あなたが眠っている間に 29話・30話と31話・32話(最終回) あらすじと感想

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

あなたが眠っている間に(あなたが寝ている間に) 당신이 잠든 사이에 全32話(1話30分×2話連続)

第29話 視聴率8.1% 第30話 視聴率9.6%

quetalsurinoさんより

第29話・30話あらすじ

ホンジュは夢の中で、犯行時間や場所をジェチャン(イ・ジョンソク)が分かるよう、犯人のジュアンから場所と時間を聞き出します。ホンジュの夢を見たジェチャンから連絡をもらったウタクが、先を急ぎ、ホンジュをジュアンに殺害させた後、ジュアンを殺す計画を立てたユボム(イ・サンヨプ)はホンジュにのませた同じ薬を飲み、ジュアンをビルから落とし殺害します。正当防衛を主張し、ホンジュとジュアンの両方を消そうとします。

しかし、彼の計画は失敗に終わり、駆け付けたジェチャンによりホンジュは助かります。命は助かったものの、意識が戻らないホンジュ。

ユボムはホンジュが生きていることを知り驚き、リンゲル連続殺人犯からホンジュを助けるため、正当防衛で真犯人のジュアンを建物から連絡させたと主張するユボムに、ジェチャンは怒りを押させきれず。。。しかし、姿を消していたチェ・ダムドンが現れ、ユボムの犯罪を暴くために、冷静を保つよう忠告します。ダムドンはこれまで話すことのできなかった弟の話を話し、過去と同じ過ちを繰り返さないために、検察をやめユボムの働くローファームに転職する決意を伝えます。

コンテナの放火事件、リンゲル連続殺人の真犯人がハ・ジュアンだったことが明らかになりますが、彼女が死亡したことで不起訴処分となります。ユボムはミョン・テグに証拠を見落としたと嘘の謝罪をします。

ついにホンジュの意識が戻り、正当防衛を主張するユボムの裁判が始まることになります。裁判の前、ウタクは夢を見ます。色を識別できないウタクの証言で、裁判の行方が変わることになる夢。裁判の証人として呼ばれたホンジュ、ウタクとダムドン。裁判はウタクが夢で見た通り、不利な方向に流れ、ユボムが無罪になる可能性があることから、ウタクは不安になります。

ホンジュの証言が終わり、ウタクが証言することになります。しかし、彼が色を識別できないことが明らかになると、警察を続けることができないことを心配したホンジュは、裁判よりもウタクを心配します。心配してくれるホンジュを優しく抱きしめ、すべては上手くいくとホンジュを安心させたウタクが証言台に立ちます。

第29話・30話感想

今話にはエピローグがついていました。裁判の前に集まったジェチャン、ホンジュとウタク。ウタクが気持ちを寄せている相手だとされる女性の写真をウタクの携帯電話から見つけたホンジュ。しかし、写っていた写真は寄り添う二人の影を撮った写真でした。

写真に登場する女性がホンジュだってことは、エピローグで明らかになります。とてもロマンチックでした!ジェチャンはウタクが片想いしている相手がホンジュだと気づいていますが、本人のホンジュは全く気付かない。。。

最後、ホンジュを安心させるために抱きしめるウタクにドキッとしました。彼の証言によって今後裁判の行方が変わっていくことになります。ウタクが警察を辞めることになるのは嫌ですが、ユボムが正当防衛で無罪になるのは避けたいので、最終話がとても気になります。

とうとう最終話を残すのみになりました。言葉ではあらわせないほど、ドラマが終わってしまうのが残念過ぎて。。。 最初から観なおそうと思います。入隊が噂されるイ・ジョンソクですが、これが入隊前に最後の作品にならないことを願います。

演じるキャラクター「ジェチャン」へのイ・ジョンソクの解釈は完璧に近く、女心をときめかせるのがさすが上手。韓国では「イ・ジョンソク=信じてみられる俳優」と称されることが多いですが、さすがに「あなたが眠っている間に」でも、イ・ジョンソクマジックにかかり、幸せな時間でした。ドラマがおらすのが寂しすぎです。

「豆知識」:チョン・ジュンイルが「IF」でOSTに参加。

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】

第31話 視聴率8.7% 第32話(最終回)視聴率9.7%

quetalsurinoさんより

第31話・32話(最終回)あらすじ

裁判の証人として出席したウタクに、検事のジェチャン(イ・ジョンソク)は、ホンジュを発見現場で目撃した二つの傘について質問します。ユボムとジュアンがそれぞれ持っていたグリーンと赤の傘。発見された傘の写真を公開することなく、第一目撃者のウタクに傘の詳細の説明を求めます。色を識別できないことを明らかにすると警察を辞職することになるにも拘わらず、ウタクは裁判で正直答えてしまいます。

ユボムと彼の弁護人は、ウタクが色を識別できないとの告白に、裁判での勝利を確信します。しかし、ウタクは二つの傘の違いを詳細に説明し、色の違いを認識はできなくても彼なりの色の違いを認識し、明暗で色の違いを区別できると説明します。ウタクが説明した二つの傘の特徴は、公開された写真と一致し裁判はユボムに不利に流れます。

ダムドンは海外に逃げるユボムの計画に気づき、検察は彼の出国禁止処置を行います。ダムドンに裏切られたと考えるユボムに、これ以上の悪事をやめるよう助言するダムドン。弟と誕生日や年齢が同じだったことで、ユボムが検事の頃から彼を温かく見守っていたダムドンでした。しかし、切羽詰まったユボムは、彼が裏切ったと車で引いてしまいます。

ジェチャンはユボムが起こした事故を防ぐことができず、倒れたダムドンを抱いて号泣します。ダムドンは、13年前に見た夢で自分の未来を見ていました。違う選択をすることもできたはずなのに、彼が選んだ選択だと話し、息を引き取ります。ユボムはその場で逮捕され。。。

13年前父を亡くしたホンジュ(スジ)を優しくなぐさめたジェチャン。ダムドンの葬儀では、一人ダムドンの死を悲しむジェチャンを、ホンジュがなぐさめます。

ユボムは無期懲役で服役することになり、警察をやめたウタクはロースクールに通うことになります。病気の息子の移植でイ検事と密かに恋愛をしていたソン検事。二人の結婚式で、投げられたブーケをキャッチしたホンジュは、1年後ジェチャンとゴールインして幸せを迎えます。

第31話・32話(最終回)感想

ホンジュとジェチャンが結婚するハッピーエンドを迎えました。最後の二人のロマンチックなキスが気持ちよい余韻を残し、夢のようなラブストーリが終わったことは悲しいですが、幸せなエンディングでよかったです。

警察をやめることになったウタクは、ロースクールで弁護士を目指すことになるので、これもまたハッピーエンド。色を識別できないことを正直明らかにせず、裁判を続けていたら結局ユボム(イ・サンヨプ)と同じ過ちをおかすことになったのでしょう。個人的にはこれで正解でした。人間なので間違うことはあると思いますが、その間違いをどのように正すかが大切。

すべての選択は自分自身にあることを、ダムドンの行動が説明してくれたような気がしました。ダムドンってキャラクターがいて、ただのロマンスドラマではなく、ドラマが何を伝えたかったかが分かりやすく伝わったと思います。イ・ジョンソクの出演するどのドラマも必ず、伝えようとするメッセージが明確で、展開が早く、登場するキャラクターが魅力的だと、再確認しました。さすが、彼の出演するドラマは、迷わず観るべきですね。ただ、夢を通じて過去と現在がつながるだけではなく、命を助けられたそれぞれが、無意識の中恩返しのように、助けられた相手への気持ちが夢として現れ、その結びつきが幸せをもたらした結果でした。

ドラマが終わる前、第1話で登場したバス停のシーンが再び登場します。バス停でホンジュを発見したジェチャンは、彼女から13年前に出会った少年を思い浮かべ、わざと隣に座っていたんですね。

次々に起きる事件を解決していく姿や、毎話予想外のエンディングが続き驚きの連続でした。イ・ジョンソクとスジの息もピッタリで、音楽も最高に素敵で、観ない理由が全く見つからないドラマ!でした。

あなたが眠っている間に 視聴率 あらすじ キャスト 感想
【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



カテゴリー