サークル:繋がった二つの世界 3話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

サークル:繋がった二つの世界 써클 : 이어진 두 세계  全12話

quetalsurinoさん

第3話あらすじ

Part1.ベータープロジェクト

廃業したウンソン精神病院で何かを確かめようとしていたボムギュン(アン・ウジン)は、写真を撮ろうとした瞬間、明るい光のせいで携帯を落とします。ウジン(ヨ・ジング)は、兄の行方が分からないことから、再びハン・ジョンヨン(コン・スンヨン)の存在を疑います。ジョンヨンが兄の部屋に侵入した理由を問い詰めると、これまで起きた事件は自殺ではなく、事件現場に現れるボムギュンが殺人犯だと考え、彼の後を追っていたと話します。

ジョンヨンを追っていた兄が失踪したと話すウジンに、ジョンヨンはこれまで起きた事件が単なる自殺ではない証拠をウジンに見せ、ボムギュンが集めた証拠と共に調べていきます。ジョンヨンが事件を調べ始めた理由は、最初の自殺者が彼女の友人だったからでした。調べを進めると、自殺者の共通点は、鼻血や頭痛を訴えていたこと。ボムギュンのノートで、キム・ナンヒの名前を発見します。ウジンはナンヒが鼻血や頭痛に苦しんでいたことを思い出し、急いでナンヒをさがしに行きますが、目の前でナンヒも飛び降り自殺を図ります。

ウジンとジョンヨンが近づくと、ナンヒの鼻から青い虫が出てくるのを目撃します。ウジンはその虫がこれまでの自殺事件と関係があると思い、ナンヒの体から出てきた青い虫を探し出します。虫を解剖すると、中からチップが発見されます。

発見したマイクロチップに関する情報は全くなく悩むウジンは、以前ジョンヨンからもらったEメールアドレスを確認すると、突然ジョンヨンを探し始めます。Eメールアドレスから、ジョンヨンがブルーバードだと知ります。その頃、ジョンヨンはウンソン病院の前に立ち、ボムギュンはどこかに監禁されています。

Part2.素晴らしい新世界

スマート地区でキム・ミンジにより起きた二つ目の事件の被害者、パク・ジンギュの捜査をしていたキム・ジュンヒョク(キム・ガンウ)は、ジンギュの記憶にアクセスしますが全く反応がなく、一般地区に戻り、事件のあった2017年5月5日の記憶にアクセスしますが、誰かによりロックがかかっています。一般地区でもなぜか事件があった日の記録だけが無くなっていました。

一方、保安課のイ・ホス(イ・ギグァン)は彼自身も記憶が消された可能性があるのかを心配し始めます。ホスも過去の記憶の一部が消えていたことを知ります。ジュンヒョクの命令でブルーバードの行方を追っていたイ・ドンスはハッキングに成功し、ブルーバードの位置をジュンヒョクに知らせます。

車でそのあとを追うジュンヒョクは後一方のところで、停電になります。過去の記憶を思い出したのが辛いイ・ホスは、ブレカーを落とし停電させジュンヒョクを阻止します。幸せになれるのなら辛い記憶が消されているほうが良いと叫ぶホスに、ジュンヒョクは記憶を失って自分が誰なの分からないことを明かします。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第3話感想

Part1は予想よりも早い展開で、新たな事件が起きるなど、Part2とどのように話がつながってくるのか、何か隠されたヒントなどはないのか、気にしながら観ました。ホン・ジンホン刑事は警察署で、ウジンにボムギュンの行方を聞き、彼が失踪していることを話すウジンは、兄の行方を捜すようお願いします。ホン刑事は、以前ボムギュンが起こした事件と、大学で起きている自殺事件と関連があると考えているようです。今後彼がウジンに協力するようなので、二人の関係にも注目したいと思います。

ボムギュンが話していたブルーバードは、ブルーバグ(虫)の間違いだったのでしょうか。ウジンは兄か伝えようとしたのがブルーバードではなく、亡くなったナンヒの遺体から発見したブルーバクを意味していたのか、確信ができず悩みます。ブルーバードはジョンヨンなのでしょうか。ボムギュンが監禁されていると思われる病院の前にけわしい表情で立つジョンヨンですが、彼女の正体は果たして宇宙人なのでしょうか。

Part2ではブルーバードの存在を求め追うキム・ジュンヒョクの姿に緊張感が溢れ、Part1と同じく展開がスピーディでした。記憶を操作していたのはブルーバードで、ブルーバードがフューマンビーだったようです。ジュンヒョクが銃を手にブルーバードをさがしに行こうとした時のホン警部の言葉から、ジュンヒョクはボンギュンかウジンかのどちらかと思いました。双子に何があったのでしょうか。ボンギュンかウジンかのどちらかが、記憶を失い10年前からキム・ジュンヒョクとして生きているようで、ホン警部はどこまで二人の事件にかかわっているのかも気になりました。

スマート地区で捜査に協力していたイ・ホスにも消された記憶があるようでした。断片的に戻る記憶をもとに訪れたカフェで、彼女が亡くなったことを知ります。すべての記憶が戻ったわけではないようで、消された記憶が戻ることを強く拒否する彼の気持ちが理解はできますが、もしも自分だったら記憶を取り戻す方を選択するか、失った悲しい記憶が封印されたままを選択するか、悩みました。

10年前、子供時代の双子の映像をみてどちらが自分なのかの質問に、ホン警部はこれからキム・ジュンヒョクだと答えます。やはりジュンヒョクが誰なのかが気になる終わり方なので、次の話では少し真相が明らかになることを期待したいです。

 

サークル:繋がった二つの世界 4話 あらすじと感想

サークル:繋がった二つの世界(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー