サム・マイウェイ 2話 あらすじと感想 キム・ジウォン チェ・エラ役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

サム・マイウェイ 쌈 마이웨이 全16話

marikoさん

第2話視聴率 5.4%

2話あらすじ

先輩の呼び出しで、一般人としてクイズ番組に主演することになったドンマン。そこで高校時代のガリ勉、ムビンに再会する。しかしムビンはドンマンのことを覚えていないようで…?

一方エラは、チャンスクの結婚式に出席していた。披露宴の司会者が現れなくて困っているチャンスクから、代わりに司会をやってくれと懇願される。アナウンサー志望だったエラは、アナウンサーになりすまし、意気揚々とマイクを握るのだった。

その頃ドンマンは、実家で両親と食事をしていた。今のドンマンに不満な父は、「テコンドーの師範でもやれ」と言うが、ドンマンは怒って「今でも俺の名前を検索すると2007年10月の事件が出てくるのに、誰が俺なんかに習いたいんだ!?」と言い返す。さらに「ドンヒだって、俺じゃなくて父さんが守らなきゃいけなかったんだろ!?」と大声を出す、ドンマン…。

ソウルに戻ったドンマンは、お世話になったコーチの元へ。コーチは今も、ドンマンがテコンドーを始めるのを待っているようだ。ドンマンを妬む練習生は、ドンマンと練習試合をしたいと言い出す。ドンマンは止めるコーチに耳を貸さず、久しぶりにリングに上がるのだった。しかし手も足も出ずにボコボコにされてしまう…。

エラが偽物アナウンサーだと知った若手医師たちは、誰がエラを落とすか賭けをしていた。同僚医師たちの狙いを知って心配したムビンは、エラに事実を告げる。惨めになったエラは、ドンマンに電話をして「迎えに来て欲しい」と伝え、ムビンと一緒に会場の外へ。しかしそこには医師たちが待ち構えていた。冗談が過ぎる医師の言葉に頭に来たエラは、医師たちの高級車のサイドミラーを破壊!激怒した医師から殴られてしまう。ちょうどその時、現場に駆けつけたドンマン。医師たちをボコボコにし、警察に捕まってしまう。警察署に迎えに来てくれたのはコーチ、そして因縁をつける医師たちに啖呵を切ってドンマンを守ってくれたのはエラだった。

無事に帰宅できることになった、ドンマンとエラ。エラは、「久しぶりにマイクを握れて嬉しかった」と言う。そして自信をなくしているドンマンを慰めるのだった。思わずエラを抱きしめるドンマン。そして「悪いやつと遊ばずに、俺と遊べ。遊んでやるから」と言って…?

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

2話 感想

ドンマンに急に抱きしめられるなんて、ドキドキ!!いくら幼馴染でも、ドキドキしちゃうんじゃないかなぁ!?いつでも駆けつけてくれる幼馴染がいるなんて、羨ましすぎです(笑)

ドンマンがテコンドーを辞めたのは、家族の問題と関係があるようですね。悲しい過去がありそうですが、それが一体何なのか、そして今後ドンマンが過去を克服できるのかどうか!? とっても気になります! お父さんもドンマンを愛しているから腹が立つし、息子にもっとイキイキとした人生を歩んで欲しいのでしょうが、今のドンマンにとっては負担ですよね。親子って、なかなか分かり合えないなぁと、ちょっと胸が痛くなってしまいました。でもきっと、これから一歩ずつでもドンマンが自分の道を見出してくれると信じています!

そして久しぶりにマイクを握って、自分の夢を思い出したエラ。アナウンサーになるのは簡単じゃないけど、自分の気持ちには嘘をつけないことに気付いた様子。エラがこれからどんな選択をするのかも見逃せません!

今回は、放送局に勤める先輩役でカン・ギドゥンさんが特別出演していました。「明日、あなたと」でもいい味を出してる俳優さんだったので、嬉しかったです!

キム・ジウォン 김지원 チェ・エラ役
2017y06m13d_000240076
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日 1992年 10月19日
2016年 太陽の末裔(KBS2、ユン・ミョンジュ役)
2014年 私が結婚する理由(KBS2、キム・ジヨン役)
2014年 ワン・サニーデイ(ウェブドラマ)
2014年 カプトンイ(tvN、マ・・ジウル役)
2013年 相続者たち(SBS、ユ・ラヘル役)
2012年 花ざかりの君たちへ(SBS、ソル・ハンナ役)
受賞歴
2013年 SBSドラマ賞 新人賞(ドラマ「相続者たち」)
2016年 KBS演技大賞 新人賞/ベストカップル賞/優秀賞
2016年 アジア太平洋スターアワード(APAN Star Awards)女性演技賞

 

サム・マイウェイ 3話 あらすじと感想 アン・ジェホン キム・ジュマン役

サム・マイウェイ (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー