オフィスの女王 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●テレ朝チャンネル1(2017/5/14から)再放送 日曜日?10時から3話連続放送 字幕
●テレ朝チャンネル1(2017/4/7から)再放送 金曜日13:40から2話連続放送 字幕
●テレ朝チャンネル1(2017/1/31から)再放送 月・火曜日?22時から

オフィスの女王  全16話
2013年放送 KBS
平均視聴率 12.0% 시청률
オフィスの女王 完全版 DVDコンプリートBOX
あらすじ

これが私の働き方ですが、何か?★弱肉強食の企業社会を笑いとばす、オフィスコメディの傑作!

醤(ジャン)で知られる韓国最大の食品会社、Y醤グループのエリート社員チャン・ギュジクが、MBA研修を終えてアメリカから帰国。韓国へ戻る機内でファーストクラスに乗るボヘミアン風の女性ミス・キムに遭遇し、のどを詰まらせたところを助けられるという最悪の出会いをする。社に戻ったギュジクはマーケティング営業部のチーム長に任命され、同期で親友のジョンハンはマーケティング営業支援部のチーム長に降格。それでもジョンハンはギュジクが戻ってきたことが嬉しくて仕方ない。そんな2人の前に、黒のパンツスーツで身を包んだ、あの謎の女性ミス・キムが現れる。
彼女は専務が切望し、部長が特別採用した契約社員だった。休日出勤も残業もしないうえ、業務外の仕事には手当を要求するという異例の採用条件に不満を抱くギュジクだが、正社員数人分の業務をこなすミス・キムの前に何も言えなくなってしまう。
一方、就職難民で生活に困窮するチョン・ジュリも派遣会社の紹介でY醤グループに3ヵ月の契約社員として採用される。頑張って働けば正社員になれると夢を抱くジュリだが、現実は正社員の雑用係に過ぎず、理不尽な扱いに打ちのめされるばかり。
しかし、正社員をも唸らせるミス・キムの活躍は契約社員の希望の光となり、部内の偏見的な常識を覆していく。そんなミス・キムの内側にある温かさに気づき、心惹かれるギュジク。ジョンハンもまたミス・キムを知れば知るほど気になっていく。だが、ミス・キムには3ヵ月間の契約を延長しないという確固たる意志があった…。

 

 2016y07m30d_194402441
オフィスの女王 公式サイト 相関図
キャスト

キム・ヘス ミス・キム(キム・ジョムスン) Y醤、人材派遣会社「派遣の品格」勤続5年目のベテラン
オ・ジホ チャン・ギュシク Y醤マーケティング営業部チーム長 入社5年目
イ・ヒジュン ム・ジョンハン Y醤マーケティング営業支援部チーム長、ミス・キムの直属上司 入社5年目
チョン・ユミ チョン・ジュリ Y醤マーケティング営業支援部契約職、就職したて ポポロUSB所有者
チョ・グォン ケ・ギョンウ Y醤マーケティング営業支援部2013年上半期新卒採用の新入正社員。

チョン・ヘビン クム・ビンナ Y醤マーケティング営業部2013年上半期新卒採用の新入正社員。
キム・ウンス ファン・カプドゥク Y醤マーケティング営業部部長 ュジクやジョンハンの直属の上司
キム・ギチョン コ・ジョンド Y醤マーケティング営業支援部課長 アナログ世代
イ・ゴン ク・ユンシク Y醤マーケティング営業部代理
ナ・スンホ シン・ミング Y醤マーケティング営業部入社2年目
イ・ミド パク・ボンヒ Y醤マーケティング営業部契約職5年目
ソン・ジイン オ・ジラン Y醤マーケティング営業部契約職2年目
イ・ソユン ヨン・ダラ Y醤マーケティング営業部契約職1年目
オ・ヨン アン・ジョンチョル 契約職6年目ジョブマネジャー

キム・ナウン ヨ・ジャンミ Y醤製品開発管理部部長
キム・ボミ チョ・ホブン(ロッサ) バー「マチュピチュ」社長
イ・ヒョンジェ フリセサ バー「マチュピチュ」店員、ペルー人
キム・グァンギュ ハン店長 取引先のホームマート店長

スタッフ /脚本:ユン・ナンジュン 演出:チョン・チャングン 演出:ノ・サンフン
コメントにて随時感想募集中です。


●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
gomokuさんの感想より

会社のストレスを抱えた人にぜひ見てほしいドラマ。

このドラマは、ヒューマンドラマととるのか、ラブコメディととるのか、とにかく毎回、主人公のミス・キムが何をしてくれるかワクワクしてしまいます。

日本版の篠原涼子は、行動はともかく見かけは普通のお姉さん、一方ミス・キムは一昔前のOLの姿ですが、彼女がでてきただけで主人公のご登場~といった存在感です。さすが、キム・ヘスです。

このドラマの最大の魅力は、水戸黄門ではありませんが、分かり易くテンポがとても良いところ。職場の人が窮地に追い込まれたとき、最終的にはミス・キムが助けてくれるのがわかっているのに、ハラハラ・ドキドキして、「早く助けてあげて!」と思わず声がでてしまう。

このドラマでは、韓国での就職がいかに大変で、また学歴社会であることも描かれています。共演している俳優さんの中では、イ・ヒジュンが本当に実直で誰にでも心優しい正社員の役をうまく演じています。彼のような人ばかりでは、会社は成り立っていかないのでしょうが、やはり一人はいてほしいというような人柄。

その後「チョン・ウチ」に出演していますが、激しいアクションを演じている姿に、最初は同一人物とは気が付かなかったほど。本当に俳優という仕事はすごい!ミス・キムの超絶な多才ぶりは、オーバーリアクション気味ですが、誰が見ても楽しめる本当に楽しいドラマです。何度もリピートしてしまうことでしょう。

キム・ヘスがこのドラマで、「KBS演技大賞」を獲得したのは、納得のいくところです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー