キム課長 3話・4話あらすじと感想 キム・ヒョンギュ(ドンハ) ジュノ(2PM)ソ・ユル役

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

キム課長 김과장  全20話

第3話視聴率 12.8%

amijkさんの感想より

第3話あらすじ

偶然にもイ課長の妻を飲酒運転の車から救う格好になり、英雄扱いされるソンニョン。ユルからは目立つようなことはするなとクギをさされます。ユルはイ課長の自殺未遂はTQが仕組んだ請負殺人ではないかと疑い始めます。

事故の件で警察に赴いたソンニョンとハギョン。ソンニョンは示談にしないという飲酒運転の犯人の様子を見て真相を見抜き、TQから金を受け取ってイ課長の妻を狙ったことをしゃべらせます。

会計部でインターンとして働き始めていたガウンの正体は検察の特殊捜査部の捜査官。秘密捜査を命じられて潜入していたのでした。キーマンになると思われるソンニョンと親しくなれと言われ、機会を窺っています。

事故を不審に思ったハギョンは防犯カメラの映像を確かめようとしますが、ウィルス感染で消えていたことでさらに疑惑を深め、ユソンに協力する決意をします。ソンニョンは少しずつ経理部員たちの心をつかみ始めていました。役員の経費処理を任されかけましたが、これを阻止しようとするハギョンと言い争いになります。そこへ警察が現れ、ソンニョンを脱税容疑で逮捕しようとします。

第3話感想

図らずも英雄として注目され、「今月の社員賞」まで受賞することになったソンニョン。その賞金を経理部員たちに分けたことで彼らのソンニョンに対する好感度が急激にアップしました。彼は人の気持ちをつかむのがうまくて、感心してしまいます。

意外だったのはユルがイ課長の自殺未遂の件には関与していなかったこと。「知らなければ良かったことを知ってしまった」とソンニョンに話すほど戸惑っていました。そこまで悪人ではなかったようです。TQの社員とは知らず、バッティングセンターで見かけたハギョンに一目ぼれしてしまって、今後はこちらの展開も気になりますね。

インターンを装った検事のガウンや清掃班長の女性など、今後もっと話に絡んでくると思われる人物も次々に登場しています。何事も原理原則を大切にするまっすぐなハギョンに、「おかしい世の中だから、先におかしくなったほうが勝ち」と考えるソンニョン。この二人が協力する展開になるのだろうと予想していますが、今のところその気配は見えません。ひとまず、警察に連れて行かれたソンニョンがどうなるのか気になります。

キム・ヒョンギュ (ドンハ(동하)) パク・ミョンソク役 副本部長
2017y03m02d_155231760
出典:http://tenasia.hankyung.com/
生年月日1992年1月14日
「アクシデント・カップル」(2009)キム・ソッキョン役、ジスの付き人
「華麗なる誘惑」 (2015)シン・ボムス役、ウンスの弟、大学休学中
「ビューティフル・マインド」(2016)ヤン・ソンウン役 レジデント3年目、マザコン

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第4話視聴率 13.8%

amijkさんの感想より

第4話あらすじ

警察に連行されたソンニョン。ドクポ興業の二重帳簿の件が発覚し管轄のグンサンに引き渡されることになりましたが、古びた地下室に連れて行かれ殴られます。気がつくと目の前にはユルがいて帳簿を持っていました。命令通りにひざまずくソンニョンですが怒りを覚えます。
ソンニョンがイ課長のような目に遭うのではと心配したハギョンですが、ソンニョンの以前の行状を聞き、疑いの目で見るようになります。

ハギョンは経理部のチュ部長から会社の内情を聞きだすことに成功します。TQがおかしくなったのは現会長が妻の持病を公にして実権を握るようになってからのことで、順調に見えた業績は6年前から大赤字でした。
ハギョンは会長の片棒を担いでいるとされるソ・ユル理事がバッティングセンターで見かけた人物であることに思い当たります。
インターンを装って潜入捜査中のガウンはソンニョンへのプレゼントに盗聴器を仕掛けます。

中国の会社との取引のためにとんでもなく大がかりな架空の伝票作成を命じられたソンニョン。早いところTQから逃げ出したほうが良さそうだと考え、解雇されることを目的に会長の息子である副本部長の経費を厳格に処理します。激怒して経理部にやって来た副本部長を怒鳴りつけ、暴力までふるって待機室行きになります。

TQはイ課長の妻を虚偽事実の流布などで訴えます。イ課長の妻を追い払おうとする警護員にハギョンが突き飛ばされるのを見たソンニョンは、警護員に殴りかかります。

第4話感想

ユルの感情の振れ幅が大きくてビックリしてしまいました。ソンニョンを服従させるためには手段を選ばない反面、一目惚れしたハギョンの前ではすごく奥手です。サイコパスのようでもあり、純情な少年のようでもあります。でもハギョンは彼の正体を知ってしまいましたからね…。

ソンニョンはだんだんお調子者ではいられなくなってきました。彼は数字に関する能力が高いのに、TQの異常さにもっと早く気づけなかったのでしょうか。タイタニック号に乗らなかった人は運が良かったですが、ソンニョンはすでに船に乗ってしまった格好です。簡単に船から降りられるでしょうか?

それはともかく、解雇されるための芝居とはいえ会長の息子に対して「スイートルームやクラブの費用が業務と何の関係があるのか」とズバッと言い放ったところなどは爽快でした。狙い通り解雇される見込みが立って「やった!」と喜んでいるところも笑えました。
でも、だんだん感情を刺激されることが積み重なって、「隠していた野性が目覚めた」と警護員を殴ってしまいました。今後ソンニョンがどんな選択をして行くのか、注目です。

イ・ジュノ(2PM) 이준호 ソ・ユル役 役柄 TQグループ財務取締役
2017y03m02d_161142127
出典:http://smart.kbs.co.kr/tv/drama/managerkim/
生年月日1990年1月25日 血液型:A型 身長:178cm 体重:68kg
2PM ボーカル。2006年JYP’s Superstar Survivalで6500人の参加者の中から優勝
2016年 記憶 (tvN) ジョン・ジン役

 

【豆情報】※4話で同時間帯に放送のイ・ヨンエ主演SBSドラマ「師任堂~色の日記~」を超える視聴率13.8%を記録しました。

 

キム課長 5話・6話あらすじと感想

キム課長 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー