カフェアントワーヌの秘密 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

カフェ・アントワーヌの秘密 마담앙트완 全16話

第11話 あらすじ

#11  仕返し大作戦

2回目のプロジェクトがあると知ったヘリムは、スヒョンへの復讐を決意。自分が受けてきた実験をスヒョンにやり返す作戦を計画し、美人で若い女性をスヒョンに接近させる。ところがそんな矢先、スヒョンの実験日誌を見つけたヘリム。そこにはプロジェクトとヘリムへの想いの間で葛藤するスヒョンの本心が記されていて…。その頃、センターに勤めるミランはスンチャンへの想いを密かに募らせていた。ヘリムはその想いを偶然知ってしまい…

http://kandera.jp/sp/antoine/

みんみんさん

第11話 感想

実験が継続していることを正直に話さないスヒョンに苛立ち「もう本人からの謝罪の告白のチャンスをあげるのは止める!」と宣言したヘリムに、スンチャンとジホは「まだ実験には2回目のプロジェクトがありますよ」と。もう本当にバカじゃないの?!そんなこと言ったら、またヘリムが発狂するに決まってんじゃないの?このばかコンビ!君たちが話を複雑にしているような気がするんだけど・・・。

ヘリムもヘリムでムキになって「自分がされたことと同じ実験をする!」と言って、ユリムに美人を探してと頼みながら「これもダメ」「あれもダメ」と注文の多いこと!ユリムも呆れるよ。

ヘリムの怒りの原因が分からないスヒョンも困り顔。そんな矢先にミラン先生が倒れて甲状腺がんが進行していると聞かされたら、スヒョンもヘリムにばかり構っていられないですよ、大切なな師匠ですもの。ミランの「死ぬまでにやりたいことリスト」を見てしまったヘリムはミランがスンチャンのことが好きだと知るのですが、スンチャンからしたら母親くらいの年齢差ですよ~。でもスンチャンと一緒にいるミランのカワイイこと、恋をすると相手によく思われたい女心が分かって、見ている方は応援したいけれど・・・ねぇ?スンチャンは誰にでも親切ですからね。スヒョンみたいにひねくれていない素直なじんぶつですもん。そこがスンチャンの魅力。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第12話 あらすじ

#12 愛? それとも実験?

スヒョンがプロジェクトを続けていると知り腹を立てたヘリムは、頭に花を飾って告白して欲しいとスヒョンに無理難題を突き付ける。スヒョンは悩みながらもラジオで公開告白をし、喜んだヘリムはスヒョンを抱きしめる。その晩、ヘリムはスヒョンを部屋に招いて楽しい時間を過ごすが、突然スヒョンがビデオレターを贈って欲しいと言い出す。それがプロジェクトの課題だと知っていたヘリムは、ショックを受け、スヒョンに別れを言い放つ。

http://kandera.jp/sp/antoine/

みんみんさん

第12話 感想

つきあい始めにヘリムがスヒョンを信用できないと毎日の日記提出をさせ、これは継続しています。毎日、日記を届けるスヒョンが怒ってばかりのヘリムに「俺にばかり愛情表現が足りないと要求するが、君はどんな愛情表現を僕にしてくれたことがあるんだ?!」と逆ギレされ、ヘリムからも毎日の日記提出を要求したスヒョンです。

そうですよね、今までのヘリムは自分が実験対象であったことばかりに文句を言って、スヒョンがヘリムのことを好きだといくら言っても「信用できない」「愛情が感じられない」と小言ばかりでしたからね。

スヒョンから痛いところを突かれ「僕にも同じ愛情表現として日記を提出してくれ!」と怒られた納得したヘリム。そうですね恋愛はwinwinじゃないとね。スヒョンの言うとおりです。

早速、日記を書きスヒョンのオフィスに届けダンスまで踊ったヘリムにスヒョンが「よくできましたの判子があれば押しているけど判子がないよ」というと、ヘリムは甘えて「あるじゃな~い♪」とキスをせがんで、めちゃくちゃ上機嫌でカフェに戻ってきたのに、またジホが余計なことを!!もう、ジホのダメダメ君ぶりにため息が出ちゃう・・・。

「次のプロジェクトでは日記の提出と頭に花を挿して愛の告白というのがあります」って・・・。スヒョンの考えることもバカみたいな事ばかり考えていますね。

ということで、まんまと日記の提出をしてしまったヘリムは、スヒョンに対してプロジェクトの先回りをします。「私のことが好きなら頭に花を挿して愛の告白をしてちょうだ~い♪」そしてまさかやるとは思わなかったけど、スヒョンがやってのけるのにはビックリ!!スヒョンも頑張るね。私から「よくできました」のキスをあげようかしら?

 

カフェアントワーヌの秘密 13話・14話 あらすじと感想

カフェ・アントワーヌの秘密 (マダム・アントワーヌ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー