キム課長 1話・2話あらすじと感想 ナムグン・ミン ナム・サンミ

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

キム課長 김과장  全20話

第1話視聴率 7.8%

amijkさんの感想より

第1話あらすじ

ナイトクラブを運営するドクポ興業の経理を担当しているソンニョン。デンマークへ移民するための資金10億ウォンを貯めたいと考えています。流通業界の大手企業、TQグループの経理部では有休を取っていたはずのイ課長が自殺未遂で意識不明に。会社の金の横領と賭博の疑惑がかけられていますが、普段の彼からは考えられないと経理部の代理、ハギョンは信じません。経理部は会計部から下部組織の扱いを受け、何かとぶつかっています。

ソウル中央地検の検事ソ・ユルは正義の追求よりも勝つ見込みのある案件を担当したがるタイプです。イ部長の後釜について話し合うTQの会長とユル。プライドなどなくて使い捨てできる人物を選ぼうということになります。

ドクポ興業でクビを切られそうになったソンニョンは慌てて帳簿をコピー。TQ グループが中途社員を募集していることを知り、大企業ならばもっとお金をかすめ取れると応募します。実技試験は誰より早く終わらせ、面接ではオーバーなほど熱意をアピールしました。

帳簿をコピーしたことがばれて事務員のグァンスクを人質にとられてしまい、ガスボンベを持ってナイトクラブに乗り込むソンニョン。その対決の最中にTQグループ入社試験の合格の知らせが届きます。

第1話感想

テンポ良く話が進んでとても面白かったです。ナムグン・ミン演じるソンニョンはとても不思議なキャラクター。悪いとも思わずに会社のお金を懐に入れている人物です。ただ、悪人が改心するという話でもなさそうで、グァンスクを人質に取られてしまったときにはミカンを花びら占いのようにひと房ずつ「助けに行く、行かない…」と数えたあげく、無理やり皮を飲み込んで「行く」にしてしまいます。そんなところで実は優しい性格だということが垣間見られました。

ガスボンベを持っていたので何の事故を起こすつもりかと思いましたが中身はヘリウムガス。突然、社長の声がアニメのようになったので音声の不具合かと思ってしまいました。そんな愉快なシーンがあるのもとても楽しかったです。

「韓国に腐っていないところはない」などというセリフも飛び出すこのドラマ。でも深刻にならず、気軽に楽しめる雰囲気で現状を風刺していくドラマのように感じました。今後の展開に期待です。

【豆情報】※特別出演 ドクポ興行の代表、ペ・ドクポ役でキム・ウンスが特別出演しています。出演作に「太陽を抱く月」(ユン・デヒョン役)など。

ナムグン・ミン 남궁민 ソン・ニョン役
2017y02m05d_220242344
 出典:キム課長 김과장 公式サイト
生年月日1978年3月12日 俳優。身長179cm 体重70kg 血液型 B型
2002年、シットコム『大当たり家族』(SBS)でデビュー。2004年、『かけがえのない我が子』(KBS)で初主役。
リメンバー~記憶の彼方へ~ (2015-2016/SBS)ナム・ギュマン 保険会社イルホ生命常務、サイコパス
ホジュン~伝説の心医~ (2013/MBC)ユ・ドジ 医官、ジュンのライバル
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話7.2%

amijkさんの感想より

第2話あらすじ

TQ グループに合格したソンニョンはソウルへと引っ越し、意気揚々と初出勤の日を迎えます。ところが途中立ち寄ったコンビニで、以前にもトラブルがあったハギョンとおむすびの取り合いに。なんとか経理部にたどり着きますが部員たちからは歓迎されません。会計部の部長からは、経理部の皆に知られずにするべき仕事があると告げられます。

ソウル中央地検の検事だったユルは検事を辞めTQグループの理事に。意識不明のイ部長の自殺未遂の真相について、背景に粉飾会計があるという噂が広まります。ハギョンは会長夫人で自身も代表を務め、TQ創業者の娘であるユソンに呼ばれ、会社の不正を暴いて正してほしいと頼まれます。自分には荷が重過ぎると悩むハギョン。

ユルはソンニョンに、学歴もスペックもないソンニョンを選んだのは自分であり、彼の過去も知っていることを告げて威嚇します。会社の前で足を滑らせたソンニョンは、一人デモをしていて車に轢かれるところだったイ部長の妻を突き飛ばします。

第2話感想

2話にしてもうソンニョンはTQグループに入社します。こんなストーリー展開の早さがいいですね。グンサンの家を引き払ってソウルに向かうときの回想シーンが印象的でした。ソンニョンが幼いころ、お父さんはやはり経理をしていてとても実直な人だったようです。おそらく不正を見逃すことができなくて、職場を転々としていたため幼いソンニョンを連れて引越しも多かったんですね。

ソンニョンはTQの面接でお涙ちょうだい的なエピソードを披露していましたが、全くの嘘でもなかったのかな?と思いました。

このドラマには2PMのジュノが出演することも話題ですが、彼が演じるソ・ユル検事もなかなか個性的な人物です。外見からは爽やかでまっとうな検事に見えたのですが、後輩の意気をそぐような発言を重ねた挙句、検事を辞めてTQに入ってしまいました。会社での地位が違い、有罪スレスレのことを重ねてきたとはいえ、どう見ても年上のソンニョンにすごい態度をとっていました。

意識不明のイ課長は会社の不正を内部告発しようとしていて消されることになった様子。彼が残したであろう不正の証拠はどこで見つかるでしょうか?

2話での笑えるシーンはソンニョンが転倒するシーンでした。「恥ずかしい!」という気持ちから強がって立ち上がり、頭から滝のように血を流すところは、思わず(もちろん、ドラマだからですが)爆笑してしまいました。

【豆情報】※主題歌 DinDin(딘딘) 「Must Be The Money」

ナム・サンミ 남상미 ユン・ハギョン役
2017y02m08d_202203981
出典:キム課長 김과장 公式サイト
生年月日:1984年5月3日 身長:164cm、体重:45kg 血液型:A型
結婚の女神 (2013/SBS)ソン・ジヘ ラジオ作家、農園の娘
食客 (2008/SBS)キム・ジンス 出版社契約社員、記者
恋するスパイ (2005-2006/MBC)イ・スネ 新人警察官

キム課長 3話・4話あらすじと感想

キム課長 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー