グッドワイフ (韓国ドラマ) 1話・2話 あらすじと感想 チョン・ドヨン ユ・ジテ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

グッドワイフ 굿와이프 全16話

quetalsurinoさん

第1話 あらすじ

専業主婦のキム・ヘギョン(チョン・ドヨン)は有能で正義感溢れる夫イ・テジュン(ユ・ジテ)検事のスキャンダルで、一夜にして時の人となります。起訴された夫の代わりに家庭を守るため、大学の同級生で弁護士のソ・ジュンウォン(ユン・ゲサン)の助けで弁護士として働くことになり、担当する初めての事件として、浮気した夫を殺害したと疑われている女性を弁護することになります。戸惑いながらも無罪を勝ち取ります。テジュンは控訴の準備を進め、テジュンとの電話の後、ヘギョンは離婚届を見つめます。

第1話感想

展開の速さに驚きました。同名の米国ドラマがリメイクされたドラマです。ダイナミックかつ繊細な演出が目立つドラマの韓国版だったので、期待を持たずに観始めましたが予想以上にウェルメイド(完成度が高い)な作品になりそうで、今後の展開に期待が高まりました。重みのある法廷ドラマで、夫テジュンの事件を追いながら小さな事件をヘギョンが担当していくエピソード毎の展開になるので、オリジナルの米国ドラマをどのように差別化するかも、楽しめるポイントの一つです。

優秀な調査員のキム・ダン(ナナ)とヘギョンは無事に担当した事件を勝訴しますが、ダンの謎めいた発言から、過去テジュントダンとの関係が意味深です。ヘギョンの自立をサポートするジュンウォン(ユン・ゲサン)とヘギョンの今後の関係も気になります。ドラマの最後に、離婚届を見つめるヘギョンですが、彼女とテジュンは離婚することになるのでしょうか。信じて欲しいと語る夫テジュンの表情から、まだ隠された何かが存在する予感がします。

チョン・ドヨンの11年ぶりのドラマ復帰作として話題になりましたが、ドラマ「プラハの恋人」を思い出しました。久しぶりのチョン・ドヨンのドラマとあって、今後が期待されます。

チョン・ドヨン 전도연
 2016y12m18d_220640990
 出典:http://www.nocutnews.co.kr/news/4623734
生年月日1973年2月11日身長165cm、体重48kg、血液型O型
映画初出演となった1997年の『接続 ザ・コンタクト』での演技が評価され、韓国のアカデミー賞といわれる大鐘賞と青龍映画賞の新人女優賞を受賞。
プラハの恋人(2005年)ユン・ジェヒ役
映画『シークレット・サンシャイン』(2007年)イ・シネ役
大鐘賞、青龍映画賞、百想芸術大賞、大韓民国映画大賞、春史大賞映画祭、SBS演技大賞、韓国映画評論家協会賞など多数の賞を複数受賞している。

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

グッドワイフ 굿와이프 全16話

quetalsurinoさん

第2話 あらすじ

夫の裏切りを許せないヘギョンは強姦を訴える女子大生から依頼を受けることになります。相手は財閥3世で、調査過程で女子大生イ・ウンジュの過去が明らかになり、誣告罪で逆に訴えられることになります。DNA鑑定結果をすり替えたことを証明したことで誣告罪は晴らしたものの、強姦罪で起訴することが難しくなります。ヘギョンは夫テジュンに何かを頼み、財閥3世のジョン・ハンウクは強姦罪で逮捕されます。そのニュースをみてヘギョンは意味深に微笑みます。

第2話感想

ドラマ「グッドワイフ」は根本的に善悪が明確に区分されないドラマだと思いました。テジュンは財閥ムイルグループの弁護士と内密な取引をします。テジュンが登場するシーンでは緊張感が高まり、テジュンが善なのか悪なのかが明確にされることなく話が進むところが、オリジナルの米国ドラマと共通する点ではないでしょうか。

1話でヘギョンが担当した事件を勝訴できるよう裏で助けた夫テジュンですが、拘置所にいながらも思う通りに人を動かせる力があるようですが、ヘギョンはテジュンの関与をいずれ知ることになると思います。スキャンダルが起きる前までは、夫の野望や欲望に気づかなかったヘギョンは今後夫と対立する関係へと発展するのでしょうか。ヘギョンとジュンウォンとの関係の行方と、3人の関係が話を複雑にさせることになります。

ユ・ジテ 유 지태
2016y12m18d_221336807
出典:http://www.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=65416
生年月日1976年4月13日 俳優、映画監督
2012年、初長編監督作品『Mai Ratima』が釜山国際映画祭で上映

 

グッドワイフ (韓国ドラマ) 3話・4話 あらすじと感想 ユン・ゲサン

 

グッドワイフ (韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー