その冬、風が吹く 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●フジテレビTWO(2017/2/2から) 月~金曜日深夜25:10から 字幕

その冬、風が吹く  그 겨울 바람이 분다 全16話
2013年放送 
平均視聴率 13.9% 시청률
その冬、風が吹く コンパクトDVD-BOX(スペシャルプライス版)
あらすじ

 大企業、PLグループ会長が意識不明の重体となるが、唯一の家族で一人娘のオ・ヨン(ソン・ヘギョ)は視覚障害を持っていた。後継者問題が浮上するなか、ヨンは14年前に家を出た兄からの手紙を受け取る。
手紙に書かれた住所を頼りに兄に会いに行くが、そこにいたのは、兄と同姓同名で一緒に暮らしていた詐欺師のオ・ス(チョ・インソン)だった。

その矢先、オ・スは組織のボスの金を横領した疑いで追われ、一緒に逃げるはめになったヨンの実兄は車に轢かれて死んでしまう。呆然とするなか、オ・スは警察に拘束され、ヨンには父が危篤という連絡が入るのだった。
1年後、出所したオ・スは雇われヤクザのチョ・ムチョル(キム・テウ)から横領した大金を100日以内に返さなければ命はないと脅迫される。

一方、ヨンは父が亡くなり、名ばかりの会長の座についていた。そんななか、オ・スのもとには会長の子息を捜して弁護士が訪ねてくる。会長の息子と間違われたオ・スは、思わず本人の振りをしてしまう。そして、弟分のパク・ジンソン(キム・ボム)と組み、“財閥の御曹司オ・ス”として、PLグループ会長宅に乗り込む。初めは金目当てで、“妹”ヨンに近づいたオ・スだが、目が見えず、人に懐疑心を抱きながら生きるヨンに触れ、親に捨てられ孤独に生きてきた自分に似たものを感じていく。なかなか心を開かなかったヨンも、オ・スの温かさに触れ、次第に心を開いていくが、ヨンの世話をするワン秘書(ペ・ジョンオク)はオ・スの正体を怪しんでいた。

キャスト
チョ・インソン オ・ス(樹) ポーカー・ギャンブラー。詐欺師、ヨンのニセ兄
ソン・ヘギョ オ・ヨン PLグループ令嬢で遺産相続人。視覚障害
キム・ボム パク・ジンソン ス(樹)の弟分、同居人 義兄弟の契りを結ぶ弟分。
チョン・ウンジ ムン・ヒソン ス(樹)の初恋の相手の妹、フローリスト受講生
ペ・ジョンオク ワン秘書(ワン・ヘジ) ヨンの養育係。、法定代理人
キム・テウ チョ・ムチョル ス(樹)を脅迫するヤクザ 一匹狼
キム・ギュチョル チャン・ソン ヨンの後見人、PLグループ顧問弁護士
キム・ヨンフン イ・ミョンホ ヨンの婚約者、PLグループ本部長
ソ・ヒョリム チン・ソラ ス(樹)の交際相手、PLグループのCMモデル
イム・セミ ソン・ミラ ヨンの友人、カフェ店員
チェ・スンギョン シム・ジュンテ ヨンの常連カフェの店主
ハン・ジョンヒョン キム・ジョンヒョン ジュンテの妻
イ・ジェウ オ・ス(守) ヨンの本当の兄
スタッフ /演出:キム・ギュテ 脚本:ノ・ヒギョン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
amijkさんの感想より

2002年に渡部篤郎、広末涼子主演で放送された日本のドラマ「愛なんていらねえよ、夏」のリメークとして製作されたドラマです。主演俳優(チョ・インソン、ソン・ヘギョ)の雰囲気が違うので、日本版を見たことがあっても全く別のドラマとして楽しむことができました。

脚本はノ・ヒギョン作家が担当しています。「愛の群像」「彼らが住む世界」「大丈夫、愛だ」などを書いた彼女はとくにセリフに定評がある脚本家として知られています。

チョ・インソンが演じるオ・スは、一見ちゃらぽらんな人物ですが過去に愛する女性を失っていて、胸に大きな痛手を負っています。自分を責めるオ・スにオ・ヨンがかけた言葉で涙するシーンがとても印象的でした。
また映像美も素敵で、話題になった綿菓子キスの場面のほかにも、二人が山の別荘に出かけるシーンなどはとてもきれいでした。美しさというとソン・ヘギョが目を見張るほど美しいです。ドラマの中で彼女が使っていた口紅が話題になったりもしました。

若手俳優では「応答せよ1997」に主演したApinkのチョン・ウンジや「オレのことスキでしょ。」「今日から愛してる」などに出演したイム・セミが出ています。とくにチョン・ウンジは演技をするときにはアイドルとしての姿とは全く違った表情を見せるので注目です。

このドラマのファンミーティングに行ったことがあるのですが、チョ・インソンは本当に気さくで楽しく、サービス精神の旺盛な人でした。ファンミではなく綾小路きみまろのライブにでも来たのかと思うくらい面白いことを連発するので、涙が出るほど笑いました。ジンソン役のキム・ボム、キム・ギュテ監督も登場してファンを楽しませてくれ、とても盛りあがったファンミでした。

【豆情報】主な撮影地 ジェイドガーデン(春川市) で行われました。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー