サム・マイウェイ 1話 あらすじと感想 パク・ソジュン  (コ・ドンマン役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

サム・マイウェイ 쌈 마이웨이 全16話

marikoさん

第1話視聴率 5.4%

1話あらすじ

先生に目をつけられてもふざけるのを止めない、おてんば女子高生エラとソリ。そしてテコンドーを愛し、授業中にまでテコンドーの動画を観る高校生ドンマン。そしてその友人のジュマン。ドンマンは、将来有望なテコンドー選手だ。試合に勝ったドンマンは、ボラムに告白をする。それを見て、悔しがるガリ勉のムビン。そんな彼らはどんな大人になったのか…?

アナウンサーを目指していたエラは、今はデパートの案内係に。ソルヒはパッとしないOLになっていた。ソルヒと付き合い始めて6年になるジュマンは、ソルヒと秘密の社内恋愛をしながら、代理として社内で認められていた。ドンマンはというと、テコンドーを辞めてお掃除サービスの清掃員として働いている。そんなドンマンは、友人が紹介してくれた女性からも見下されてしまう始末…。

エラとソルヒ、ドンマンは、6歳の時からの幼馴染だ。偶然エラが働くデパートに来ていた友人チャンスクは、ドンマンが医者で、エラの彼氏だと勘違いしてしまう。エラはチャンスクを悔しがらせようと、敢えてそれを否定しないのだった。(笑)

一方エラには、公務員試験合格を目指す年下の彼氏がいる。今年も不合格だった彼氏を励まそうと、欲しがっていた自転車を買って、寮に向かうエラ。何事もなかったかのようにエラを迎える彼氏だが、何かが怪しい…。問い詰めるエラに、彼氏は寮で食事を提供するおばさんとの浮気を認めるのだった。

大暴れしたエラは自転車を持ち帰ろうとするが、自転車に乗れないエラは、彼氏の浮気相手のおばさんの車で送ってもらうハメに。車内で寝たふりをするしかない、惨めなエラ…。そんな時、おばさんが「元女子アナのパク・ヘランが離婚した」というニュースを何気なく口にする。驚いたエラは、おばさんにスマホを見せろとせがみ、車内は大騒ぎ。運転していた彼氏は人を轢きそうになってしまうが、その相手はなんとドンマンだった!

ドンマンは車内から出てきたエラと彼氏ににこやかに挨拶するが、エラは「告訴しろ」とドンマンに言い放つ。不思議がるドンマンに、エラは浮気されたことと、おばさんが妊娠までしていることを告げるのだった。激怒するドンマンを見て気が済んだのか、エラはドンマンと2人で帰路につく。エラは「パク・ヘランが離婚したんだって」とドンマンに言うが、それを取り合わないドンマン。ドンマンがエラを慰めようとエラの頭をなでると、エラは頬を赤らめて…?

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

1話 感想

キラキラと目を輝かせて将来の夢を語っていた高校生のエラ、ソルヒ、ドンマン。そんな彼らは、ごく普通の一般人になっていました。ドンマンは、紹介された女性に運動のことを聞かれた時に、「運動はしない」って答えていましたが、どうしてテコンドーを辞めてしまったのでしょうか?夢を諦めて生きるドンマンとエラが、これからどうなるのか気になります。

それにしても、ドンマンみたいにカッコいい幼馴染がいたら、絶対好きになっちゃいますよ! エラもドンマンを好きなんじゃないかなぁ!? ドラマ終了後の番外編で、高校時代の試合後にボラムに告白したドンマンが、結局エラと一緒に帰ってしまったのには笑ってしまいました。なんだかんだ、エラとドンマンはお互いが一番大事なんでしょうね。 素直になれない幼馴染同士の2人が、互いを異性として意識していく過程に胸キュンしそうなドラマです!
そして高校時代の同級生役で出てきた、ムビン。「ホグの愛」で主人公を演じていたチェ・ウシクさんでした!「ホグの愛」では純粋で可愛い役でしたが、今回はどんな役になのか、すごく楽しみです!

パク・ソジュン  박서준 コ・ドンマン役
2017y06m12d_202920057
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日: 1988年12月16日 身長185cm、体重69kg。キーイースト所属。
2015 MBC キルミーヒールミー オ・リオン役
2015 MBC 彼女はキレイだった チ・ソンジュン役
2016 KBS2 花郎(ファラン) ムミョン役
受賞歴
第6回コリアドラマアワーズ男性新人賞(金よ出てこい✩コンコン)
第6回ヘラルド東亜ライフスタイルアワード ベストスタイル賞
2014 SBS演技大賞 ニュースター賞

 

サム・マイウェイ 2話 あらすじと感想 キム・ジウォン チェ・エラ役

サム・マイウェイ (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 話数一覧
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー