シカゴ・タイプライター 13話・14話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

シカゴ・タイプライター 시카고 타자기 全16話

第13話視聴率 2.335%

quetalsurinoさん

第13話あらすじ

ユ・ジンオ(ゴ・ギョンピョ)の力で夢を通じで前世に来たセジュ(ユ・アイン)とチョンソル(イム・スジョン)は、ホ・ヨンミン(テミン)とスヒョン(チョンソル)を見つけて、それぞれ後を追います。テミンの後を追っていたセジュは、ヨンミンとユル(ジンオ)が会っているところを目撃し、スヒョンの後を追っていたチョンソルは、組織の中にスパイがいることを知ります。

ジンオの力が尽きて前世から戻ったセジュとチョンソルは、それぞれが観た過去の記憶を正直に話せない状態が続き、体の異変に気付いたジンオは、わずかな時間しか残されていないことを知ります。セジュをひいたオートバイ事故の映像をみていたセジュはあることに気づきます。オートバイを乗った犯人が狙っていた相手はセジュではなく、チョンソルだったことを。。。 チョンソルを心配したセジュの配慮で、セジュ宅でジンオを含めた3人の同居が始まります。

ジンオは消滅の危機にありながらも、セジュとチョンソルとの同居で幸せを感じます

第13話感想

小説を完成させるために、すべての前世の記憶を共有することを約束した三人ですが、セジュとチョンソルは前世の新たな記憶をたどった後、その内容を話しだせず互いを疑うようになります。前世、組織にはスパイがいたことが分かりました。テミンの前世、ヨンミンがスパイだったことは明らかですが、果たしてスパイは一人だけだったのでしょうか。

チョンソルは懐中時計の持ち主を前世で銃殺したと思っていますが、タイプライターの側にいた誰かを打った記憶のあるチョンソルですが、スヒョンが撃った相手はフィヨン(セジュ)ではなくてユル(ジンオ)だったのでしょうか。それとも、チョンソルがスパイだったのでしょうか。

スヒョンがフィヨンに、生まれ変わったら女として見て欲しいと気持ちを伝えるシーンでは、とても切なくなりました。フィヨンへの叶わなかったスヒョンの気持ちが、生まれ変わって二人が出会うことになったのでしょうか。ジンオの記憶にもスヒョンとフィヨンに何が起きたのか分からないようなので、今後どのような展開を迎えるかドキドキします。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第14話視聴率 1.444%

quetalsurinoさん

第14話あらすじ

前世の記憶からチョンソル(イム・スジョン)はセジュ(ユ・アイン)とジンオに、前世でカルペーディエムのマダムソフィの生まれ変わりがチョンソルの母であることから、ソフィが組織内のスパイだった可能性があると話します。

ジンオ(コ・ギョンホ)はテミンが出版した小説の初稿を新聞記者に送り、テミンの小説がセジュの書いた作品だったことがニュースとして知れ渡ります。テミンはチョンソルを拉致させ、セジュを古い建物に呼び出します。セジュはチョンソルが誰かからの電話の後に出かけたこと、セジュをストーキングしていた男に妹がいたことを知り、妹の正体に気づきます。現れてセジュにテミンは、すべてセジュの自作自演だったと、記者に話すよう圧力をかけますが、屈しないセジュ。その姿をみたテミンは建物から飛び降りようとし、テミンをとめようとしたセジュが落ちてしまいます。

建物から落ちるセジュは80年前の記憶がよみがえります。パーティがあった夜、フィヨンとシンユルは二つの作戦を同時に進めることにします。その作戦のスタートを切ったのはスヒョンでした。スヒョンの舞台の照明が消え、フィヨンとユルは重要人物の暗殺をはかります。

第14話感想

ずっと謎だった組織内のスパイは、ソフィでした。前世では、ソフィとハン・ヨンミン(テミン)の会話からソフィが息子を助けるために、ヨンミンに協力していたことが分かりました。チョンソルの母として生まれ変わった現在でも過去の記憶を持つことから、ソフィのその後の行動が気になります。セジュとチョンソルの悪縁が続かないよう望む姿から、予想をはるかに超える展開が待っていそうです。ヨンミンの罠と知り、逆に情報を流すフィヨン(セジュ)とユル(ジンオ)ですが、それぞれの対応にハラハラしながら観ていました。前世の展開がどの話よりも面白かったです。フィヨンとユルは、パーティでの暗殺計画を成功させることができるのでしょうか。

ソフィの命令で、パーティに参加することになったスヒョンは、危険と知りながらもパーティの舞台に立ちます。ユルはスヒョンの安否を心配し、フィヨンも危険と知りながらも計画を成功させるためにスヒョンの参加を許します。スヒョンの身に何か危険が及ぶのでしょうか。最終話に向けて、前世でも現在でもそれぞれ、今後さらにハラハラする展開になるのではないでしょうか。

テミンを助けようとビルから落ちてしまったセジュは無事助かるのでしょうか。セジュのストーカーだった男の妹に拉致されたチョンソルの安否も心配になる中、二人を助けるためにジンオが動きだしそうです。激動する時代の中、お互いを想いながらも叶わなかったスヒョンとフィヨンの気持ちが切なく、生まれ変わった現在では、絶対にカップルとしてハッピエンドを迎えて欲しいです。

シカゴ・タイプライター 15話・16話 あらすじと感想

シカゴ・タイプライター(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー