カフェアントワーヌの秘密 5話・6話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

カフェ・アントワーヌの秘密 마담앙트완 全16話

第5話 あらすじ

#5 ライバルは兄弟!?

愛を告白する女性の姿が映っている動画を見たヘリムは、スヒョンがプロジェクトの本当の目的を隠しているのではないかと疑い始める。その頃、ヘリムに対する想いに気づいたスヒョン。プロジェクトのために気持ちを抑えようと自分に言い聞かせるが、ヘリムとスンチャンが抱き合う姿を見て嫉妬を覚える。そんなスヒョンにスンチャンは、ヘリムを本気で好きになったと告白する。そうした矢先、動画に映っていた女性がカフェに現れ…!?

http://kandera.jp/sp/antoine/

みんみんさん

第5話 感想

へリムのカフェの建物ですが、家主は化粧品会社の会長なんです。女性心理を把握して化粧品の新規開発をするためにカフェ2階の心理センターを後援しているのですが、この会長がちょっと食わせ者っぽいんですよね~。へリムを心理センターの顧問にして、心理センターでの実験内容をスパイさせているんです。へリムは住まいがこの建物の3階ですから、夜に心理センターに忍び込みスパイをしているという伏線もこのドラマにはあるんです。

そして、前回女性が映った動画を盗みましたが、今回その動画に映っていた女性が心理センターに現れたから興味津々。心理センターとこの女性の間に何があったのか?なぜ女性の動画が心理センターにあったのか?へリムは女性と会い、女性の受けた「恋愛に対する心理実験」のことを聞くのです。

「んっ?」「このパターンはまさしく今の私の状況に当てはまるじゃないか?」と心理実験の目的が分ってしまったへリムの怒りは凄まじい!本当にそうですよ。「恋愛に対する心理実験」なんて治験者が可哀想な実験を思いつくスヒョンは、変人ですよ!

でも、スヒョンは本気でへリムのことが好きになりかかってきたみたい。その矢先にへリムの激怒!なんとか上手くごまかし、なだめて納得させるように仕向けましたが、へリムとしては半信半疑。もともと感の鋭い女性ですからね・・・。

スヒョンはへリムを意識し始めますが「そんなはずはない!これは実験なんだ!」と言い聞かせながらもへリムが気になるスヒョンに弟のスンチャンが「へリムを本気で好きになった」と報告しに来たから、スンチャンの動向も気になり始めます。スヒョンの甘い言葉の数々に惑わされてきたへリム。一筋縄ではいかない恋愛模様が始まりそうな予感がしてきましたよ~。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第6話 あらすじ

#6 恋という誤算

ヘリムへの気持ちを抑え切れなくなったスヒョンは、スンチャンとジホを集め、自らプロジェクトの参加者から外れることを宣言。さらに、ヘリムと距離を置くために、ヘリムにもセンターの顧問を辞めて欲しいと告げる。スヒョンに突然冷たく突き放されたヘリムは、ショックからスンチャンの前でやけ酒をしてしまう。葛藤しながらもプロジェクトを続けるスヒョンは、新しい参加者の男性を見つけ出し、ヘリムに接近させるが…。

http://kandera.jp/sp/antoine/

みんみんさん

第6話 感想

スヒョンの弟(腹違い)のスンチャンは無邪気で可愛いわ~☆スヒョンの心理学の師匠のミランもスンチャンにトキメイテいるみたい♪周りにいる人を笑顔にすることができるスンチャンは、愛情たっぷりに育てられたみたいだけど、兄のスヒョンは何か幼いころのトラウマがあるみたいね。これが心の中にある向かい合えない傷なんでしょうね。実際に何があったんでしょうか?

スヒョンが本気でへリムのことを好きになったんじゃないか?と気づいたのは弟のスンチャン。自分もへリムのことが好きだからか?それとも兄弟ならではのことか?とにかく、弟にへリムへの気持ちがバレバレになってしまい威厳が保てなくなったスヒョンは、実験から降りると宣言しへリムのカフェ2階から出ていくことにすると言うが・・・。

へリムの妹のユリムも可愛いんですよ!スヒョンの部下のジホを好きになり、初めはジホにお姉ちゃんの情報を流していたけど、ジホのことが好きになったみたい!「お姉ちゃんはキスが好きなのよ」「僕、経験がありません」「何?キスしたことが無いの?!じゃぁ私が教えてあげるわ!」って調子で自分から濃厚なキスをしてますよ!姉に劣らず妹もちゃっかりしています。

スヒョンはへリムの実験続行の為、自分に変わる人物探しを始めますが・・・。この辺りのスヒョンの言動は面白かったです。

カフェアントワーヌの秘密 7話・8話 あらすじと感想

カフェ・アントワーヌの秘密 (マダム・アントワーヌ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー