また、初恋 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2017/4/12から)水・木曜日22:05から 2話連続放送 字幕
●2017.9.28 作品感想追加

また、初恋 다시, 첫사랑 全104話
2016年放送 KBS
平均視聴率 19.5% 시청률 初回14.9% 最高視聴率23.7%
 2017y04m10d_154709378
また、初恋 다시, 첫사랑 公式サイト
2017y04m10d_155504425
あらすじ

8年振りに再会した2人。そして妻と妻の元恋人の4人が繰り広げる愛憎劇!

 8年前、料理のメニュー開発者のハジン(ミョン・セビン)と恋人ドユン(キム・スンス)は、仲の良い恋人同士だった。しかし、ドユンは父親が会社の為に自分とミニ(ワン・ビンナ)を政略結婚させようとしていたことを知り、激怒する。一方、ミニは自分が妊娠している事を知り、慌てていた。そしてドユンは政略結婚させられる前にハジンにプロポーズするが…。

 kbsworld また、初恋 公式サイト
キャスト

イ・ハジン役:ミョン・セビン  ドユンの恋人。メニュー開発者。
チャ・ドユン役:キム・スンス ハジンの恋人。ミニの夫。
ペク・ミニ役:ワン・ビンナ ドユンの妻。ヨンスクの娘。
チェ・ジョンウ役:パク・ジョンチョル ミニの元恋人。

スタッフ /演出:ユン・チャンボム 脚本:パク・ピルジュ
コメントにて随時感想募集中です。
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

ミョン・セビン 명세빈 イ・ハジン役
2017y04m10d_160013537
出典:http://www.kbs.co.kr/
1976年4月10日 女優。ソウル特別市龍山区出身。身長168cm、A型。同徳女子大学校衣装デザイン学科卒業。
1996年、シン・スンフンの「Love in My Own Way(私の方式どおりの愛)」のミュージック・ビデオに出演して芸能界デビューを果たす。
2015 キルミーヒールミー ミン・ソヨン
2013 帝王の娘スベクヒャン チェファ
2007 宮S 華仁女皇帝

 

キム・スンス 김승수 チャ・ドユン役
2017y04m10d_160604956
出典:http://www.kbs.co.kr/
生年月日1971年7月25日 俳優。身長181cm、体重72kg。京畿大学体育学科を卒。1997年にMBCの26期タレントとしてデビュー。
2013年 – 君を守る恋~Who Are You?(ウンジュン検事) tvN
2011年 – 広開土太王(コ・ウン(高雲)) KBS
2010年 – カムバック マドンナ〜私は伝説だ(チャ・ジウク) SBS
quetalsurinoさんより

誰もが経験を持つ「初恋」ですが、この言葉を聞くと胸がギュっとする感じになります。初恋は叶わないと言われますが、もしも初恋相手を再会し、その後再び愛を育んだら。。。と考えながら観たドラマでした。

計画的に引き裂かれた初恋の二人。別れた後、それぞれ語れないほど心の傷を負っています。別れたチャ・ドユン(キム・スンス)との間に子供まで生んだイ・ハジン(ミョン・セビン)は、すべての記憶を失い平凡な日々を過ごしていた8年後、初恋のドユンと再会します。政略結婚後も彼女を忘れられないドユンは、記憶を失ったハジンに戸惑いながらも再びひかれていく。。。初恋といっても大人の初恋なので、しっとりした雰囲気で見られます。ただ、ドロドロとした権力争いから、犯罪まがいの行動まで、愛憎復讐劇のすべてが含まれているところが、ドラマの魅力でした。

主人公のチャ・ドユンを演じるキム・スンスは時にはカリスマのある役も演じますが、知的で落ち着いた雰囲気の役が多く、この役はキム・スンスだからこそ演じられる気がしました。現代劇でも活躍されていますが、「ホジュン~宮廷医官への道」や「朱蒙(チュモン)」を始め、「客主(~商売の神~)」などの時代劇でも存在感のある役を演じる俳優です。個人的には「ガラスの城」や「雲が描いた月明り」に出演したキム・スンスが一番記憶に残っています。

悪女役で登場するのはワン・ビンナ。愛憎復讐劇には欠かせない存在を上手に演じたと感じました。ワン・ビンナの悪女ぶりにもめげないミョン・セビンの演技もよかったです。まだ少女のような愛らしい雰囲気が残るミョン・セビンは、初恋ですべてを失ったハジンの役にピッタリマッチするキャスティングだったと思います。

全話100話と長編ドラマですが、次々と起きる出来事を追っていると、意外にも最後まで観られます。「初恋」が叶うとこんな気持ちになるんだと、ドラマを通じて感じることができるのではないでしょうか。まさかの展開が続く韓国のマクチャン(あり得ない展開が続く)ドラマは中毒性が強く面白いです。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー