お父様、私がお世話します 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KNTV(2017/10/10から)集中再放送 月~金曜日早朝4時から 字幕
●日本初放送KNTV(2017/5/29から) 月・火曜日20:50から 字幕
●韓国放送日 : 2016年11月12日から
●2017.10.4 作品感想追加

お父様、私がお世話します 아버님 제가 모실게요 全50話
2016年放送 
平均視聴率 12.1% 시청률
 2017y05m18d_102817820
MBC お父様、私がお世話します 아버님 제가 모실게요
あらすじ

 悠々自適な老後を過ごそうと考えていたヒョンソプ(キム・チャンワン)とジョンエ(キム・ヘオク)だが、長男のソンフン(イ・スンジュン)夫婦が家を失い、実家に戻ってくることに。ところが、それを知った次男のソンシク(ファン・ドンジュ)夫婦が遺産を独り占めされてはなるまいと転がり込んでくる。さらには遠縁にあたるドンヒ(パク・ウンビン)も祖母とともに屋根部屋で世話になることに。ドンヒは兄を捜して台湾で助けてくれたのが末っ子のソンジュン(イ・テファン)と知って驚くのだった。
その一方、一家の向かいにヒョヌ(キム・ジェウォン)という謎めいた男が引っ越してきた。彼は一家と親しくなっていくが、ある目的をもっているようで……。

2017y05m18d_103023339
 KNTV お父様、私がお世話します  相関図
キャスト

キム・ジェウォン :イ・ヒョヌ/デビッド・リー役 投資会社GS代表
パク・ウンビン :オ・ドンヒ  FGCグループでアルバイト 脚本家の夢
イ・スギョン :ハン・ジョンウン ヒョンソブの姪 3年の放浪から帰国
イ・テファン (5urprise):イ・サンウ/ハン・ソンジュン ハン家3男 FGCグループコンテンツマーケティング本部長

キム・ヨンリム :オ・グィブン オ・ドンヒの祖母
ナ・ムニ :ファン・ミオク ハン・ヒョンソブの母
キム・チャンワン :ハン・ヒョンソプ ハン一家の父
ギム・ヘオク :ムン・ジョンエ ハン一家の母
イ・スンジュン :ハン・ソンフン ハン一家の長男 リストラで無職
ファン・ドンジュ :ハン・ソンシク ハン一家の次男 番組コメンテーター
キム・ソニョン :ソ・ヘジュ ハン・ソンフン(長男)の妻
シン・ドンミ :ガン・ヒスク ハン・ソンシク(次男)の妻
オ・ヨナ :ハン・ジョンファ ハン一家の長女 元アナウンサー
シン・ギジュン :ハン・ジフン ハン・ソンシクの息子 優等生
ソン・ボスン:ハン・チャンス ハン・ソンフンの息子
イ・イェウォン:ハン・アイン ハン・ソンフンの娘 幼稚園児

ユン・ミラ:ハン・エリ ヒョンソブの妹 ハン・ジョンウンの母
イ・スルビ パン・ミジュ FGCグループ会長

スタッフ /演出イ・デヨン、キム・ソンウク 脚本チョ・ジョンソン
コメントにて随時感想募集中です。
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●以下作品感想

quetalsurinoさんより

ホームコメディドラマですが、出演者の中で一番目立つ存在やハン・ソンジュン役を演じたイ・テファンです。ドラマの前半はイ・テジュンが出演するロマンスドラマ?と錯覚を起こすほどドキドキが続きます。イ・テファンが気になっている方には是非ご覧になっていただきたい作品でした。

「帰ってきてダーリン!」を観て気になり始め、「W 君と僕の世界」では主人公役を演じたイ・ジョンソクに劣らない存在感に、思わず注目してしまったのが、イ・テファンでした。ウェブドラマの「ドキドキスパイク」にも出演していますが、今後注目したい俳優の一人です。

スマートなイメージの強いキム・ジェウォンが、グローバル投資会社の代表役で登場しています。彼の持つイメージがイ・ヒョヌ役にピッタリでした。過去、「偉大な遺産」や「私の声が聞こえる?」にも出演して、変わらないイメージをキープしているのが素敵な俳優です。個人的には「スキャンダル」で見せたキム・ジェウォンのこれまでとは違うタフな刑事役も素敵でした。

4兄弟がそれぞれの事情で、一つの屋根の下に両親と共に同居することで起きるハプニングを中心に描かれ、様々な出来事に笑いあり、感動ありの展開が続く心の温まるホームドラマです。主人公のハン・ソンジュン(イ・テファン)とオ・ドンヒ(パク・ウンビ)とのロマンスにドキドキすること間違いないので、二人のロマンスの行方と家族全員がどのようなエンディングを迎えるか、最後まで楽しめるドラマでした。もちろんハッピーエンドを迎えるので、すべての年齢の方が楽しめるドラマだと思いました。

特に、イ・テファンが気になる方におすすめしたい作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー