カッコウの巣 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●Dlife(2017/11/10から)月~金曜日13:30から 字幕
●KBS World(2017/6/2から)集中再放送月~金曜日9時から 字幕
●フジテレビTWO(2016/10/15-30)集中再放送 土・日曜日12時から15-17話連続放送 字幕
●2016.10.24 感想追加

カッコウの巣 뻐꾸기 둥지 全102話
2014年放送 KBS
平均視聴率 17.1% 시청률
カッコウの巣 DVD-SET1
あらすじ

 起業家の令嬢ヨニには恋人ドンヒョンがいたが、2人の仲に反対したヨニの父の行動がもとでドンヒョンが事故死してしまう。深い心の傷を抱えたまま、3年後、ヨニは父が薦めるビョングクと結婚する。だが、結婚式当日に倒れてしまった彼女は子宮がんに冒されており、子供の生めない体となっていた。そんなヨニにビョングクの母は辛く当たり、代理母出産を強要する。こうして代理母出産で子供を持つことを決意したヨニだったが、代理母となったファヨンは、ドンヒョンの妹でビョングクの元恋人だった。兄と恋人を奪われたファヨンはヨニへの復讐を開始する…。

 2016y10m07d_233658190
カッコウの巣 公式サイト 相関図
キャスト

チャン・ソヒ ペク・ヨニ 35歳/飲食店「エスポワ」の社長のチョン•ビョングクの妻
ファン・ドンジュ チョン・ビョングク 36歳/ペク・ヨニの夫、チェーンレストラン「エスポワ」のイケメン敏腕社長
イ・チェヨン イ・ファヨン(グレース・リー) 33歳/ペク・ヨニの初恋で亡くなったイ・ドンヒョンの妹
キム・ギョンナム ユ・ソンビン 34歳/ペク・チョルの会社に勤務する企画室長、ヨニとファヨンの兄であるドンヒョンの親しい後輩

ヒョン・ウソン イ・ミョンウン CNグループ顧問弁護士
イム・チェム ペク・チョル ヨニの父、HSグループ代表
オム・ユシン ホン女史(ホン・グモク) ヨニの母
ソン・ガヨン ペク・ジュヒ ヨニの妹、HSグループデザイン室長
チョン・ジフン チョン・ジヌ ヨニ夫婦の息子、ファヨンが代理母で出産
ソ・グォンスン クァク女史(クァク・ヒジャ) ビョングクの母
チ・スウォン チョン・ジンスク ビョングクの叔母、レストラン店長
キム・ミンジャ チョン・ユミ ビョングクの妹、HSグループデザイン課長
イ・ジョンフン オ・ギソプ ジンスクの同級生、心理学教授
パク・チュングム ペ・チュジャ ファヨンの母
チョン・ノミン ペ・チャンシク チュジャの弟、レストランシェフ
チョン・ミンソ イ・ソラ ファヨンの妹
イ・ドゥソプ イ常務 レストランチェーン常務
ハン・ギョンソン イ・ゴンヒ レストランマネージャー
ホ・イニョン スンナム レストラン従業員
イ・チャンウク チェ・サンドゥ ファヨンの元同棲相手

スタッフ /[脚本]ファン・スニョン[演出]クァク・ギウォン、ペク・サンフン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
quetalsurinoさんの感想より

●復讐のために代理母に。。。スリル感まで感じられる作品!

チャン・ソヒ主演ドラマですが、韓国ドラマ特有の裏切りや復讐をテーマにしたドラマです。チャン・ソヒは2002年主演の「人形姫」や2008年主演の「妻の誘惑」でも同じようなテーマのドラマに出演しています。最高視聴率40%を超える作品もあり、主婦層をターゲットにした放送時間帯の編成で人気を集めました。

「カッコウの巣」は復讐のために代理母になった女性の復讐もので、チャン・ソヒは物静かで世間知らずの主婦を演じています。次第に母として強く生きる女性を演じています。企画段階からベク・ヨニ役でラブコールがあったものの、出演を決めるまで悩んだとされています。前作の「妻の誘惑」でのイメージが強すぎたのが原因とされています。子役出身ですが、2002年の「人形姫」以前は20年間も無名に近かったようで、このドラマで有名になりました。ただ、インパクトが強すぎる役を演じてから、韓国国内では仕事のオファーがなかったようです。イメージチェンジをするために中国で女優活動を続けていたとされています。

多数のドラマに出演しています。でも残念ながら代表作として「人形姫」、「妻の誘惑」、「カッコウの巣」があげられ、この手のドラマの代表的な女優となっています。ちなみに韓国では「マクチャンドラマ」と言われる独自のドラマジャンルがあり、彼女が出演した3作は「マクチャンドラマ」の代表的な作品です。「マクチャンドラマ」とはドラマでは在りがちな内容を扱っていますが、現実ではあり得ない事件や事故が起きる想像を絶する内容のドラマです。分かりやすくいうと、主人公たちが異母兄弟だったとか、事故で死んだはずの人物が記憶喪失で生きていたとか、自分の嘘を隠すために犯罪に手をそめる行為をするようになるとか、などなどです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー