カフェアントワーヌの秘密 1話・2話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

カフェ・アントワーヌの秘密 마담앙트완 全16話

第1話 あらすじ

#1 ニセ占い師 VS 心理学者

カフェ〈マダム・アントワーヌ〉を経営しながら、占い師として働くバツイチアラサー女子ヘリム。ある日、2階にカフェと同じ名前の心理相談センターが引っ越してくる。センター長は世界的に有名なイケメン心理学者スヒョン。だが、相談に訪れる患者をヘリムの占いに奪われてしまう。腹を立てたスヒョンは心理実験「タイプが違う3人の男性を1人の女性に接近させた場合、どのタイプを選ぶか」というプロジェクトのターゲットにヘリムを選び…。

http://kandera.jp/sp/antoine/

みんみんさん

第1話 感想

まずは主役の二人のことを語らないと!「美女の誕生」でその美しさとスタイルの良さをこれでもかーーー!!と見せつけてくれたハン・イェスル♪と”今’を代表するイケメン売れっ子俳優のソンジュン!まさに旬の組み合わせのドラマ放送情報を聞きつけてから、この放送日を楽しみに待っていました(^_-)-☆

まだ1話を見ただけでは、詳しい内容が不明の部分もありますが・・・。ソンジュンは『ジキルとハイドに恋する恋する私』でも心理学者役でしたね。優しく親切そうな(?!)笑顔で私も診察してもらいたーい(^-^)けれど、今回も心に傷を抱えた心理学者のようですね。自分の心の傷と向き合うことのできない心理学者と心理学の本を2~3冊読んだら分かる程度の知識を、美しい笑顔とデタラメなフランス語を駆使し、あとは話術だけしか能力のないバツイチ子持ち占い師のストーリーみたいです。

心に傷を抱えている心理学者の心理実験は、治験者の心に新たな傷を平気で与えるひどい実験です。実験の狙いは「本当の愛は存在しない証明」というから、この心理学者の心の歪み具合が分かりますね。まずは第1段階の実験は終了し、第2段階の実験の治験者を探しています。更に”マダム・アントワーヌ”の名前で占いカフェを営業しているビルの2階にわざわざ同じ名前”マダム・アントワーヌ”心理相談センターを開設することから、揉める二人。

そして、初対面からのお互いの心理状態を観察するという、心理バトル!自信満々の心理学者をやり込める占い師にやや軍配が上がったかな?

次回になると話の大筋の部分が見えてきそうです。楽しみにして待ってま~す。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第2話 あらすじ

#2 突然モテ期

スヒョンのセンターの顧問として働くことになったヘリムは、スヒョンの弟で元野球選手のスンチャンとセンターの助手ジホから突然アプローチを受ける。そんな中、視力低下に悩まされている新体操選手マリがセンターを訪れる。ヘリムはその原因をいち早く見抜き、またしても患者はスヒョンではなくヘリムのことを慕う。プライドを傷つけられたスヒョンは、3人目の男性として自らプロジェクトに参加し、ヘリムに仕返ししようと考えるのだった。

http://kandera.jp/sp/antoine/

みんみんさん

第2話 感想

さぁさぁ、いよいよ心理学者VSインチキ占い師の戦いのゴングが鳴りました~!治験対象者として狙われたヘリムに男どもがあの手この手で近づいてきます。

でも、バツイチ子持ちのしかも詐欺師まがいに洞察力の鋭いヘリムには通用しません。そりゃそうよ、元旦那は死んだって言ってるけど、他に女を作って離婚したらしいじゃないの?修羅場をくぐって来た子持ちの女がそう簡単な手で落ちるわけないじゃないの!?ほらほら、年下男性諸君!もっと捻りをきかせないと、そんなやり方では中学生だって落とせないよ!頑張ってね~♪

そして、プライドを傷つけられたセンター長のスヒョン。もう、ムキになって実験に参加するなんて・・そこが子供じみてるんだわ ( ゚∀。 ) でも、さすが心理学者として数々の表彰をされただけはあるわね。他の男性諸君とは違い心理学に基づいて、ジワリジワリとヘリムを落としにかかってきたわよ!ま、ここら辺は学者と素人の違いだから仕方ない・・と言うか、スヒョンむきになりすぎ~。

心理学者で他人の心理を読んできたスヒョンの記憶の奥深くに眠らせていた(多分忘れたい)記憶の断片を一瞬にして取り出してみせたヘリムに仕返ししてるだけみたい。他人に心の中を見られるのが嫌で心理学者になったのかしら?今はまだ断片的にしか思い出せていない記憶とは一体どんな記憶なんでしょうか?ずっと忘れていた記憶はなんだか悲しい記憶のような感じですね。これは、おいおい明かされて来るのでしょう。

 

カフェアントワーヌの秘密 3話・4話 あらすじと感想

カフェ・アントワーヌの秘密 (マダム・アントワーヌ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー