イタズラなKiss 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2017/6/23から)集中再放送月~金曜日13:45から 字幕
●DATV(2017/5/27から)集中再放送 毎日早朝5:15から 字幕

イタズラなKiss  全16話
2010年放送 MBC
平均視聴率 8.2% 시청률
イタズラなKiss~Playful Kiss DVD-BOX (韓流10周年特別企画DVD-BOX/シンプルBOXシリーズ)
あらすじ

一途で健気な女子高生とIQ200のクールな天才が繰り広げる王道ツンデレラブストーリー。日本で1990〜99年に連載されて大人気となり、今でも多くのファンに支持されているマンガ『イタズラなKiss』。日本と台湾でドラマ化され韓国でもドラマ化。アジア中で知られる作品となり、女子の心をわしづかみにするタイトルのひとつになった。

 2017y01m23d_161153703

イタズラなKiss~Playful Kiss Cinem@rt 相関図

キャスト

キム・ヒョンジュン ペク・スンジョ パラン高校成績トップ組の天才
チョン・ソミン オ・ハニ パラン高校成績最下位組
イ・テソン ポン・ジュング パラン高校成績ビリ、料理の才能
イ・シヨン ユン・ヘラ パラン大学テニス部員、スンジョを誘惑
ホン・ユンファ チョン・ジュリ ハニの友人、パラン高校
ユン・スンア トッコ・ミナ ハニの友人、パラン高校
チャン・アヨン ホン・ジャンミ ハニの後輩、パラン高校マンガ部員
オ・ギョンス ペク・スチャン スンジョの父、ゲームソフト会社社長
チョン・ヘヨン ファン・グムヒ スンジョの母
チェ・ウォノン ペク・ウンジョ スンジョの弟

スタッフ /[脚本]コ・ウンニム[演出]ファン・インレ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

●多田かおる作の日本の漫画が原作で、単純明快なストーリーと愉快なキャラクターが魅力のドラマです。

スンジョを一途に追いかけるハニをチョン・ソミン、クールでカッコいいスンジョをキム・ヒョンジュンが演じていますがどちらもぴったりなイメージです。
チョン・ソミンは「赤と黒」でのシリアスな演技から一転、天真爛漫な役柄を生き生きと演じています。キム・ヒョンジュンはSS501のメンバーだけあって、こういった王子様キャラが本当によく似合う俳優さんだと思います。

ハニとスンジョの周りの人たちも個性豊かで楽しい人たちばかりでした。
とくにスンジョの母。韓国でお姑さんというと手強いイメージが強いですが、スンジョのお母さんはハニのことをとても気に入っていて、ときには変装までしてスンジョとの仲を後押ししてくれるのでとても心強い存在でした。この役を演じたチョン・ヘヨンは実生活で4人の子を持つお母さんとはいえ、1973年生まれなのでキム・ヒョンジュンのお母さん役をするにはまだ若く、かわいそうでは?と思いましたが、とてもキュートに演じていました。
また、テニス部の部長がとてもコミカルなキャラクターで印象に残っています。この役を演じたチェ・ソングクはなんと1970年生まれとのこと。ちょっと老け顔だなぁとは思っていましたが逆にびっくりです。
スンジョの年の離れた弟、憎たらしいけど可愛いウンジョ役のチェ・ウォノンはこのドラマの放送当時(2010年)はまだ幼かったのですが、その後も「屋根部屋のプリンス」「秘密の扉」「キャリアを引く女」など数々のドラマに出演しています。

なおYouTubeで公式チャンネルから公開された特別編では二人のその後の様子などが描かれていて、こちらもとても楽しめました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー