キスして幽霊!1話・2話・3話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

キスして幽霊!~Bring it on, Ghost~(戦おう、幽霊) 싸우자 귀신아 全16話

kashinekoさん

第1話 あらすじ

主人公、パク・ボンパル(テギョン(2PM))は幼い頃から幽霊を見ることができ、触ることもできてしまう。そんな体を治すために治療費として必要な10億ウォンを目指して、幽霊退治のアルバイトに勤しむ日々を送っていた。ある日そんなボンパルに「1000万ウォンで女子高生の幽霊を退治してほしい。」という割のいい仕事が入ってきた。夜の高校に忍び込み女子高生の幽霊、キム・ヒョンジ(キム・ソヒョン)と対峙するが、ボコボコにやられてしまう。後日、ボンパルは再びヒョンジと戦うが、階段から落ちる際にキスをしてしまう。

第1話 感想

アクションが多く、基本的にはコメディーなので、軽い気持ちで観られる作品。ただ、幽霊のクオリティーが高いのですごくホラーが苦手な人は心して観た方がいいかもしれませんが、怖いのが苦手な私でも普通に楽しめました。

今作の2PMテギョンさんもそうですが、IUさんやJYJのユチョンさんなど、やはり韓国は歌手やアイドル出身でも演技力がとても高いですね。キム・ソヒョンさんは大好きなドラマ、「太陽を抱く月」や「会いたい」などで子役を演じていて、その頃から善人の役だけでなく悪役としても圧倒的な演技力で注目していましたが、今回もとてもキュートな演技で魅了します。同じく「太陽を抱く月」に子役として出ていたキム・ユジョンさんもそうですが、子役出身で成功したタイプですね。第2話以降も楽しみです!

 

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

kashinekoさん

第2話 あらすじ

ボンパルとキスをしたことで生前の記憶を少しだけ思い出したヒョンジは、もう一度キスをして記憶が戻るかを確かめるために、ボンパルにつきまとうことに。ヒョンジはボンパルが同じ大学の先輩であるイム・ソヨンに想いを寄せていることに気づき、チュ・ヘソン教授の講義の助手のペアを組ませる。そんな中、ボンパルは古い民宿にいる恐ろしい幽霊を退治するという新規の依頼を受け、ヒョンジと共に民宿を訪れる。

第2話 感想

1話ではよく分からなかったボンパルが他人に壁を作る理由が2話の冒頭で明らかになります。幼い頃から幽霊が見えるせいで周りに変人に思われがちなんですね。そのせいで自分から人と距離を置くようになったようです。そう思うと1人でお弁当を食べている姿が可哀想に見えます。ちょっと哀愁ただよう演技も、テギョンさんは上手いですね!

そんな中、廃部寸前でどうしても会員がほしい幽霊サークルのメンバー、チェ・チョンサンやキム・イルランがボンパルを勧誘しますが突き放されます。

このチョンサン役のカン・ギヨンは同じ系統のドラマ、「ああ、私の幽霊さま」にも出演していました。そこでもとてもひょうきんで面白い演技を見せていましたが、ここでも愛嬌のあるキャラクターなので愉快な演技が期待できそうです。

2話以降、チュ・ヘソン役のイケメン、クォン・ユルも姿を見せますし、今後の展開への期待が高まります。

 

kashinekoさん

第3話 あらすじ

幽霊の弱点が分かるヒョンジにこれからも幽霊退治を一緒にしたいとお願いするボンパル。ヒョンジは生前の記憶を思い出すために承諾し2人は共同生活をすることに。そんな中、自殺したアイドルの幽霊がネットにひどい書き込みをした人々を襲う事件が起こる。ボンパルの大学の先輩、ゴーストネットの部員であるチョンサンも事件に巻き込まれ、親友のイルランはボンパルに助けを求める。

 

第3話 感想

共同生活が決まり、歯ブラシなどを用意してもらって、「死んでから初めて人にプレゼントをもらった。」と喜ぶヒョンジが可愛らしいです。そして幽霊のくせに肉好きで、食い意地が張ってるところも可愛らしい。幽霊と戦う時は一気に戦闘モードで戦うので、そのギャップもいいですね。キム・ソヒョンさんはこのような激しいアクションは初めてですが、見事に演じきってますね。

今回、このように可愛らしい役ですが、子役の頃は悪役が多く、本人は悩んでいた時期もあったそうです。おそらく、演技力が高すぎるためにイメージが鮮明に残ってしまうためでしょうね。「屋根部屋のプリンス」「太陽を抱く月」での悪役は本当に意地悪そうに見えました。しかし「会いたい」でヒロインの子役として善人役を演じた際に(レイプされるという強烈な役ではありましたが)その演技力がまた評価され善人役をこなすことも増えましたし、善人役でも悪役でも話題のヒット作に出演し続ける彼女の今後に注目したいです。

 

キスして幽霊!4話・5話・6話 あらすじと感想

 

キスして幽霊! 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー