適齢期惑々ロマンス (お父さんが変) 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●WOWOWプライム(2018/1から)字幕
●日本初放送 KBS World(2017/6/17)土・日曜日21:45から 字幕
●2017.9.28作品感想 追加

お父さんが変 아버지가 이상해 全50話
2017年放送 KBS
平均視聴率 27.81% 시청률 第1回22.9%
 2017y06m10d_231347035
KBS お父さんが変 아버지가 이상해 公式サイト
あらすじ

 家族一筋の優しいお父さんハンス(キム・ヨンチョル)には死ぬまで誰にも言えない大きな秘密がある…。ハンスとしっかり者の妻ヨンシル(キム・ヘスク)。そして個性豊かな4兄妹 公務員試験を受け続けて5年目の長男ジュニョン(ミン・ジヌン)、気が強い女弁護士の長女 へヨン(イ・ユリ)、平凡な就活生 次女ミヨン(チョン・ソミン)、ナルシスト女子 三女ラヨン(リュ・ファヨン)が住む家に、ある日、突然 傍若無人なアイドル出身の俳優ジュンヒ(イ・ジュン)がやって来て、同居が始まるのだが…。

2017y06m10d_231950251
 KBS WORLD お父さんが変 あらすじ 相関図
キャスト
ピョン・ハンス役:キム・ヨンチョル
町外れの小さい海苔巻き屋を運営。自他公認の親バカで妻一筋。
ナ・ヨンシル役:キム・ヘスク
ピョン家の一男三女の母であり、ピョン・ハンスの妻。家族、弟一家と母の面倒を見ている。チャ・ジョンファン役:リュ・スヨン
K放送社 芸能局のPD。
ピョン・へヨン役:イ・ユリ
ピョン家の長女。有名法律事務所の弁護士。自己中心的で冷徹な毒舌家。
アン・ジュンヒ役:イ・ジュン
アメリカで育ち、韓国でデビューしたアイドル出身の俳優。見た目は、トップクラスの芸能人だが。ピョン・ミヨン役:チョン・ソミン
何一つ、取り柄のないピョン家の次女。優しい性格、食欲旺盛、骨太な事が唯一の長所。ピョン・ジュニョン役:ミン・ジヌン
ピョン家の長男。9級 公務員試験を受け続けて5年目。人が良く、突拍子もないこともするが典型的な小心者。キム・ユジュ役:イ・ミド
有名エンターテインメント会社のアートチームの課長。
ピョン・ラヨン役:リュ・ファヨン
思慮分別がない問題児でピョン家の末っ子。市民センターのヨガ講師の契約社員。
パク・チョルス役:アン・ヒョソプ
家柄の良い企業の長男。サッカーのコーチになる夢を叶えるため、孤軍奮闘。
スタッフ /演出:イ・ジェサン 脚本:イ・ジョンソン
コメントにて随時感想募集中です。

キム・ヨンチョル  김영철
2017y06m10d_234812380
出典:http://www.kbs.co.kr/drama/papa/about/cast/index.html
生年月日1953年2月25日 俳優。身長175cm、体重76kg。妻はタレントのイ・ムニ。2013年に韓国放送演技者協会の第22代理事長に就任
主な出演
大王世宗 – 대왕세종 (2008年、KBS) 太宗 (テジョン) 役
IRIS-アイリス- – 아이리스 시즌1 (2009年、KBS) ペク・サン役
王女の男 – 공주의 남자 (2011年、KBS) 首陽大君 (スヤンテグン) 役
アイリス2 – 아이리스2 (2013年、KBS) ペク・サン役
チャン・ヨンシル (2016年) 太宗 (テジョン) 役

quetalsurinoさんより

●お父さんには秘密が?コミカルで心温まるホームドラマ!

多数の作品に出演しているイ・ジュンが主人公として出演しています。ドラマ「風の便りで聞きました)」ではハン・インサン役を演じていますが、「お父さんが変」でも似たような雰囲気の主人公だと思いました。相手役を演じるのはジョン・ソミン。これまで可愛いコンセプトが多かった彼女が、ショートヘアでガーリッシュだけど心が温かい役を演じています。

ホームドラマだけに登場する人物も多く、3人の娘と一人の息子を持つ平凡な家庭に、アイドル出身のアン・ジュンヒ扮するイ・ジュンが父ビョン・ハンス(キム・ヨンチョル)の隠し子として現れることで、家族間の戸惑いから家族として受け入れるまでが愉快に描かれています。

しかし、タイトルで分かる通り、父ビョン・ハンスには誰にも話せない秘密があり、アン・ジュンヒが現れたことで何十年も隠していた秘密が家族に明らかになります。困難を共に乗り越える家族の愛情の描かれ方に感動する場面もあります。

ハンスの次女の娘、ビョン・ミヨン(ジョン・ソミン)が就職し、兄ジュンヒのマネージャになることで、一緒にいる時間が長くなり、いつの日か二人に恋が芽生えます。ただ、相手は異母兄弟の設定なので、観ていてハラハラしました。財閥、復習、出生の秘密などは韓国ドラマでは頻繁に登場しますが、異母兄弟の愛?って少し過激すぎだと思っていると、意外な事実が分かります。長女のビョン・ヘヨン(イ・ユリ)や三女のビョン・ラヨン(リュ・ファヨン)など、家族それぞれの話の展開も面白く、父の秘密が明らかになった時には、悲しい過去に受け入れる家族の姿勢や、家族という存在の大切さを教えてくれるドラマでした。

「私はチャン・ボリ!」をはじめ、多くの悪役を演じてきたイ・ユリの変身ぶりのが、魅力的です。超が付くほど合理的な彼女の考えに多くの方が賛同されるのではないでしょうか。家族の絆で困難を乗り越える姿に、家族の温かさを感じる作品でした。

長編のドラマですが、ホームドラマがお好きな方にはおすすめしたい作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー