カノジョは嘘を愛しすぎてる 11話・12話 あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

カノジョは嘘を愛しすぎてる 그녀는 거짓말을 너무 사랑해 全16話

quetalsurinoさん

第11話 あらすじ

大好きなカン・ハンギョル(イ・ヒョヌ)との初キス後、秘密恋愛を続けるハンギョルとソリム(ジョイ)。二人の関係に気づいたソ・チヤニョンはハンギョルにソリムをとられてしまいそうで心配になります。

チヤニョンのおっかけのイ・セジョンは再びイ・ギュソンに近づき、ギュソンのIDでSNSに接続します。アップされた写真のうち、チヤニョンとソリムが仲良く映っている写真を目にする瞬間、表情を変えます。

ソリムとチヤニョンが映った写真と共に二人のスキャンダルが記事になり、ソリムは辛い立場に立たされます。記事を確認したギュソンは、犯人がセジョンであることに気づきます。チヤニョンがプロヂュースしてデビューを果たしたMUSH&Coは活動を停止させ、チヤニョンではなくハンギョルにソリム達のプロヂュースを任せようとするチェ・ジンヒョク代表の意図をよんだのか、チヤニョンはひどく代表に反抗することになります。

ハンギョルとソリムの関係に嫉妬したチヤニョンは、ハンギョルにソリムへの気持ちを伝え、ソリムから離れるよう言います。ハンギョルも引き下がらない態度をみせます。

 

第11話 感想

原作のコミックが好きなので、11話は少しがっかりした展開でした。ソリムとチヤニョンのスキャンダルのもとを探る事務所の方法に疑問を感じました。さらっとエピソードを終わらせ次の展開につなげることができるはずだったのですが、ドラマの特性上でしょうか。無意味に長く描かれた気がしました。コミックだとあり得るシチュエーションでもドラマでは無意味に長く感じることがあるようです。

両想いで、初のキスをした二人だったので、個人的には本格的にドキドキすることができると期待が高まりましたが、残念にも第10話ではドキドキするポイントがなかった気がします。あと、前から気になっているソリムのハッキリしない態度が、チヤニョンを誤解させるきっかけになっているようです。ソリム、ハンギョルとチヤニョンの三角関係は、チヤニョンがハンギョルに嫉妬した結果の可能性があると考えました。チヤニョンがハンギョルにソリムへの気持ちを伝えたことで、今後さらにエスカレートしそうです。

第10話でも気になった、チヤニョンの父、カン・イヌですが、彼はフーエンターテイメント代表からのオファーを受け入れ、新しいアルバムを発売することになるのでしょうか。何度も登場するイヌの新しいアルバムの話が何度も登場することから、今後の展開に重要なかかわりがありそうな予感がいまだ残りました。

ドキドキ感が足りない気がします。ドラマが始まった頃とは違いハンギョルがすごく優しく変わりました。優しいハンギョルにもっともっとドキドキしたいです!

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

quetalsurinoさん

第12話 あらすじ

倒れた祖母は入院することになり、ソリム(ジョイ)は入院中の祖母の看病のため病院に泊まることになります。ソリムのため、ハンギョル(イ・ヒョヌ)はお弁当やおやつを作ります。クリュードプレイとの練習に遅れたハンギョルをチヤニョンは非難し、結局二人は喧嘩をすることになります。

父のカン・イヌを訪ねたハンギョルはフーエンターテイメント代表のユ・ヒョンジョン代表と一緒にいる父の姿に、複雑な心境になります。父とユ代表の関係が気になるものの、聞き出せないハンギョル。

ユ代表はソリムをアイドルユニットのセンターとして活動させる計画で、そのプロヂュースをハンギョルに任せようとします。しかし、MUSH&Coとして活動を続けたいソリムの気持ちを尊重したハンギョルはオファーを断ります。ユ・ジョンヒョン代表はチェ・ジンヒョクにプレッシャーをかけ、MUSH&Coのショーケースでチャニョルの曲ではなく、ハンギョルの曲を歌わせます。舞台から降りたソリムはハンギョルではなく、チヤニョンのもとへ向かいます。すべてがハンギョルのせいだと思ったチャニョルは姿を消し、チャニョルの代わりにクリュードプレイにハンギョルが参加することになります。

第12話 感想

ハンギョルとユナの関係に嫉妬するソリムで、ハンギョルはソリムを安心させるため、ユナとは一定の距離を保ちますが、ソリムはハンギョルではなく、チャニョルに気を使い過ぎているような気がします。ショーケースでハンギョルの曲を歌った時も、チャニョルに罪悪感を持ち、舞台から降りたあと、ハンギョルではなくチャニョルのもとに真っ先に駆けつけるソリムの行動が納得いかないです。チャニョルは新曲を準備しようとしますが、思ったように曲が出来上がらずイライラし、すべてをハンギョルのせいにする態度。何度も振り返っても決して魅力的なキャラクターだと思えないチャニョルです。ソリムの気持ちが理解できません。

ストーリラインとしてはハンギョルに嫉妬するチヤニョンの姿ばかり描かれ、あまり進展しない点が残念でしたが、ソリムがハンギョルとの電話の途中寝てしまった間も、彼女を心配して携帯電話を切らずにいたハンギョルに感動です。

カノジョは嘘を愛しすぎてる 13話・14話 あらすじと感想

カノジョは嘘を愛しすぎてる(韓国版) 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー