のだめカンタービレ(韓国版) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●DATV(2017/9/18から)再放送オリジナルは全16話月曜日10時から2話連続放送 字幕
●DATV(2017/7/13から)全21話 オリジナルは全16話 木曜日23:15から 字幕
●tvk(2017/4/11から)火曜日22時から 吹替[二]
●原題:ネイルもカンタービレ

のだめカンタービレ 내일도 칸타빌레 全16話
2014年放送 
平均視聴率 5.6% 시청률
のだめカンタービレ~ネイル カンタービレDVD-BOX1〈初回限定版〉(5枚組/本編DISC4枚+特典DISC1枚)
あらすじ

超大ヒットマンガがついに韓国でドラマ化。

天才音大生であり、気難しい完璧主義者のチャ・ユジン(チュウォン)は、世界的な指揮者を夢見るも様々な壁にぶつかり将来を思い悩む日々が続く。すっかり自暴自棄になっていたある日、ユジンは一風変わったピアノソナタを耳にしながら目を覚ます。
そこでユジンが目に下光景は、ゴミだらけの部屋でピアノを弾くソル・ネイル(シム・ウンギョン)だった。自由奔放なネイルとの出会いで、エリートコースを歩むユジンの未来が少しずつ変わり始める…。

 2017y01m30d_212828593
cinemart のだめカンタービレ ネイルもカンタービレ 相関図
キャスト

チュウォン チャ・ユジン 完璧主義、天才音楽家、指揮者、ピアノ奏者
シム・ウンギョン ソル・ネイル ピアノ奏者、天才的な才能。済州島の娘

ペク・ユンシク フランツ・シュトレーゼマン 世界的な指揮者
コ・ギョンピョ ユ・イルラク バイオリン奏者 Sオケのコンマス
パク・ボゴム ナ・ユヌ チェロ奏者、交換学生
ドヒ チェ・ミニ(ミニミニ) ネイルの友人、コントラバス奏者
キム・ユミ チェ・ドギョン ユジンの元カノ、声楽科のマドンナ、ミス・ハヌム
チャン・セヒョン マ・スミン 音楽院一の打楽器奏者
ペ・ミンジョン チョン・シウォン バイオリン奏者 Aオケのコンミス
イ・ビョンジュン ト・ガンジェ エリート ピアノ科教授
イェ・ジウォン ソン・ミナ ハヌム音楽院の学長、元ピアニスト
アン・ギルガン ユ・ウォンサン イルラクの父、音楽院生常連の食堂店主
イ・アヒョン ヤン・ソニョン ユジンの母、ミナの友人、カフェ店主
アヨン ソン・スジ 有名天才ピアニスト
ナムグン・ヨン アン・ゴンソン 落ちこぼれ専門教授
チョン・ソンア イ・ダニャ ヴィオラ奏者
チョ・ユヌ イ・ジェヨン トランペット奏者
ペク・ソビン ハン・スンオ 指揮科のNO1
チョン・ボソク チャ・ドンウ 世界的ピアニスト
ヨエル・レヴィ 指揮者でユジンの師

スタッフ /脚本:シン・ジェウォン 演出:ハン・サンウ
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
gomokuさんの感想より

●日本版との違いも楽しみな作品

言わずと知れた日本で大人気だったドラマのリメイク版。のだめの役は、シム・ウンギョン。上野樹里が韓国でもすごい人気なので、かなりプレッシャーがあったと思います。子役時代から演技力が抜群の彼女は、ドラマの最初のほうは上野樹里のイメージを大事に演じていましたが、だんだん彼女なりの「のだめ」になり、クライマックスでは「のだめ」というより「ネイル」になっていました。演技だけではなく、ピアノの練習も大変だっただろうなぁ。私もクラシックをしていたので、指の運びもしっかりみていましたが、なかなかのものです。さすが、名子役だっただけはあります。

映画にもドラマにも多く出演していて、「王になった男」や「サニー 永遠の仲間たち」など、ありのままの飾らない表情や純粋なまなざしがとても印象的な彼女。最新作の「少女は悪魔を待ちわびて」は、今までと一転、復讐に燃える役らしく今後がとても楽しみな女優さんです。

さて、相手役のチュウォン。この人は、「製パン王 キムタック」で心に闇を抱える青年を演じてから、さまざまなドラマや映画に出演。あれよあれよで人気スターになってしまったイメージです。「グッド・ドクター」の自閉症の青年、これもあのチュウォン?と思うほど、役になりきっています。

今回の千秋先輩ことチャ・ユジンもコミカルに少しオーバーに演じるかと思いきや、結構抑えた表現で、このあたりは日本のドラマのリメイクの域をでて、韓国版独自の千秋先輩になろうとしているのを感じます。この人も視聴率俳優と言われるひとりで、とても楽しみです。このドラマの後になりますが、2015年にはショパンコンクールで韓国人が一位を獲得したこともあり、このドラマも笑いだけではなく、韓国のクラシック教育への意気込みも感じることができる作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー