キム課長 9話・10話あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

キム課長 김과장  全20話

第9話視聴率 17.8%

amijkさんの感想より

第9話あらすじ

ユソンが召集した緊急理事会に現れたソンニョンは、TQ宅配を再生させると宣言。これに対抗してユルは、2週間以内に再生案を完成させなければ経理部を解散し、部員たちを他部署に配置換えするというペナルティーを科すことにします。

大口をたたいたものの、実は再生のための具体的な計画など何もないと言って経理部員たちをあきれさせるソンニョン。
ソンニョンとハギョンは、まず現場の声を聞こうと拘置所にいる労働組合員たちに面会。彼らが使用するガソリンスタンドや携帯電話会社などは、決められた取引先があり、その価格は市場の倍はするところばかりだったことが判明します。

ユルはTQ宅配で集まった資金が台湾の銀行に流れ、その最終的な行き先は会計部であることを突き止めます。
経理部ではTQ宅配の会計伝票をチェックしますが、すでに手を加えられた書類なのか怪しい点は見当たりません。
ガウンは会計部長が隠れて書類をシュレッダーにかけるところを目撃し、これを回収。経理部を手伝いに行きます。

ユルは会計部長を脅し、コ本部長とチョ理事が不正を働いていることに確信を持ちます。

第9話感想

ソンニョンはなぜ会社に戻ってTQ宅配の再生に関わろうとしたのかな?と思いましたが、ユソンからの1億ウォンの小切手と、成功したらあと2億というメッセージにひかれてのことだったのですね。彼らしいといえば彼らしいです。

9話では、再生計画に関わることに及び腰なチュ部長の本音も描かれました。娘の大学卒業まで無事に会社勤めをしたいとのこと。そしてソンニョンについても鋭く見抜いていました。過去、どんな人間だったのか知っていてもなぜ受け入れたのかとの問いに、少なくとも周りの人間を裏切ることはないから希望があるのだと答えていました。ソンニョンを信じてくれたチュ部長のためにも、この再生プロジェクトを成功させたいものです。

このチュ部長を演じるキム・ウォンヘは「ひとり酒男女」では公務員予備校の院長役でした。やはりちょっと俗物的なところがありながらも、根は優しくて情に厚いキャラクターで、今回のチュ部長と通じるところがあると思いました。

そしてユル役のジュノ!このドラマで彼を初めて知った人は、俳優だとしか思えないでしょうね。だんだん眼光も鋭くなってきて、口元のちょっとした動きなど、表情の演技が素晴らしいと思いました。
ユルは悪役の位置づけですが、コ本部長とチョ理事の不正に対する反応を見ていると、最終的には経理部のほうに寝返るのではないでしょうか?
TQ宅配再生計画がどんな展開を見せるのか、次回も楽しみです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

 

第10話視聴率 %

amijkさんの感想より

第10話あらすじ

再生プロジェクトが失敗した場合の処罰について知らされていなかった経理部員たちはユルの発言を聞いて戸惑いを隠せません。
プロジェクト成功のためにソンニョンとハギョンは現場の人間から証言を得ようと奔走します。
パク会長は、ユルにいずれTQリテールを任せる意向を伝えます。
会計部にコーヒーを配達した際に経理部が置かれた状況を知るグァンスク。
イ主任に腹を立てたガウンは夜道で彼を奇襲します。

経理部ではTQ宅配が手にしたリベートの推定金額の調査を始めます。
ソンニョンはギオクの父に現場の実情を聞きます。TQ宅配の会計経理部長からも証言を得ようとしますが、難航。
ソンニョンを警戒したユルは、中間報告会を3日後に開くことにします。もし成功した場合にはリストラチームを解散させ、経理部員に無礼を謝罪することを求めるソンニョン。

リベート金額を計算した結果、TQ宅配の内情は「外見は立派でも中身は腐っている」ことが判明。
ソンニョンは粘り強い説得の結果、会計経理部長から証言する約束をとりつけます。勝利を確信して祝杯をあげる経理部員たち。

しかし中間報告会当日、ギオクの父は「今回のリストラは妥当」、会計経理部長も「リベートの話は事実無根」だとまさかの証言をします。

第10話感想

再生プロジェクトに関わることの危険性を知ってしまった経理部員たち。親の病院代、学費のローンなど、それぞれ今の立場を失ったら困る事情を抱えているのですが、成功させる覚悟を決めました。一番大きかったのは「自尊心」だったと思います。もし成功させたら、これまで軽んじられてきた自分の自尊心を回復させられるのではないかと決断してくれました。誰か一人くらい抜ける人物が出るかなと思いましたが(とくにイ主任)、全員残ったのが意外でした。

すんなり行くとは思っていませんでしたが、一番協力的だったギオクの父がユルの圧迫を受けて嘘の証言をしてしまいました。息子の将来を考えたら、そうせざるを得ませんよね…。それにしてもギオクとギオクのお父さんが本当にソックリです。実の親子なのかと思うくらい似ています。

ガウンがシュレッダーから回収した書類を復元させましたが、ソンニョンはスルー?していました。台湾の銀行の書類なので、これがあったら強力な証拠なのに、ここぞというときに使うつもりなのでしょうか?

お気楽に見えるソンニョンもそれなりの覚悟をしているようです。「これが終わったら、自分が犯した罪はちゃんと償う」とユルに話していました。
中間報告会での惨敗を、どう挽回していくのでしょうか?気になります。

キム課長 11話・12話あらすじと感想

キム課長 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー