アイアンマン~君を抱きしめたい 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2016/12/31-2017/1/1)集中再放送 31日(土)深夜25:50から 全18話連続放送
●KBS World(2016/9/12から)月・火曜日16:15から 字幕

アイアンマン~君を抱きしめたい 아이언맨 全18話
2014年放送 KBS
平均視聴率 4.2% 시청률
アイアンマン~君を抱きしめたい DVD-BOX1
あらすじ

 ゲームソフト会社グローバル ゲームズ代表のチュ・ホンビンは、傲慢な性格と毒舌で周囲から敬遠されている存在。ある時から異様に鼻が利くようになり、日々ストレスを抱えるホンビンは、周囲にきつく当たることでその鬱憤を晴らしていた。
一方、ソン・セドンは友人とゲーム制作会社を立ち上げるが、先輩がホンビンの会社に売り渡してしまい、失意のどん底にいた。開発途中のゲームをホンビンの会社から取り戻すためプレイハウスを訪ねようとするが、その途中で迷子の男の子チャンと出会い、困っている人を放ってほけないセドンはチャンを家に連れて帰る。そんな中、ホンビンの初恋の相手であるテヒの子供が現れたという知らせがホンビンの耳に入る。
さらにその子はセドンが預かっているチャンだと分かり、ホンビンは彼女のもとを訪ねるが、セドンのそばから片時も離れないチャンを見て、ホンビンはチャンの様子が落ち着くまでベビーシッターを引き受けるならば、セドンが取り戻したい開発ソフトの権利を譲ると約束する。その提案を受け入れ、チャンと共にホンビンの邸宅で暮らすようになったセドンは、ある時家の中の家具や物が鋭く切れていることに気づく。

 2016y08m26d_194729689
BS朝日 アイアンマン~君を抱きしめたい 相関図
キャスト

イ・ドンウク チュ・ホンビン ゲームソフト会社プレイハウス代表、特異体質
シン・セギョン ソン・セドン ゲームソフトのプログラマー。
キム・ガプス チュ・ジャンウォン ホンビンの父
ハン・ウンジョン キム・テヒ ホンビンの初恋の相手
チョン・ユグン チャン(デイビッド・チャン・キム) テホンビンとテヒの息子。
ハン・ジョンス コ秘書(コ・ジャギョン) ホンビンの秘書、ボディーガード
イ・ミスク ユン女史 チュ家の執事

イ・ダリョン   ホンビンの運転手
イ・ジュスン チュ・ホンジュ ホンビンの異母弟
ユン・ダギョン ヨン・ミジョン ホンビンの継母、ホンジュの母
シン・スンファン キム・スンファン セドンの同級生
キム・ジンテ ジョンジュン セドンの後輩
ソンウン ギョンホ セドンの後輩
キム・ジェヨン ジェギル セドンの後輩
イ・スンホ コ・ウンソク セドンの後輩
カン・ダビン スジェ セドンの後輩

スタッフ /演出:キム・ヨンス キム・ジョンヨン 脚本:キム・ギュワン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
EmiTgoさんの感想より

「シザーハンズ」のような、「ビッグ」のような、「X-メン」のような

なにしろイ・ドンウク演ずる主人公ホンビンは、感情の変化で身体に刃を生やしてしまうという奇天烈な設定で、その奇天烈さがどうストーリーに関わるのかというとあんまり関わらない不思議なドラマでした。

このドラマの魅力は、まずは映像がとても美しいことです。ホンビンの機嫌が悪くなると何故かかならず悪天候になるのですが、その空の色や、広大な屋敷の中、凝りに凝ったインテリアとホンビンが愛するおもちゃたちの並んだ部屋は、見ていて本当に飽きることのない見事さでした。また、ホンビンが子供っぽいふるまいをする設定だったので、ドンウク氏の妙に子供じみたふるまいを楽しむことができます。そのあたりがファンにはたまらないかもしれません。

ドンウク氏はすねた顔が可愛いので、この役にはぴったりでしたね。なんというか、残念なストーリー展開で放映時には視聴率が思わしくなかったようですが、ヒロインであるシン・セギョンさんのちょっとおっちょこちょいな可愛らしさや、忠実な秘書としてもくもくと働くハン・ジョンス氏の「気は優しくて力持ち」な魅力には癒されます。

キャストといえば、脇役にはなりますがホンビンの年の離れた異母弟役をイ・ジュスンさんが演じていて、当時もうすっかり大人であるのに制服を着て10代中頃の役に何の違和感のないことには驚きでした。ジュンスさんはこのドラマで見るまで存在を知らなかったのですが、その後様々な人気ドラマに顔を見せてくれるようになり、イケメン・ヒーローとはちょっと違う味のある若手俳優さんとして注目しています。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー