍で見ていくのは辛いことですよね。でも、そんなことにも向き合えるようにしてくれるドラマでした。

そして、ワンの恋愛相手、ヨナ。ヨナとワンの関係にも、ワンのお母さんが関わっているのです…。なんだかんだいっても、自分の価値観や考え方、判断の材料にも親の影響ってあるんですよね。すごく考えさせられてしまいました。

ヨナ役のチョ・インソンさんが、透明感のあるアーティストを演じてて、すっごくイケメンで素敵でした!そして、ワンの母の友人の息子、ミンホを演じたイ・グァンスさんの演技には、毎回泣かされました!

このお二人、「大丈夫、愛だ」にも出演されてたのですが、今回のディア・マイ・フレンズも同じ脚本家さんなんですよね。「大丈夫、愛だ」もすごく考えさせられる内容でしたが、今回のドラマも深みがあって素晴らしい作品でした。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー