キルミー・ヒールミー 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●TBSチャンネル1 (2016/9から) 字幕
●テレ玉(2017/8/8から)火曜日10:30から
●アジアドラマチックTV全20話(2017/3/8から)月~金曜日14時から 字幕

キルミー・ヒールミー 킬미힐미 全20話
2015年放送 
平均視聴率 10.0% 시청률 MBC
キルミー・ヒールミー DVD-BOX1
あらすじ

 アメリカで静かな生活をおくるスンジン財閥の御曹司チャ・ドヒョン(チソン)。お人好しで誰にでも好かれる性格だが、実は多重人格という家族にも明かせない秘密を抱えていた。ある日ドヒョンは別人格の一人であるセギの仕業により、いつの間にか韓国へ向かう飛行機の中へ。その帰国途中で覆面小説家のオ・リオン(パク・ソジュン)と精神科の研修医であるリジン(ファン・ジョンウム)兄妹に出会う。その後、ドヒョンはリジンと再会するが、その時ドヒョンはセギの人格に切り替わり、なんとリジンに告白してしまう! セギの行動が全く記憶にないドヒョンと、めまぐるしく変化する彼の様子に混乱するリジン。やがて、リジンはドヒョンが多重人格であることを知り、ドヒョンはリジンに自分の主治医になって欲しいと依頼する。多重人格になった原因を探り始める二人、そこには過去の事故とリジンの影が見え隠れしていた。一方で、セギは主人格であるドヒョンを抹殺し、リジンを手に入れようと画策していて…。

キャスト

チソン チャ・ドヒョン スンジングループ御曹司、多重人格障害

ファン・ジョンウム オ・リジン ドヒョンの主治医、精神科医
パク・ソジュン オ・リオン リジンの双子の兄、推理小説家
ミンソク チャ・ギジュン ドヒョンの又従兄、IDエンターテインメント社長
キム・ユリ ハン・チェヨン ギジュンの婚約者、ドヒョンの初恋の相手

キム・ヨンエ ソ・テイム ドヒョンの祖母
シム・ヘジン シン・ファラン ドヒョンの実母
アン・ネサン チャ・ジュンピョ ドヒョンの父
ミョン・セビン ミン・ソヨン ドヒョンの戸籍上の母
キム・ヨンゴン チャ・ゴノ ドヒョンの祖父、スンジングループ初代会長
キム・ヒジョン チ・スニョン リジンの母
コ・チャンソク ソク・ホピル リジンの指導教授
チェ・ウォニョン アン・グク ドヒョンの秘書

パク・チュンギュ オ・テオ リジンの父
キム・イル チャ・ヨンピョ ギジュンの父
キム・ナウン ユン・ジャギョン ギジュンの母

スタッフ [脚本]チン・スワン[演出]キム・ジンマン
コメントにて随時感想募集中です。

 


以下感想ネタバレあり

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

miikhuwaamsukさんの感想より

現実問題を考えさせられた作品

ある事が原因で7つの人格を持つ多重人格者になってしまった人を描いたドラマです。「24人のビリーミリガン」という本があるのですが、このドラマでチソンさんが演じる多重人格者の特徴が本に登場する人格像に似ている所があるので、このドラマの脚本家さんはこの本を参考にされたのではないかと思います。

2015年の演技大賞でチソンさんはこのドラマで大賞を受賞しました。7人の人格を持つ財閥3世のドヒョン役(チソン)でしたが、チソンさんの演技はそれぞれの人格をしっかりと演じ分け、それぞれのキャラクターを上手に表現した演技力の高さは本当に素晴らしかったです。

相手役の精神科レジデントのオ・リジン役(ファン・ジョンウム)の表情豊かな演技も次から次へと登場する7人の人格に合った演技で対応し素晴らしかったと思います。このドラマで初めてオ・リジンの双子の兄オ・リオン役のパク・ソジュンさんを知りましたが決してハンサムというわけではありませんが、豊かな表情とコミカルな演技が魅力的で好きになりました。

実は彼の所属事務所は、ヨン様ことペ・ヨンジュンさんの事務所なんですよ。ドラマの中ではオ・リオンとオ・リジンのとても仲の良い息の合った兄妹役は見所です。ギジュン役のオ・ミンソクさんは人気ドラマ「未生ミセン」を観て、すっかり彼の虜になってしまったのですがこのドラマではあまり出番がなくて残念でした。それでもあの引き締まった体型と寡黙な感じがとても素敵でした。

このドラマを見て、現実に多重人格という病気で苦しんでいる方や、虐待を受けて苦しんでいる子供の問題に対し真剣に考えるきっかけを作ってくれた良いドラマだったと思います。

kira_kanataさん

チソンの魅力

いつ見ても精悍な表情を見せてくれます。安定した演技力でいろいろな役を演じられてすごいです。この作品では、多重人格者を演じる際も女子高生を演じコミカルな役を演じられるなど幅広い演技力が魅力です。なんといっても1番の魅力はその笑顔です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー