キム課長 19話・20話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

キム課長 김과장  全20話

第19話視聴率 16.9%

amijkさんの感想より

第19話あらすじ

パク会長に対しいくつもの告訴状を突きつけるソンニョンとユル。パク会長は、先日チェ部長を送り込んできた「大物」に再び会い、賄賂を渡します。

検察ではまたしても、パク会長の件を大事にしないように指示がされます。ハン検事は、確実な証拠を持ってきて起訴しようと発奮します。

盗聴を警戒し経理部で過ごすユル。ソンニョンは作戦会議をする場所として、チュ部長の家にユルを連れていきます。

チョ常務とユルの間で立場を決めかねていたコ本部長とイ部長は、地下駐車場で何者かに連れ去られます。着いた先にはチェ部長がいて、何週間かおとなしくしているように言われ、監禁されてしまいます。

ソンニョンとユルはチェ部長に接触します。チェ部長は交渉しようとし、ソンニョンには30億ウォンを提示します。

不正資金が流れていると疑われているタンザニアの会社がペーパーカンパニーであることが判明。意識不明のイ課長の容体が好転したことに危機感を持ったチョ常務は、イ課長の殺害を指示します。経理部員らはサンテをイ課長に仕立てて逆に罠にはめます。

ソンニョンとユルは元検察庁長だった「大物」に接近し、賄賂のやり取りを撮影。大物はパク会長を見放します。ついに逮捕令状が出ますが、パク会長はアメリカに逃げようとしていました。

 

第19話感想

ソンニョンとユルの掛け合いがますます楽しくなってきました。ソンニョンは、ユルを「捜査のためにTQに潜入していた熱血検事」に仕立てます。途中から皆がユルを「検事」と呼び始めたので、あれっ、まさか本当にユルの目的は潜入捜査だったの?と思いましたが、違いました。ソンニョン同様、よこしまな気持ちを持って入社したんですよね。

パク会長の後ろ盾になっていた「大物」の弱点をつかむため、ソンニョンとユルがウェイターに扮装しました。その際、「歌を歌え」と命令されて、ユルがしぶしぶ歌ったのがTWICEの「TT」でした。振り付きで可愛かったです。ジュノファンは必見のシーンではないでしょうか。

ミョンソクは、父親であるパク会長の悪事をこれ以上放っておいてはさらに被害者が出ると、自らも行動します。パク会長の声色を真似して携帯で指示を出すシーンは、よく似ていて面白かったです。経理部での仕事は相変わらず、のりで書類を貼っているだけみたいですけど、その姿も可愛いです。

後ろ盾を失って、パク会長の逮捕は時間の問題になってきました。次回、最終回ではどんな結末を迎えるのか、キム課長やユルはその後もTQに留まるのか、気になるところです。

【豆情報】特別出演 イ・シオン(ソンニョンをスカウトしに来た検事役)

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第20話視聴率 17.4%

amijkさんの感想より

第20話あらすじ

海外逃亡を図ろうとしていたパク会長。あと少しのところで捕まります。事件の影響でTQの経営は悪化し、不渡りを出しかねない状況に陥ります。パク会長はユソンとチョ常務に留置場から提案を持ちかけます。ユソンは拒否しますが、会社の今後を心配するあまり、ミョンソクはパク会長の指示に従おうとします。

ミョンソクがパク会長の不正資金をスイスの口座から移した先は、経理部でした。兆単位の額に驚く経理部員たち。

パク会長は「大韓民国で企業経営していくのは大変なこと。ときには犠牲を伴ったのも仕方なかった」と控訴します。パク会長には懲役22年の判決が下ります。

ユソンの慰留も固持してユルはTQ を退社。ソンニョンも経理部を去ります。

1年後、チュ部長は本部長に昇進。経理部では回復したイ課長が部長になっていました。堅実な経営を目指しユソンはCFOを公募。ユルは弁護士として内部告発者の力になっていました。ハギョンの誘いでユルはCFOに応募します。ソンニョンのもとには検事がやってきて協力を要請しますが、ソンニョンは断ります。

第20話感想

パク会長が逮捕され、皆のその後もきちんと描かれて終わりました。見どころといえば、ミョンソクが一瞬、会社を守るためにパク会長の言いなりになろうとしたところでしょうか。でも無事、「人間らしく生きる」ことを選んでほっとしました。

パク会長が裁判で語った、企業経営していくのは大変、という言葉はもっともな部分もあるものの、だからといって殺人を企てていいわけはないですよね。

ユルは一旦、TQを離れるものの1年後に復帰。ソンニョンは再びドクポ興業の社長に誘われて、ナイトクラブの経理を見ている模様で、TQで働く気はなさそうでした。ハギョンはソンニョンとは何もなく、ユルのことはまた迎えに行っていました。いい感じなのかなぁ?

見るとサイダーのようにスカッとするドラマとして人気を得た「キム課長」、結末もしっかり描いて幕を閉じました。

キム課長 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー