グッドワイフ (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想 ユン・ゲサン

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

グッドワイフ 굿와이프 全16話

quetalsurinoさん

第3話 あらすじ

ヘギョン(ジョン・ドヨン)が働く弁護士事務所の創立者で、ジュンウォン(ユン・ゲサン)と姉ソ・ミョンヒ(キム・ソヒョン)の父ソ・ジェムン(ユン・ジュサン)は飲酒運転で捕まる過程で、警察に暴力をふるったことで起訴されます。変わり者の弁護士として知られるジェムンは、弁護人としてヘギョンを選びます。

スキャンダルの相手だったアンバー(レイヤン)がヘギョンに連絡を取ったことを知った、テジュンは激怒し、これ以上家族に手を出さないよう彼女を脅迫します。

第3話感想

テジュン(ユ・ジテ)のキャラクターが興味深いです。原作との夫役のピーターとは描かれ方が違い、テジュンの存在が韓国版「グッドワイフ」の面白さを倍増させていると感じます。妻のヘギョンへと家族への愛着とは別に、アンバーを脅す姿は恐怖そのものでした。二つの顔を持つテジュンの存在が、今後ヘギョンの選択にどのような影響を与えるのでしょうか。ヘギョンとテジュンはまだ離婚していない状態で、その行方に関心が集まっていますが、今後二人の関係はどう変わっていくのでしょう。ヘギョンの夫への不信が大きくなる展開です。

ソ・ジェムン(ユン・ジュサン)の登場でドラマの展開が明るくなりました。弁護士は何があっても目立つべきで、ニュースの中心にいるべきだと思うタイプのようで、テジュンの件に関しても何か気づいている様子です。調査員のキム・ダン(ナナ)は話が進むことに存在感を見せています。ジェムンの飲酒運転の件も彼女とヘギョンのおかげで罪が晴れますが、今後ジェムンが弁護士事務所の代表を務めるのは難しくなりそうです。

法廷ドラマなので毎話、新しいキャラクターが登場することがドラマを飽きることなく楽しめます。法廷シーンは少し物足りない感じがすることもありますが、これまでの韓国ドラマの雰囲気とは違い、法廷ドラマファンは楽しめる作品だと感じました。

ユン・ゲサン  윤계상  ソ・ジュンウォン 役
 2016y12m21d_085644576
 出典:http://www.whitepaper.co.kr/news/articleView.html?idxno=71259
生年月日1978年12月20日 身長180cm。歌手兼俳優。 音楽グループgodのサブボーカル、サブラッパー。
出演作品
「最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜」(2011年、MBC) -ユン・ピルジュ
「ハイキック3 -短足の逆襲- 」(2011年〜2012年、MBC) -ユン·ゲサン
他 多数。
受賞一覧
2005年 第41回百想芸術大賞映画部門新人賞(バレー教習所)
2007年 アンドレ·キムベストスターアワード男部門ベストスター賞
2011年 MBC放送芸能大賞コメディ/シチュエーションコメディ部門男優秀賞(ハイキック短足の逆襲)

.

quetalsurinoさん

第4話 あらすじ

ヘギョンはテジュンを起訴したチェ・サンイル検事と妻の離婚訴訟を担当します。妻から依頼を受けますが、サンイルは離婚を強く拒否します。 チェ・サンイルの妻はテジュンの事件に関する秘密を知っていることから、妻の望み通りに離婚が成立します。

2話で証拠を確保するために訪れたホテルにヘギョンとジュンウォンが一緒だったことが、不倫として報道され、ヘギョンは危機をむかえます。建設会社ドガン開発はニュータウン再開発の件でジュンウォンに仕事を依頼することになり、代表ジョ・グックヒョンはなぜかヘギョンに近づきます。そして、テジュンは仮釈放が認められうちに戻ることになります。

第4話感想

複数のエピソードが展開されますが、一番注目した点はジョ・グックヒョンの運転手の話です。過去、交通事故にあった経験があり、ヘギョンやテジュンとは過去の出来事で縁があるようなニュワンスで話します。ヘギョンと交通事故の関連を持たせたことで、今後ドラマが展開されるにあたり、予想外のおちがあるのでしょうか。彼女が司法試験に受かり、研修を終えてすぐに結婚し、専業主婦として生活してきたことには、隠された理由があるようです。

先輩にあたるチェ・サンイル検事とテジュンはどうして対立する関係になったのか、背景が明確にされていませんが、すごい勢いで攻めてくるサンイルに対抗するヘギョンの姿がたくましく見え始めてきました。ヘギョンはサンイルの妻からテジュンのスキャンダル映像を撮影した人が、サンイル検事だとおしえられます。サンイルは、テジュンにわざとヘギョンとジュンウォンの関係を知らせたことで、テジュンが怒ります。今後サンイルとテジュンの更なる対立が予想され、面白くなりそうです。ヘギョンの知らないテジュンの秘密がまだ存在するのでしょうか。

謎の多い人物の建設会社ドガン開発の代表ジョ・グックヒョンはテジュンとはどのような関係があるのでしょうか。登場する人物はほとんどがテジュンと最終的に関係がある人物のようで謎が深まります。

ドラマ「グッドワイフ」の面白さは、新たしいエピソードと共に登場する新しいキャラクターや個性あるキャラクターが多いことだと感じました。離婚専門弁護士として登場するデイビッド・リー(チヤ・スンべ)は独特で不思議なキャラクターで、インパクトのある人物だと思いました。

【豆情報】

弁護士事務所創立者で、ジュンウォン(ユン・ゲサン)と姉ソ・ミョンヒ(キム・ソヒョン)の父役のソ・ジェムン(ユン・ジュサン)が特別出演。ヘギョンやジョンウォンのファッショの話題になっています。ジョンウォンは韓国国内ブランドのスーツを着用。

 

グッドワイフ (韓国ドラマ) 5話・6話・7話 あらすじと感想

グッドワイフ (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー