がんばれ、ミスターキム! 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●LaLa TV (2017/2/10から)全62話 オリジナルは124話 月~金曜日16時から 字幕
●(原題)頑張ってミスターキム!

がんばれ、ミスターキム!  全124話
2012年放送 
平均視聴率 29.4% 시청률
がんばれ、ミスターキム! (完全版) DVD-BOX1
あらすじ

 姪のヒレに加え、2人の子供を引き取って育てている清掃夫兼家事代行業のミスター・キムこと、キム・テピョン(キム・ドンワン)。姪のヒレが通う学校の担任の教師、ウギョン(ワン・ジヘ)の実家に職を経て、家政夫として働く日々。
そんなテピョンに想いを寄せるのが、幼馴染みで、テピョンの家の1階に住んでいるジヨン(チェ・ジョンユン)。だが、その恋心をなかなか伝えられない。
一方、ウギョンの幼馴染みのゴヌク(ヤン・ジヌ)も海外留学から帰国し、ウギョンの父親が経営する傘下の会社に務めることに。
そんな中、ウギョンのクラスの問題児、ジュソンをテピョンが引き取ることとなり、テピョンとウギョンの距離が急接近する…。

 2017y02m03d_084709640
BS朝日 がんばれ、ミスターキム! 相関図
キャスト

キム・ドンワン キム・テピョン ハウスクリーニングや家事代行業
ワン・ジヘ イ・ウギョン 中学体育教師、ヒーリングフード会長の娘
チェ・ジョンユン チョン・ジヨン テピョンの幼なじみ、ウギョンの同僚養護教師
ヤン・ジヌ ペク・ゴヌク ヒーリングウォーター元代表ペク・ジェサンの息子
ソ・ジヒ キム・ヒレ テピョンの実の姪(亡兄の娘)しっかり者の15歳
ヨン・ジュンソク リ・チョルリョン テピョンの家族、脱北少年 19歳
オ・ジェム コ・ジュソン ウギョンの教え子で、ヒレのクラスメイト。
ノ・ジョンウィ ナム・ソンア 4年前、母によってテピョンに預けられ、現在10歳。
チェ・イルファ イ・サングク ウギョンとホギョンの父。、ヒーリングフード会長
カン・ソンミン イ・ホギョン ウギョンの兄、下半身麻痺
チョン・ジェスン オ・サンジ ウギョンの祖母、サングクの母
サ・ミジャ オ・サンシム サンジの姉
ペク・イルソプ チョン・ギョンスル ジヨンの父、テピョンの大家、元社会福祉士
イ・ドゥイル チョン・ミョングァン ジヨンの兄、ヒーリングウォーター課長
チン・ギョン チョ・ジェナム ミョングァンの妻
キム・スヨン チョン・ジュヒ ミョングァン夫婦の娘 大学生
イ・ジョンギル ペク・ジェサン ゴヌクの父、ヒーリングウォーター元代表
キム・ヘソン ホン・ヘスク ゴヌクの継母、ヒーリングウォーター代表
ソン・ソヨン チュ・ヨンジ ヒレの母

スタッフ /[脚本]チョ・ジョンジュ[演出]ホン・ソック
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
crowdwritermさんの感想より

●皆が幸せになるにはどうしたらいいのか考えさせられた作品

全124話で長めですが、飽きることなく見られたドラマです。展開が遅いことも早いことなく、ちょうど良い感じでした。主人公が女性でなく、男性というのも新鮮でした。登場人物すべて基本的に温かで優しくて真面目です。だれかが意地悪したりということもないので、イライラすることもなく、楽しく見ることができました。子役たちもキラキラしている演技で楽しめました。

このドラマを見ながら、生まれ持った家族とか環境とか、自分では変えられないことで、一生どうしようもないことってあるのかな?と思わされましたが、それでも前を向いて人生を歩むテピョンたちに「頑張れ」と思いました。タイトルの「頑張って」はテピョンだけでなく、登場人物すべての人がいわれている言葉のような気がします。

主人公のテピョンに幸せになってもらいたいと思い、どうにかならないのかな?と考えながら見ました。テピョン役のキム・ドンワンは若いお父さん役にぴったりでした。

子役の演技もみなよくて、テピョンに感謝している気持ちがあふれているのが伝わってきました。とくに長男役のヨン・ジョンソク(「サメ」の少年時代も演じています)はせつなくなるほどまっすぐないい少年で、幸せになってほしいと思いました。

ホギョン役のカン・ソンミンも優しくはにかむような微笑みが魅力的な素敵なお兄さん役です。

悪人が居ないドラマで、ここまで楽しんでみることができるとは思いませんでした。初めは男性家政婦が主役という設定と聞いていたので、コミカルなホームドラマと思っていたのですが、奥が深いドラマでした。できることなら、続編も見てみたいです。子どもたちが成長して、テピョンと同じくらいの年齢になったとき、どんな人生を歩んでいるのか興味あります。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー