キスして幽霊!13話・14話・15話・16話(最終話) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~(戦おう、幽霊) 싸우자 귀신아 全16話

第13話 あらすじ

ヒョンジは自分を幽霊から救ってくれたボンパルに一層惹かれていく。だが、ボンパルはヒョンジの母やミョンチョル和尚に交際を反対され、身を引く決心をするのだった。一方、イルランとチョンサンはヒョンジのひき逃げ事件の目撃者を探し始める。やがてヒョンジは退院するが、ヘソンは監視を続けるために彼女の心理治療を担当。そんな中、ヘソンに誘われて大学の講義を聴講したヒョンジは、ソヨンとボンパルの親しげな姿を目にして…。

http://kandera.jp/sp/kissyurei/

kashinekoさん

第13話 感想

霊魂だった時期の記憶は消えてしまいましたが霊が見える能力だけ残ってしまったヒョンジ。そんなヒョンジをボンパルが守ったことで、ヒョンジはボンパルを見直し、また恋愛モードに。以前と立場が逆転して、必死にヒョンジの気を引こうと頑張るボンパルが可愛いですね。しかし、幽霊を見てショックを受けた時に一緒にいたボンパルにヒョンジの母親はよく思っていなく、会うこと自体に反対をします。どこまでもうまくいきませんね。

ヒョンジはチュ教授の誘いを受けて大学の講義に顔を出しますが、幽霊の時はほとんど衣装が変わり映えしなかっただけに大学生らしい私服を着るととっても可愛いです!オフショルのブラウスに真っ青なミニスカで髪の毛も巻いていたりします。今後はヒョンジのキャンパスファッションも楽しめそうです

第14話 あらすじ

たびたび幽霊を目にするようになり、ひどく怯えるヒョンジ。ボンパルは何があっても幽霊から守るとヒョンジに約束し、一緒に護身術のトレーニングを始めるが…!? そんな中、ボンパルはミョンチョル和尚から父親の死を知らされ、大きなショックを受ける。葬儀に駆けつけたヒョンジは、自分が5年前にボンパルの父に出会ったことを思い出す。一方、ミョンチョル和尚はヘソンに悪霊が取り憑いていることに気づき、巫女の元を訪れて…。

http://kandera.jp/sp/kissyurei/

kashinekoさん

第14話 感想

この回はチュ・ヘソンの不気味さが目立ちます。穏やかな顔を保ちながらヒョンジに近づく様や、和尚に自分が悪霊であるということを認めた時のおぞましさはゾクゾクしました。チュ・ヘソンを演じたクォン・ユルさんは、このチュ・ヘソンの正体が明らかになる、ミョンチョル和尚の首元を絞め車に叩きつけるシーンが一番印象に残っていてお気に入りだそうです。

チュ・ヘソンは幼い頃、家庭内暴力をふるう父親から母親を見て、父親を憎く思い、そんな心の隙間に入り込んできた悪霊に心を乗っ取られてしまいました。そういう意味では、彼は被害者といえます。こんな風に血も涙もない悪霊として生きなければならなかったのには、それなりの理由があったわけです。そう考えると可哀想だなと思いますし、悪役として説得力が増しますね。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第15話 あらすじ

ボンパルはミョンチョル和尚からヘソンの正体について聞き、ヒョンジに危険が迫っていることを知る。その頃、交通事故に遭ったときの記憶をすべて思い出したヒョンジは、ヘソンに車で連れ去られ、廃ビルに監禁されていた。ヘソンは巫具を渡すようヒョンジに迫るが、それがボンパルにとって重要なものであることを知るヒョンジは口をつぐむ。ボンパルはチョンサンとイルランの助けを借りて、ヒョンジの居場所を突き止めるが…。

http://kandera.jp/sp/kissyurei/

kashinekoさん

第15話 感想

チュ・ヘソンは自分を倒すための数珠を奪うためヒョンジを誘拐します。ここでの対決シーンで廃墟となった地下鉄が出てきますが、実際は下水処理場で撮影を行ったそうです。夏の暑さの中での長時間の撮影で体力的には大変だったようですが、クライマックスにふさわしく迫力があり、しっかりと描かれてますね。和尚さんが倒されて死んでしまうのではないかとハラハラしました。

テギョンさんは和尚役のキム・サンホさんと「本当に良い時代」以降2度目の共演となります。「キム・サンホさんのおかげで作品全体に重みが出た。」と語っています。2人で脚本やキャラクターについて話し合ったりしながら役作りをしたようです。キム・サンホさんはアドリブが多い俳優としても知られますが、あまりにも自然なアドリブなのでテギョンさんは当惑せずに反応したそうです。

第16話 あらすじ (最終話)

ヒョンジを無事に救い出し、家まで送り届けたボンパル。ヒョンジの母はボンパルと関わったせいで娘が再び危険な目に遭ったと腹を立て、ヒョンジのことはもうあきらめてほしいと告げる。翌日、ソウルを離れて故郷の家に戻ったヒョンジは、ボンパルと同じ大学を目指して受験勉強を始める。一方、善良な心を取り戻したヘソンは警察署ですべての罪を認め、刑務所に入る。時が流れ、ボンパルはヒョンジから入試結果の連絡を受けるが…!?

http://kandera.jp/sp/kissyurei/

kashinekoさん

第16話 感想

母親に交際を反対され、遠距離恋愛をするボンパルとヒョンジですが、無事、ヒョンジが大学に合格しキャンパスライフをエンジョイします。幽霊の時は分からなかったものの実際のヒョンジは大学でモテモテ。「経済学科のクイーン」と呼ばれ合コンに誘われるヒョンジにヤキモチをやいたりと、最終話はとても平和でした。

ボンパル役のテギョンさんは、ヒョンジ役のソヒョンさんと息ピッタリで、年の差が11歳ということを感じさせないフレッシュな演技でした。そして年下であるにも関わらず、キャリアが長いソヒョンさんから演技について色々学んで助けられたと語っています。確かにソヒョンさんはどんな演技もとても上手いですよね。テギョンさんとソヒョンさんはとても可愛いカップルだったので、今後も違う作品でお目にかかりたいですね!

 

キスして幽霊! 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー