ごめん、愛してる 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●TBSチャンネル1(2017/10から)再放送 月~金曜日20:30から2話連続放送 字幕

ごめん、愛してる   全16話
2004年放送 
平均視聴率 20.3% 시청률
ごめん、愛してる DVD-BOX 完全版
あらすじ

 オーストラリアに里子に出されチンピラ同然だったムヒョク(ソ・ジソブ)は、事故に巻き込まれ余命わずかな体に。死ぬ前に一目母に会いたいと、韓国に戻ったムヒョクは、予想だにしなかった自分の出生の秘密を知り、母への復讐を心に誓う。そんな折、オーストラリアで出逢った女性、ウンチェ(イム・スジョン)と偶然、再会を果たす。復讐と愛、そして次々と明らかになる驚愕の真実が複雑に絡みながら、ドラマは衝撃のラストへ…。

 2017y08m13d_203535265
テレビ東京 ごめん、愛してる 相関図
キャスト

ソ・ジソブ チャ・ムヒョク(デニー) 孤児、ユンのマネージャー
イム・スジョン ソン・ウンチェ ユンのスタイリスト、幼なじみ
チョン・ギョンホ チェ・ユン 歌手
ソ・ジヨン カン・ミンジュ 女優
イ・ヘヨン オ・ドゥリ(チョ・マルボク) ユンの母、ムヒョクの生母、女優
イ・ヨンハ ソン・デチョン ウンチェの父、ユンの母の運転手
キム・ヘオク チャン・ヘスク ウンチェの母、ユンの家の家政婦
チョン・ヘジン ユン・ソギョン ムヒョクの双子の姉
パク・コンテ キム・ガルチ ソギョンの息子

 

スタッフ /[脚本]イ・ギョンヒ[演出]イ・ヒョンミン
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
dmsdud1q2wさんの感想より


ごめん、愛してるは、韓国社会では初めて、ドラマ廃人を生み出した傑作ドラマです。

私もごめん愛してるの廃人の1人として、今回このドラマを紹介したいと思います。

話は、韓国社会内での棄児問題を扱っています。主人公は母親に捨てられ、オーストラリアのある夫婦の養子となりますが、そこでも、虐待され街で大人にります。彼は、彼に韓国語を教えた同じ立場の彼女と付き合っていますが、ドラマの初回で彼女は彼を裏切り、お金持ちのマフィアと結婚しようとしました。

しかし、彼女の結婚相手の命を狙う人が登場し、彼女と彼女の結婚相手に銃を向けます。そこで、主人公は彼女を守るために頭に銃を打たれ病院に運ばれますが、奇跡的命を取り戻します。しかし、銃の弾丸が頭に残り、医者は二回の奇跡はないと言います。つまり、最初から、悲劇のドラマです。

ドラマ全体の内容は、彼が、韓国に帰って本の母親に会ってから始まります。彼は、最初は自分を捨てて貴族のような生活をする母親が憎くて復讐をしようとするが、結果的には、母親を許して、来世があれば来世にも母親の息子で生まれたいと言います。

このドラマで印象的だったのは二つあります。

一つは主人公の母親が最後まで主人公との関係を分からないことです。一般的結末では母親も2人の関係を知り、息子と会うのが普通ですが、母親の幸せのために最後まで関係を明らかに知らせません。

もう一つは、母親が、主人公にどうせ死ぬなら心臓を寄贈してほしいという場面です。(母親は子供を奪われ、精神的におかしくなったため養子を入れますが、養子は心臓を移植しなければ、死んでしまう状況でした) とても悲しい場面でした。
とにかく、私としては最高の傑作だったので、ぜひ見てほしいです。

 

アクセルミリオンさん.

チャ・ムヒョク(ソ・ジソブ)とソン・ウンチェ(イム・スジョン)の素朴な純愛ストーリーです。他の作品と違って主人公とヒロインにお金持ちとか天才という才能はありません。貧乏だけど一生懸命健気に生きる2人に感情移入する事間違い無しの作品です!

 

ひとあいとよさん

ソ・ジソプの魅力

韓国ドラマの俳優は最初見た時だいたいあんまりかっこいいとは思わないのです。このソ・ジソプさんも最初さ みしそうな表情だと思ったけど見ているうちに不思議とかっこよく見えてくるんです。ちょっと小栗旬さんにもにてるし素敵です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー