シングルパパは熱愛中  視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2016/8/31から) 再放送 水・木曜日12:20から 字幕 2008
●2017.2.2 感想追加

シングルパパは熱愛中 싱글파파는 열애중 全16話
2008年放送 KBS
平均視聴率 4.63% 시청률
シングルパパは熱愛中 [レンタル落ち] 全8巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
あらすじ

 昼は害虫駆除、夜はアマチュア格闘技選手をして生計を立てるプンホ(オ・ジホ)は、7歳の息子を持つシングルパパ。ある日、医者を目指しているインターン中のハリ(ホ・イジェ)と衝突事故を起こしてしまう。それから何かとハリと顔を合わせるようになり、ハリはプンホに好意を持つようになる。
しかし、サン(アン・ドギュ)の母で元妻のソイ(カン・ソンヨン)に捨てられた過去をもつプンホは恋に臆病になり、ハリの気持ちをなかなか受け止められない。そんな中、ハリの父のギソク(パク・チャナン)の妻となったソイが帰国する。義理の娘ハリが元夫に恋していることに驚愕したソイは、プンホにその事実を告げ、プンホはハリに惹かれながらも距離を置き始め・・・

 KBS WORLD シングルパパは熱愛中
キャスト

オ・ジホ カン・プンホ シングルファザー、害虫駆除の仕事、アマチュア異種格闘技選手
カン・ソンヨン ユン・ソイ プンホの元妻、ピアニスト 親戚の家で肩身の狭い思いをしながら育つ
ホ・イジェ チョン・ハリ インターン、プンホに好意 外科医の父親とピアニストの母
パク・チャンファン チョン・ギソク ソイの夫、ハリの父、脳神経外科医。
アン・ドギュ カン・サン プンホの息子、心優しい父親想い

シンドン オ・チルグ プンホの弟分、害虫駆除
イム・ジュファン ミン・ヒョンギ インターン
ミン・ウク ミン・ジュンホ ヒョンギの父、病院長
キム・ジャオク チョン・ウンジ ヒョンギの母
チョン・ジェスン イ・ワルスン ヒョンギの祖母
キム・ハウン チョ・ギョンア チルグの恋人、ハリの同級生、音大生
イ・ドゥイル ク・サンテ 体育館館長
チャン・ジミン パク・ミンジュ サンの友だち

スタッフ /演出:ムン・ボヒョン  脚本:オ・サンヒ
コメントにて随時感想募集中です。

第1部 5.9%
第2部 4.5%
第3部 5.3%
第4部 5.6%
第5部 4.0%
第6部 4.7%
第7部 4.5%
第8部 4.7%
第9部 3.9%
第10部 4.4%
第11部 4.6%
第12部 4.3%
第13部 3.8%
第14部 4.6%
第15部 4.3%
第16部 4.9%

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shironeko20さんの感想より

●オ・ジホがまたシングルパパ

韓国ドラマにはまるきっかけとなった大好きなドラマ「ファンタスティックカップル」のオ・ジホがまたシングルパパ役。これは笑えるラブコメなのかなとかなり期待して観始めたのですが、タイトルをつけ間違っています。原題もこのままのようなので、ありがちな邦題をつけた人のミスではなく製作者のせい、とにかく熱愛中って感じではありませんでした。

まず元嫁の再婚相手の娘と恋愛するなんて、その時点ですでに未来がない気がします。日本でもちょっと…って思うのに親族間の結婚にうるさい韓国でこの設定。仮に元嫁が身を引いてもわだかまりが残るし、結局着地点はあんな感じにするしかないのでしょう。

ストーリーが進むにつれてどんどん暗くなって、シングルパパが育てている子供が病気になるだけでも気が重いのに、主人公まで病気にしてしまうなんて、どちらか1人でよかったです。ヒロインの明るい演技がなんだか合わなくてあまり好きになれなかったのですが、さすがにこの展開は気の毒な気持ちになりました。

元嫁とヒロイン父カップルは2人とも子供のことを考えない親。特に元嫁は保身に必死なくせに捨てた子供のことに口出ししていて図々しい。けなげな子供が事情を知らずイップンアジュンマなんて呼んでなついていても、やっぱり親子なのねとしみじみするより、そんな女になつくのはやめなさい!と思いました。

子役くんはとってもかわいいです。パパが大好きで1番の自慢って言うのが伝わってくる熱演でした。熱の字はこの子に使いたいですね。この親子の愛はとてもよかったです。

最後まで見て、あぁこんな終わり方なのねとなってから、タイトルはどうすればよかったのか考えてみました。格闘技をやっていたから奮闘中?それくらいしか思いつかなかったけれど、とにかくそれではないと言いたいです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー