ゴールデンタイム 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●エンタメ~テレ(2017/3/20-4/19)集中再放送 月~金曜日9時から 字幕

ゴールデンタイム  全23話
2012年放送 
平均視聴率 12.9% 시청률
ゴールデンタイム(ノーカット版) コンパクトDVD-BOX(スペシャルプライス版)
あらすじ

 医大卒業後、韓方病院の臨床講師として楽な道を歩むミヌ(イ・ソンギュン)は、TVの医療ドラマで見た知識は豊富だが、現場の経験はまるでない名ばかりの医師。

ある日、先輩の恋人ジェイン(ファン・ジョンウム)を車で送る途中、玉突き事故に遭遇。多くの怪我人が出て混乱する現場で、どうにか救助しようとするジェインに対し、下手にクビを突っ込んで責任は負いたくないと逃げ腰になるミヌ。救急車が到着し2人はなりゆきから、ある怪我人に付き添い、受け入れ先の海雲台セジュン病院へ…。約30人の負傷者が運び込まれた救急室では、周囲が無理だというのもはねつけ、外傷外科医インヒョク(イ・ソンミン)がすべての患者の対応を指示出ししていく。修羅場を見事にさばいていくインヒョクの姿に唖然となるミヌ。

数日後、先輩から当直のバイトを引き受けたミヌは、気道が塞がり救急でやってきた少女の処置ができず、無我夢中でセジュン病院に車を走らせるが、少女はすでに死亡。自分の無力が患者の死を導く恐怖と向き合うことになったミヌは、セジュン病院のインターンを志望、同じく志望したジェインとともに、セジュン病院で働くことに。日々、運送されてくる様々な救急患者たちを前に、戦場のような院内。有能だが無謀ともいえる行動から問題児とされているインヒョクのもと、ミヌは挫折と葛藤を繰り返しながら、医師として大事なものを学んでいく。

 2016y08m06d_175934006
BS-TBS ゴールデンタイム 相関図
キャスト

イ・ソンギュン イ・ミヌ 救急医学科インターン、元漢方病院の臨床講師
ファン・ジョンウム カン・ジェイン 救急医学科インターン、セジュン財団相続人.ソウル大学出身の優秀な医大生
イ・ソンミン チェ・インヒョク 外傷外科専門医
ソン・ソンミ シン・ウナ 救急医療センターの外傷コーディネーター。インヒョクの助手

キム・サグォン チャン・ヒョクチャン ミヌとジェインの同期インターン
キム・ギバン キム・ドヒョン 救急医学科レジデント
イ・ギヨン ファン・セホン 整形外科長 名門大学出身でプライドが高い
チ・イルジュ ユ・ガンジン 整形外科インターン、ミヌのルームメイト
パク・ヨンジ オ・ガンチョル セジュン病院病院長
チャン・ヨン カン・デジェ ジェインの祖父、セジュン病院理事長
キム・ヒョンイル キム・ホヨン 神経外科科長
オム・ヒョソプ キム・ミンジュン 一般外科科長。目立ちたがりで、権威主義

チョン・ギュス ナ・ピョングク 救急医学科科長
チョン・ソギョン チ・ハング 麻酔科の医師。
チョ・サンギ パク・ソンジン 整形外科7年目の医師。
ホ・テヒ コ・ジェウォン 整形外科レジデント。ファン科長の忠実な部下
ソヌ・ヨンニョ パク・グムニョ ジェインの祖母、セジュン病院医療院長
ホン・ジミン ソン・ギョンファ  一般外科7年目の医師。乳腺外科専門
シン・ドンミ チョ・ドンミ 脳外科レジデント
キム・ミギョン   ミヌの母
ソン・ユハ パン・ソヌ ジェインの恋人
チョン・エヨン   パン・ソヌの姉
イ・ドンギュ ドンギュ ウナの婚約者
チョン・ジェホ パク・グンス 整形外科レジデント
ナ・スンホ ナ秘書 カン・デジェの秘書

スタッフ /【演出】:クォン・ソクチャン【脚本】:チェ・ヒラ
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

見ごたえのあるメディカルドラマ

病院ものはあまり見ないのですが、このドラマは最後まで面白く見られました。好評で、当初の予定より3話延長したという人気作品です。

韓国の医療制度や医師の給与体系などは、日本とはけっこう違っているらしいので外国人が見る場合にはちょっと理解がしづらいところもあったのですが、「患者を助けるために奮闘する医師」という点では安心して見られました。

総合病院の中の救急の重症外傷外科の話とあって、いつも一刻を争うような状態の患者が運ばれてきて、医師たちも一瞬の判断が大切になってくるので視聴者としても毎回ハラハラしながら見ていました。病院内の派閥間の葛藤も各所に出てきて、重症患者が目の前にいるのにどこの科で手術するのかもめたりするあたりは、病院ものの定番のエピソードですが面白かったです。

チェ・イニョクという一匹狼的な医師と、ちょっと年のいったインターンのイ・ミヌ、病院長の孫娘カン・ジェインを中心に話が展開していきますが、私としては救命救急担当の看護師、シン・ウナが印象に残りました。彼女には婚約者がいるのですが、ずっと結婚を先延ばしにして仕事に邁進してきました。やっと決心して結婚し海外に行くことにするのですが、迷いに迷って、やはり仕事を取るんですね。自分の後任の看護師に引き継ぎをしながらも仕事に対して心残りがある様子などが細かく描かれていて、仕事に対する愛情がとても伝わってきました。

このドラマは毎回、治療や手術のシーンがあって、見ていたら医療用語も覚えてしまうくらい本格的です。ふだん韓国ドラマを見ない人でも、日本や海外のメディカルドラマが好きな人なら面白く見ることができる作品だと思います。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー