あの空に太陽が(韓国ドラマ) 視聴率 あらすじ キャスト 感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

●KBS World(2016/11/10から)月~金曜日14:15から 字幕
●2017.2.5 感想追加

あの空に太陽が 저 하늘에 태양이 全122話
2016年放送 KBS2
平均視聴率 % 시청률 初回7.8%
 2016y10m20d_142402937
KBS TV小説 あの空に太陽が 저 하늘에 태양이 公式サイト
あらすじ

1970年代を背景に、純粋な田舎の娘が数多く逆境を克服し、韓国最高の女優に成長する過程を描いたドラマ

1970年代には、暮らすことの解決が切実な時代であった。 低賃金、長時間労働の中に唯一の故郷の家族だけを考えてしつこく持ちこたえなければだけだった生活。 「夢」は、贅沢であった。 私たちのヒロインカンも、家族を扶養しなければならないという責任感に見舞わ生きる一歩遅れてソウルで自分の愛の夢を発見することになる。
カンが運命に対抗して、自分の夢をかなえるていく様子は、その時代を覚えている視聴者の思い出を蘇らせる。 また、中学卒業での田舎の娘のサクセス・ストーリーは、今日のパクパクハン現実を上にして痛快と喜びを感じさせるものである。

キャスト

ユン・アジョン カン・インギョン 純粋な田舎娘

イ・ミヌ ナム・ジョンホ  白頭映画会社代表

ノ・ヨンハク チャ・ミヌ インギョンの恋人

キム・ヘジ ナム・ヒエ ジョンホの妹

ユン・ボクイン パク・マルスン インギョンの継母

ハン・ジアン オ・グムスン

ハ・ジウン イ・ソヨン ジョンホの妻でヒョヌクの娘

イ・ジェヨン ナム・テジュン ペクドゥグループ創業者

オ・スンユン  カン・ハンス  インギョンの 異母弟

ハン・ガリム ペ・チュンジャ

チェ・ジュニョン イ・ヒョヌク  セチャングル ープ総帥

パン・ミンジョン ユン・ミヒ テジュンの内縁女

スタッフ /演出:キム・シニル 脚本:キム・ジウァン イ・ジンソク
コメントにて随時感想募集中です。

●以下感想ネタバレ有。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】
shironeko20さんの感想より

●痛快!新しい感覚のテレビ小説

女優を目指す主人公インギョンを演じているのはユン・アジョン。かわいいお顔なのに悪役女優として有名で、特に大ヒット復讐劇「福寿草」での悪役は鮮烈です。今回初めて主演している作品を観ることになって、違和感があるのかなと思っていましたが、それは余計な心配で、むしろこの女優さんだからこそこのヒロインが生きる、そんなちょっと新しい感覚のテレビ小説です。

対照的に、悪役は観たことがなかった俳優さんが悪人映画監督ミヌを演じています。子役出身のノ・ヨンハクは数々の有名ドラマで主要人物の少年時代を演じ、最近はチェ・ジウ主演の「2度目の二十歳」などで気立てのいい青年を演じています。

この作品が他と違うのは、従来のけなげなヒロインが不器用ながらも一生懸命人生を切り開くという感じではなく、いい意味でしたたかに戦うヒロインが観ていて気持ちいいところ、待ってましたという強いセリフが聞けるところです。

ラブラインはオープニング映像がなければ予想できない展開で、優しく素敵だったミヌがとんでもない悪人になります。あまりに豹変してしまって毎日観ているのにびっくりです。でも、新しいヒロインインギョンは負けていません。やられっぱなしにはならない、手出しすればそちらの命取りよと強い視線を送り、時には挑発さえする姿は痛快です。

強いインパクトの2人に比べて穏やかな感じの映画会社社長がお相手ですが、それがわかり始めたときには、ちょっと年齢的に合わないのではないかと思いました。でも、中盤からいい感じになってきます。インギョンがとてもきれいになって、社長はかわいらしくなります。2人の邪魔をする社長の妹(ミヌ妻)や元妻、先輩女優が憎たらしいです。インギョンはミヌのことなどクズとしか思っていないのに目くじらを立てたり、自分が散々浮気して離婚されたくせに元夫に執着したり、ミヌと組んでいやがらせしたりと観る度にイライラします。

そんな風に、味方はいるけれど敵が何人もいてとことん性悪という状況で、インギョンはトップ女優を目指しながら子どもを守り、愛を成就させることができるのか?悪人ミヌの末路は?毎回目が離せない作品です。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー